海外留学したら性格が変わった!日本じゃできなかったのに、できるようになったこととは?

Pocket

オーストラリアに着いた瞬間から、私の心はワクワクしていました。もともと知らない土地に行くのが好きな人ですので、初めての海外ということであればワクワクするのも当然のことです。

また、日本では割と地味な人生を送ってきていたので、絶対日本で実現できなかったことを実現してやる!って感じで意気込んでいました。

海外留学デビューとでも言いましょうか。

そして、実際に私がどんな風に変わることができたのかについてまとめたいと思います。

いろんな人に自分から話しかけることができるようになった

私の性格は、もともと人付き合いがそんなに得意なタイプではなかったのですが、オーストラリアに行ったなら絶対そんな性格を変えてやると思っていました。

旅の恥はかき捨てとも言いますが、留学の恥もかき捨てっていうかんじです。でも、こういったパターンの人って私だけでなく、たくさんいると思いますよ。

そもそも、オーストラリアのシドニー自体が冬もそんなに寒くなくて天気がいいですし、都会ながらも大きな公園などがあって、突き抜けるような青い空が開放感もありますし、素晴らしい場所ですので、性格がパッとなるきっかけになります。

そして、語学学校ではなるべくにこにこと常にスマイルを忘れないようにしました。

そしてどの人にも気軽に声をかけるようにしたんです。

結果いろんな国の友達ができました。

ジムに通った

オーストラリアといえば、ジムに通う人が多いということでも有名でもあります。しっかりと運動をして、体の健康に気を使っていている人が多いです。

そして、私もそんなオージーの仲間入りを果たすべくシドニーのフィットネスファーストというジムに通い始めました。そしてオーストラリアのジムでネイティブと一緒に筋トレをして筋肉を鍛えまくりました。鍛えまくった結果、自信もつきいろんなことに挑戦ができるようになりました

たとえば、いろんなパーティーに参加するようになったとか、ですね。

パーティーなんて、そんな人が多いところ、シャイな自分には到底無理なはずでした。

しかし、オーストラリアマジックwith筋肉の力が大いに背中をバッスンバッスンと押すのでどんどんと誘われればいろんなパーティーに参加して友人を作りました

誕生日会に30人呼んだ

語学学校に通っていると、人数も多いのでいろんな人の誕生日が回ってきます。そして、その度にみんなでディナーに行って食事会をしたり、パーティーをするのが通例です。

そんないろんな人たちの誕生日会に参加しているうちに、自分の誕生日会も盛大に開こうと勝手に計画を練っていました。

30代の誕生日だったので、30人は呼ぶことにしました。

でも、そんな人数普通無理でしょう。でもとにかくいろんな人に話しかけて仲良くなって、宣伝をしておいたんです。

そしたら本当に30人自分の誕生日パーティーに来ました。座席が遠くなって全員としゃべれません。(笑)韓国人の友達が特に多かったです。やたら気があうんですよね。また、私自身韓国料理がむちゃくちゃ好きなので韓国料理店で開催しました。2次会までは韓国料理店、3次会はパブでした。

このように、日本では絶対にありえない誕生日パーティーを開くことができたんです。

また、誕生日プレゼントなんて長らくだれからももらっていませんでしたし、もらえると思っていなかったのですが、くれる友人さえできました。

Facebookの友達が100人以上できた

友達100人作るというのも目標の一つであったのですが、さすがに100人と濃い関係をつくるのは時間的に不可能です。

そのためFacebookの友達を100人作ることにたところ100人越えることができました。もういろんなひとがFacebook上で繋がっています。

働いたお店のマネージャーや同僚、語学学校の友人、友達の紹介で出会った友達、どこかのパーティーで一回しか会っていない人など、いろんな人とつながりました。まあ、それで全員が友達と言えるのかって言えると、NOですが、それでも私からすれば十分すごいことです。

出会う人にFacebook me、と毎回言うのを忘れてはいけません。また、相手も留学生だと友達を作りたいと思っているので、簡単にOKがでますよ。

一人で見知らぬ土地にいることに慣れた

多くの人にとって、見知らぬ土地に一人で行くってなかなか度胸がいることなのではないでしょうか。私も、周りの目を気にするタイプですし、寂しいんじゃないかといった気持ちもあるのでちょっと不安もありました。

それはどのタイミングで訪れたのかというと、シドニーの語学学校が終わってメルボルンに行くことにしたときです。

せっかくシドニーで大量の友達ができたのに、メルボルンに行くことにしました。

理由は、行ったことのないところに行きたくて仕方なかったからです。胸の隅にあった冒険心に火をつけるなんて、ごきげんだぜ!って思いました。

そしてメルボルンについたときにどう思ったのかと言うと少し寂しかったです。理由としては、シドニーより寒かったといのもあります。でも、最初こそ寂しかったものの徐々に友人も増えていきあっという間に楽しいメルボルンライフになりました。

まとめ

今回は、オーストアリアに行って性格が大きく変わることができたと言うことについてお話をしていきました。

ぜひこの記事を読まれた方も勇気をだして留学をしてほしいと思います。

きっと想像がつかないような楽しいことが待っていますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です