英会話を海外で学ぶ旅へ出発!オーストラリアのシドニーに留学をする前から初めてのホームステイまでの経験談

Pocket

こんにちは!私はオーストラリアのシドニーに英語を学ぶために留学したことがあります。今日は、そのオーストラリアについた日の英語の旅のお話をしたいと思います。

留学に行くまえの英語力について

私が留学に行く前に英語の勉強をしたかどうかですが、全くしませんでした。(笑)オーストラリアのシドニーの英会話学校にお金をすでに支払っているので、オーストラリアでゼロから英語を学ぼうと思ったからです。

オーストラリアに行く前の私の英語力は、英検3級レベル。といってもその英検は中学生のときに取得したものです。私がオーストラリアにいったのは、30歳のとき。

日本では全く外国人と話すこともなかったので、当然そのころの英語なんてほとんど残っていませんでした。

かといって、全く話せないのかというと「This is a pen」くらいならいえました。

あと、中学生のときは英語の成績は実はよかったほうなので、脳みその奥底にかろうじて残っていると信じたい中学英語の文法は潜在意識の中に残っていたはずです。(^^;)

とまあ、私の英語力はこんなもんでオーストラリアに旅だったわけです。

オーストラリアに向かう飛行機の中での英語

そして、オーストラリアに向かう飛行機に乗り込んだわけですが、キャビンアテンダントは白人の男性でした。昔はスチュワーデスなんて言って女性がメインのイメージでしたが、今では男性も普通にキャビンアテンダントして働いているんですよね。

おそらくオーストラリア人とおもしきその男性ですが、食事をもらうときに洋食か和食かと英語で聞かれました。でもちゃんと受け答えできました。

おそらく向こうが聞き取る努力をしてくれたか、英語が話せない日本人になれているのでしょう。

まあ、飛行機の中で英会話することなんて、「飲み物は何が欲しいですか?オレンジジュース、コーラ、お茶、お水とあります。」といったような簡単な英語しか必要ないですからね。

指させばいいんですよ。向こうも親切にジェスチャー使ってくれます。「No! Yes!」とかいうレベルで大丈夫です。

いないと思いますが、飛行機での英語が心配な方はご安心くださいね。最後の方に、「間も無く着きます…」みたいなアナウンスは日本語と英語の両方で言ってくれました。

オーストラリアについたらいきなりカルチャーショック

そしてついにオーストラリアに着きました!シドニーに行くのですが、安いチケットを購入したのでケアンズで乗り換えです。ケアンズって観光地なのですが、むちゃくちゃ開放感がありました。

そして私にとっては初めての海外だったので、ウキウキしまくりです。そのままケアンズのトイレにいってみました。すると驚いたのが、トイレの個室の扉の小ささです。

そして当然ウォシュレットはなしです。日本でウォシュレットになれているから、ウォシュレットのない国なんか行って大丈夫かな、なんて心配されている方がもしいたら安心してください。

普通に慣れます。私も小さい頃は家にウォシュレットなんかなかったですからね。

シドニーに到着しての感想

そして、ケアンズからシドニーへの飛行機に乗り込みついにシドニーに到着しました。私の場合、ホームステイを申し込んでおいたので日本人のかたがお出迎えしてくれていました。

そして車に乗り込んだらそのままホームステイ先に直行です。まず、シドニーについたときの気持ちなのですが、ただひたすら「ワクワク」でした

私は子供の頃から未開の地に冒険に行くのが大好きでした。知らない場所に行った時のあの「ワクワク」は私にとって最高に楽しい感情でした。なので、楽しかったです。

もしあなたが留学をためらっているのであれば、留学行ったら絶対楽しいと思うので、勇気を出して行ってみてくださいね。

初めてのホームステイいきなり英語は通じるのか

ホームステイ先についたわけなのですが、そこで迎えてくれたのはフィットネスファーストというジムでジムのトレーナーをしている男性でした。子供はいらっしゃるのですが、母親は現在メルボルンにいるらしく、子供3人とパパでのお出迎えでした。

で英語は通じたのかどうかですが、「Nice to meet you」は言えました。ゆっくり話してくれるので、30%くらいは理解できました。

といっても、ホームステイ先に着く前にホームステイ先でのルールやサービスを全部説明してもらってたので、なんのことを言っているのかは簡単に予想がつくので大丈夫でした。その最初の夜ですが、なれない布団で正直寝にくかったのですが、長旅の疲れでしっかりと寝ることができました。

まとめ

今日はオーストラリアの留学に行く前の英語力の話からオーストラリアのホームステイ先に到着するまでの私の体験談をまとめていきましたがいかがだったでしょうか?

私も重い腰をあげて実際にオーストラリアのチケットを購入するまでは時間がかかったのですが、実際現地に着くと、楽しい気持ちばっかりでした。もしあなたが留学したいと思っているのであれば、すぐに計画を立てて行ってご自身の夢を叶えてくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です