海外ルームシェア体験談!ルームシェアってトイレやキッチンや洗濯などはどうするの?

Pocket

今回は、オーストラリアのシドニー留学の体験談の中から、シェアルームのトイレやキッチンをどのようにして使っていたのかについてお話をしていこうと思います。

トイレ

シドニーの高層マンションは、一つの部屋にトイレが二つはあるのが多いです。

そして、その2つのトイレをルームメイト全員でシェアします。私はいくつかのシェアルームを転々としたのですが、一番多いところで12人で1つのトイレをシェアしていました。

そのため、朝の通学時間とかになると行列ができたりします。トイレが必要な時に行列ができるなんてやばいです。そのため、私は外でトイレを済ませることが多かったです。

オフィスビルとかには必ずフロアにトイレがあります。

お気に入りのオフィスビルを見つけてそこでトイレをすませていました。また、トイレの時間をずらすのがいいです。みんなが学校に行き出すような時間は避けて、少し早起きしたりするってことですね。

1つのトイレを何人もシェアするって大丈夫なの、と思うかもしれませんが、こんな風に意外と解決策はありますのでご安心ください。

キッチン

キッチンは当然1つしかないのでその1つのキッチンをシェアします。

冷蔵庫の中は、ルームメイトごとに区分けされており、自分のスペースに自分の食べ物を入れておきます。

私は料理をするのが好きですが、ルームシェアの場合料理したくても他のルームメイトが料理をしていてできないときがあります。誰かが使っている時に料理をすることはできません。

そのため、割と外食することもありました。安い日本食レストランやフードコートなど、シドニーの中心街にはなんでもあるのでキッチン問題で困ることはそんなに多くはなかったです。

洗濯

洗濯機や乾燥機は最低1つはどこのルームシェアでもありますので、それをみんなでシェアします。日本と違ってオーストラリアのいいところは、乾燥機を使うってことですね。日本だといちいち洗濯物を干していますが、乾燥機だと洗濯機から横にある乾燥機に入れるだけでOKなので便利です。

乾燥機に入れてだれかが取り込むのを忘れている場合は、ルームメイトにだれか忘れているから取ってほしいと伝えます。もしそのルームメイトが出かけていたりしていない場合は、近くのカゴなどに入れておきます。

洗濯機や乾燥機で困るようなことはないのでご安心ください。

ジムやプールが使える!

留学生は高級マンションの一室をたくさんの人数でシェアしています。高級マンションにはだいたいプールやジムがついていますので、それらを使うことができます。私も、プールで泳いだり、ジムでトレーニングしたりしていましたよ。

まとめ

今回は、洗濯、トイレ、キッチンなど毎日の生活で必要なものをルームシェアではどうしているのかについて説明をしていきました。日本ではなかなかないルームシェアをいろんな国の人とする経験ってなかなかできるもんでもないので、オーストラリアのシドニーに留学された際はぜひルームシェアを経験してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です