留学生はシドニーではシェアルームに住むのが普通!でも眠れない問題が起きました

Pocket

オーストラリアのシドニーの留学体験談をいくつか書いていますが、今回はシェアルームのお話です。

今回はそのシェアルームのお話の中で、シェアルームで眠れない原因についてまとめています。

シェアルームについて

私は最初はホームステイをしていたのですが、2ヶ月ほどでそれは終了し、そのあとはシドニーの中心地で住んでいました。

もちろんそんなシドニーの中心地では家賃はむちゃくちゃ高いです。

しかし、留学生はお金があまりないので基本的にシェアルームに住みます。シェアルームとはその名の通り、部屋をシェアします。また、シドニーのマンションは大きいのでその中に12人とかが住んでいたりします。

しかも、おしいれのスペースまで眠るスペースになっているところもあるくらいです。

オーナーも、たくさん住まわせるほうがもうかるのでギリギリまで住まわせます。シェアルームには、だいたいシェアルームは2段ベッドが2つ入っている部屋が多かったです。つまり4人が同じ部屋で住むわけですが、私としてよく覚えていることの1つが夜なかなか眠れないという経験です。

色んな理由があるので、次から順番にお話ししていきます。

ヒソヒソ話の電話がつづく

だれかが寝ていると静かにするのがマナーですが、ヒソヒソ話であれば電話してもOKだとか思っている人もいます。ヒソヒソ声ではなしていても、その人のベッドがすぐ横にあるのでうるさくて眠れないことがありました。

仕方ないので、電話なら部屋の外でやってくれと言いました。

いびきがうるさい

まず、同じ部屋にいびきがうるさい人がいたら大変です。同じ部屋に寝ているのですから、いびきがダイレクトに聞こえてきます。

いびきがガーガーなっていても、寝れる人はいいのですが私の場合はいびきがうるさいとなかなか眠れないタイプでした。いびきがうるさい場合の対処法としては、そのいびきがうるさい人より早く眠ることです。

あとは、いびきよくかいていたよと伝えることです。すると、横向きに寝るようにしてくれたりします。

となりでスマホをぴこぴこしてうるさい

スマホが当たり前になっている時代なので、みんなスマホを持っています。夜寝る前に、スマホを見る人は多いと思いますが、当然シェアルームでもぴこぴことよく音がなります。

これが、寝る時間とかにやる人がいます。横でぴこぴこおとがなっていたんじゃ、眠れません。これの対処法としては、うるさいから眠れないとはっきりいうことです。

言わないとわからないので。

ギシギシベッドの音がうるさい

2段ベッドで下のベッドで寝る場合は特にですが、上のベッドの人が激しく寝返りをうつたびにギシギシいいます。寝返りが激しい人だとしょっちゅうギシギシというので、これも眠りを妨げる原因になります。

また、上の人がベッドに登る時もとうぜんベッドがギシギシいって揺れます。これはそんなにひどくはないので、慣れると眠れるものです。

まとめ

今回はシェアルームで眠れないことについてお話をしていきました。眠れないのは辛いものですが、長く住んでるとなれてきます。シェアルームの人と仲良くなれば友達ができたり情報交換ができるので楽しいですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です