英文メールの結びの書き方は?たった3つの言い回しだけ覚えればOK!

ビジネスシーンで使うことができる、メールの結びの言葉についてご紹介していきます。

英文メールの締めの言葉で、この記事で紹介している3つの言い回しだけ覚えれば全てのビジネスの英語メールに対応できます

 

初心者の方は、膨大にある英文メールの締めの言葉のバリエーションは覚えなくて大丈夫です。

それらのフォーマルレベルを細かく気にするより、シンプルに3つだけ覚えることから始めましょう

ぜひ、あなたがネイティブや外国人に英文メールを送る際に使用してみてください。

Sincerely

ビジネスシーンで最もポピュラーな最も丁寧な言い方が、Sincerelyです。

Best RegardsとSincerely、どっちがポピュラーなのか、カナダの企業で重役を努めている友人にも確認をしたら「Sincerely」をよく使うそうです。

 

国によって文化やよく使う言葉が違ったりしますが。

Sincerelyの意味は、「心から、真心を込めて」といった意味になります。

日本語で言うところの敬具です。

 

敬」は「うやまう」、「具」は「詳しく申し立てる」といった意味がありますので、「敬いながら申し立てた」という意味になります。

日本語に書き直すと、「何卒よろしくお願いいたします」といった意味です。

 

日本ではもっとも使われていると思われる、「よろしくおねがいします。」の丁寧版です。

私がビジネスで外国人とメールのやりとりをするときは、まずはSincerelyを使います。

 

Sincerelyは、初めましてのクライアントや取引先、目上の人、上司などに使うのが良いです。

Sincerelyよりさらに丁寧なフレーズとして、「Yours sincerely」「Sincerely yours」があります。

 

あなたのもの、といった意味のyoursですが、本来はyour servant(あなたの家来)といった意味がありました。

しかし、今は単に「あなたのことを心からおもっています」、「あなたのために働いています」といったニュアンスがだせる表現として使用されています。

 

Sincerely と同様、目上の人や、大切なクライアントに向けたメッセージなどに使用すると良いでしょう。

Best regards

Regardsには、「敬意」や「心遣い」と言った意味があります。

Sincerelyの少しカジュアルにした表現です。

 

日本語に置き換えると「よろしくおねがいします。」です。

メールのやりとりが2回以上あって顔見知りになった人や、同僚に使うといいでしょう。

 

私自身も、目上の人やはじめましてではない場合には、よく使います。

regardsの前に次の3つをつけると、少しフレンドリーになります。敬意の気持ちを込めてにプラスして次のような意味合いになります。

 

  • Best regards: 最上の敬意
  • Kind regards: 思いやり
  • Warm regards: 温かい

 

Regardsだけのほうが、フォーマルです。

Best Regards の最もよく使われている印象を受けます。

Thank you

世界で一番のマジックワード、知っていますか?

それは、感謝の言葉「Thank you」「ありがとう」なんです。

 

何かしてもらった場合はもちろん、英文メールの最後の締めとしてThank you」(メールを読んでくれてありがとう)で締めるのも定番です。

メール締めで使う場合は、よろしくおねがいしますといったニュアンスにも近くなります。

 

ありがとう、感謝の言葉はあなたの夢を引き寄せてくれると言われています。

Thank youを入れるだけで、返信率がアップするという研究結果もでているんです!

 

Thank you のバリエーションとして、Thanks や Thank you in advance.などがあります。

ThanksはThank youの短縮版で、 よりカジュアルです。

 

Thank you in advanceは、 前もってお礼を申し上げます、といった意味です。実は、「Thanks in advance」がメールの締めの言葉で最もレスポンス率が高いと言われています。

しかし、これは相手が頼み事をやってくれる前提のような言い方なので、暗に「やってくれるよね」という選択の余地を与えないような印象を与えてしまいます。

 

自分もこれを言われると、少しイラッとします。(笑)

これだったらまだ、Thank you.で終わるほうがましだと思います。

 

私の友人で日本大好きなコロンビア人がいるのですが、いっしょにご飯を食べに行って会計の時間になると「ありがとうございます」といって私にお辞儀をするというジョークがはやっています。

当然言われた方は「いや、おごるとか一言も言ってないから^^;」ってなりますよね。

 

つまり、Thank youを先に言っている地点で、暗にプレッシャーをかけていることには変わりないと思います

その友人と食事に行ったら、会計の時間になるとみんなでお互いに「ありがとうございます」といってお互いにお辞儀を何度もするのが通例のグローバルなジョークです。(笑)

 

親しい友人だったらジョークで楽しめますが、私の経験上メールだけでなく、テキストメッセージでやりとりをするときでも、お願いメッセージの最後にThank youをつけると、少なからず上記と同じような意味合いになってることがあると思います。

 

私のアメリカ人の友人には、thank you効果は限りなくゼロ、むしろ逆効果なのかもしれません…。なので、そのあとにびっくりマークと次のようなスマイルマークをつけています。

 

Thank you! (*^_^*)

 

いろんな言い換えがありますが、Thank you very much for your time」「Thank you for taking the time to read this」(時間を書けて読んでくれてありがとう)などは、暗に助けてほしいと示していても、とても謙虚だと思います。

 

その他には「I’ll be very grateful for any help you can give me with this」(この状況についてどんな小さなことであってもお手伝いいただければ大変ありがたく思います。)などもあるでしょう。

文中で「Thank you」を使ったあとに、最後に「Thank you again」とするのもお礼の気持がより伝わりますね。

まとめ

今回はビジネスの英文メールで使えるメールの締めの英語を3つご紹介していきました。

とりあえず、この「Sincererly」「Best regards」「Thank you」の3つを抑えておけばほとんど対処可能です。そして、感謝の気持ちは本文中に書いておきましょう。

 

英語ができるようになったらさらなるバリエーションにも挑戦してみても良いと思います。

フォーマル度ランキング意味:敬具
1your sincerely
2sincerely yours
3sincerely
4regards
5best/warm/kind regards
Thank you
本気の人に絶対おすすめ!満足度が高いコーチング英会話トップ3!

数あるコーチング英会話の中でも人気も満足度も高く、本気の人に絶対おすすめの厳選トップ3の紹介です!

本当に人生変えたい人が今やらないならいつやるの?迷いだすと精神力も時間もひたすら浪費するだけ。

優柔不断で完璧主義な人は、今すぐ一気に3つ無料カウンセリングを予約することが一番早いベストな決断につながります!

第1位:プログリット      

プログリットでは英語を教えてもらって受動的に英語を学ぶのではなく、自分に合った最も効果的な英語の勉強法で自発的に正しい英語学習が継続できるように指導してくれる。

卒業後、一人になっても英語の自習を継続できる一生モノのスキルが身につく。

2019年のビジネスパーソンが選ぶ英語コーチングサービスの中で総合満足度ランキングで1位を獲得している

特徴
  • ティーチングではなく、コンサルタントが脳科学に基づいた正しい英語学習と継続するノウハウを伝授する。
  • タイムマネジメントスキルの習得、生活習慣が改善され健康になれるなど、プログリット効果は英語学習に留まらず人生の質を底上げしてくれる。
  • 卒業後の1年間の勉強スケジュールを作ってくれるなど、アフターケアも充実。卒業後に露頭に迷うことはない。
  • 全てのコース、無料カウンセリングがオンラインで受講可能
  • 30日間の無料返金保証制度がある
こんな人におすすめ!
  • 英語を自習する力を身に着けたい人
  • 健康のために規則正しい生活習慣を身につけたい人
  • 卒業後に一人でやっていけるか不安な人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けて科学に基づきどこを直せばいいのか、どんな訓練をすればいいのかを教えてくれる。あなたに合わせた勉強スケジュールを作ってくれる。


第2位 ライザップイングリッシュ      

筋トレと英語脳の鍛え方はとても似ているので、ライザップメソッドが効果的なのは言わなくてもわかる。

「RIZAP ENGLISHに通っている」と一言いうだけで、真剣に英語を勉強していることが一発で離開してもらえるので、無意味な飲み会に誘われなくなるなど周りから応援してもらえるだろう。

ライザップメソッドで結果が保証されていてネームバリューがあるので安心だ。

特徴
  • 日本人のトレーナーが英語の講師とコンサルティングの両方を行いサポートしてくれる。
  • とても高級感があり、店舗ではいい匂いがするなどまるで高級サロンのよう。
  • 高級な日記帳を買うと日記を書きたくなるように、高級感はあなたをやる気にさせてくれる。
  • 30日間の無料返金保証制度がある
  • 全てのレッスン、無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • コンサルティングと英語を教えてくれる人が同じ人がいい
  • 日本人のトレーナーから直接英語を教わりたい
  • ダイエットや筋トレにも興味がある人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けることができ、あなただけの目標に合わせた正しい英語の勉強法を教えてくれる。


第3位 トライズ      

孫正義のスピード仕事術を応用したメソッドで、1年で確実にビジネスレベルの英語が話せるようになるのがトライズ。孫正義の元秘書の三木社長が実際に結果を出しており、結果は保証されている。

1年で1000時間の英語学習を行うのは簡単ではないが、だからこそ効果があるのでありトライズなら継続率は91.7%である。

日本一のお金持ちである孫正義の目標達成メソッドを実践するのだから、結果は確実だ

特徴
  • コンサルタントとネイティブ講師のダブルサポート。
  • グループレッスンも受けることができ、そこで一緒になった受講者から刺激を受けてやる気が出る効果がある。
  • 同じ目標を目指す友人ができたり、ビジネスに発展する人脈が作れることもあるだろう。
  • 1ヶ月の無料返金保証制度がある全てのコースと無料カウンセリングがオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • ネイティブ講師から英語を学びたい人
  • グループレッスンも受けたい人
  • 自分が好きな映画のスクリプトを使って楽しみながら英語を勉強したい人
  • 1年間で確実に話せるようになりたい人
無料カウンセリングの内容
あなたの目標をヒアリングし、その目標に到達するには1年でどのようにして英語力をあげていくのか、モチベを継続させる方法などをデータを見ながら教えてもらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です