プログリットの感想は?厳しいスパルタを求める人におすすめ?

プログリット感想をいろいろと読んでいると、厳しい・大変といった意見が多く見受けられました。

今回の記事では、具体的にどのくらい厳しいのか、それを乗り越えるためにはどうすればいいのかについて調べました。

プログリットの無料カウンセリングにいく前の参考にしてみてください。

プログリットの感想|【恐怖】大変・厳しい・ツライ…!!

プログリットの感想を見ていると、「厳しかった、大変だった、ツラかった…」といった言葉がよく出ていました。

プログリットは、他の英会話スクールと比較しても一番厳しいという意見もありました。

あまりに、厳しい厳しいといわれるとちょっと不安になりますよね。

ここではどれだけ厳しいのか、卒業生の感想の中から「プログリットは厳しい」ということがわかる代表的なコメントを集めました。

ただ応援するだけではなく、ダメな時なダメと言って頂けたのも良かったですね。


なんとなく英語を勉強したいという方にはあまりオススメできません。途中で辞めてしまう可能性が高いと思います。なんせ、つらいので。

出典:プログリット公式サイト

↑プログリットでは、他の優しめの英会話スクールとは違って、ダメな時はダメと言ってくれるようですね。

他のスクールでは「講師が優しい」といった意見が割とありますが、プログリットでは目標達成のためにできていないところはしっかりと指摘してくれそうです。

でも成長するためには、厳しくしてほしいと言う気持ちには共感できますね。

せっかくお金を払っているのですから、ある程度は厳しく言われておいたほうが自分の改善点がより詳細にわかりますし、成長できるのでいいと思いませんか?

過去に私が通った英会話スクールの経験から言うと、先生が優しいとどうしても生徒がだれます。

成長のためには厳しいのがベストだと私は思います。

朝6時から7時前頃までの約1時間、朝・夜の通勤の電車内合計1時間、夜中0時から1時頃までの約1時間の合計3時間は毎日勉強時間にあてました。眠くてできない時、忘年会で時間がとれない時もありました。

その時は平日昼休みの40分くらいを勉強にあてたりしました。期間が限定されていることもあり、眠くてもとにかくやり切ろうと思い、時間を捻出しました。

出典:プログリット公式サイト

↑夜1時に寝て朝6時に起きるってことは、睡眠時間は5時間ですね。普通の英会話スクールに通っていたら、睡眠時間を削ってまでやろうなんていう気迫は生まれないでしょうね。

私も英会話スクールに通っていたとき、締め切りがあって絶対にやらなくちゃいけない!っていう気迫に満ち溢れている時は睡眠時間を削ってやってましたね。

そういう日は必ず昼寝をしたり早めに寝るなどして調整をしていました。

自分の経験や周りの人間の経験からみて、私は人間のポテンシャルって半端ないと思っているので、だれでもやればできると思っています。

「休まない!全部やる!」それだけです。「隙間を見つけてやる」ではなく、常にやってました。それ以外の工夫というと、朝の時間を活用したことですね。


僕にとってモチベーションはあまり関係なかったです。やるかやらないかしかなかったので。
やらなければ信頼に関わるので、お尻に火がついたというか、お尻半分くらい削られているような感覚でやっていました。

出典:プログリット公式サイト

↑やるかやらないか…。背水の陣になって自分を究極まで追い込むことができたらもはや、モチベーションなんていらないんですね。

プログリットの環境では、自分だけやっているのではなくコンサルタントが自分の進捗などを全て管理してくれているので、やるしかないという状態になるのでしょう。

プログラム開始前は時間を確保できるのか不安でしたが、日常のタスクの優先順位の整理をして、重要度の高い飲み会にしか参加しないようにしたり、無駄な時間の見直しをしました。

その結果、早朝や通勤の時間、お昼休憩の時間を学習に充てることができ、必要な学習量を確保することができました。

また、周囲に学習していることを宣言しました。周囲に学習を宣言していることで、同僚からのプレッシャーを感じたのも時間が確保できた大きな要因です。

出典:プログリット公式サイト

↑プログリットの受講者は、本気の人ばかりなので周囲に自分は英語学習をやっていることを宣言している人が多く見られました。

たしかに、公言するっていうのはやらねばならないプレッシャーを生み出すことができますので、とても共感できます。また、プログリットの公式アンバサダーの本田圭佑さんも次の動画で英語学習の目標について宣言して自分にプレッシャーをかけています。↓

↓同僚にメールでレポーティングするなんて、斬新なアイデアですね。だれかに報告しなくちゃいけないっていうのは、プレッシャーを生み出してくれてやる気をアップさせてくれる大きな効果があります。

早朝に学習を行うことで仕事や家庭との両立を行いました。毎朝早起きして軽いストレッチを行ってから会社に向かい、会社の会議室で1日分全ての学習時間を確保しました。

また、社内の同僚にプログリットに参加していることを公言し、学習時間状況や成長の度合いを常にメールでレポーティングするようにし、自分が逃げられない環境を作っていました

出典:プログリット公式サイト

プログリットは、無料カウンセリングの希望者が多くて順番待ちになることがあります。

そのためプログリットが気になる方はとりあえず、無料カウンセリングだけでも先に受けておくことをおすすめします。

プログリットの無料カウンセリングはこちら↓↓↓

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】

プログリットの感想|厳しさを乗り越えるには?

プログリットの勉強は1日3時間するように言われますし、仕事をしながらであればハードだと思います。

しかし、そんな大変な勉強を乗り越えることができた理由って一体なんなのでしょうか?

調べてみると、コンサルタントのサポートがあるからこそ大変な勉強も乗り切れたという意見がやはり一番多いです。

プログリットには、モチベをキープできるようなシステムがありますし、受講生それぞれに1日3時間の勉強を乗り切るための工夫もされているようです。

すでに上記でお伝えした、「周囲に英語学習していることを伝える」以外にも、次のような点がモチベキープのきっかけになっているようです。

早朝に勉強する

プログリットを始めてからは、早寝早起きをするようになった人が多く見受けられました。早い人では、朝4時に起きて勉強をしています。

仕事で忙しい方ですと特に朝4時に起きるのって大変に思うかもしれませんね。

しかし習慣にするまでが大変なだけで、一度習慣にしてしまうと体はそれに適応して以後努力しなくてもできるようになります。

朝は勉強のゴールデンタイムと言われているくらいですので、早朝に勉強することで勉強効率もあげている人が多いです。

睡眠時間を削るのは体にとってよくないので、早起きする分早く寝るように心がけているようです。

睡眠時間が短くなりすぎて、体調を崩してしまった人も中にはいたので早起きする分早く寝るなどして十分な睡眠時間を取ることは重要です。

毎日の報告義務

プログリットでは、毎日LINEでコンサルタントに勉強の進捗状況の報告義務があります。

プログリットの卒業生の感想を見ているとこの毎日の報告義務が、いいプレッシャーになってモチベーションや集中力をキープできたという人が多かったです。

シャドーイングの音声もこのときに送るので、しっかりやっていないとやっていないことがコンサルタントにバレるためやるしかない、といった気持ちになれるようです。

毎日勉強の進捗とシャドーイングの音声を送るので、毎日緊張感が保たれてだれることがなくコツコツと勉強を継続ができるそうです。

一人だと甘えが出てしまいますが、このシステムなら毎日やらざるを得ない環境になりそうですね。

プログリットのことをいろいろと調べていると、モチベキープの方法をいろいろ学べます。(^^)

私もぜひ、自分の学習にこの報告義務を取り入れていきたいと思います。

週一回の面談

プログリットでは週一回、コンサルタントとの面談があって小テストも行います

テストの結果が悪ければ、当然コンサルタントに勉強していないことがバレますので必然的にテストでいい結果を取らなければいけないという気持ちになれるそうです。

また、面談の時に記入する習慣計画表に自分がやり遂げたことを書いていくことで、達成感を感じることができると言う意見もありました。

勉強のルーティン化

朝の時間絶対やるというのと、夜は帰ったらテレビを見ない。それを毎日同じ時間で、同じペースでやり続けました。朝何時の電車に乗って、単語ここまでやって、何時何分までやって、とルーティーンを決めていましたね。もちろん、仕事中は仕事だけに集中していました。

出典:プログリット公式サイト

プログリットでは、コンサルタントが学習スケジュールを一緒に作ってくれます。

この時間には何をする、といった細かいスケジュールを立ててそれを繰り返していくことで、習慣になってその時間になるとすっと勉強モードになれる人が多いようです。

英語の習慣化さえできてしまえば、やらないと逆に気持ち悪くなったりするので継続できているようです。

プログリットでは卒業後1年間の学習スケジュールも作成してもらえるので、卒業してからも英語の勉強を継続させることができます。

もしあなたが、勉強のルーティン化させたいって思っているのにできていないのであれば、プログリットで習慣化させることができるでしょう。

プログリットの感想|厳しいのが不安な人へ

このようにプログリットは簡単・楽ではないので、本気じゃない人はやめておいたほうが無難だと思います。

でも、簡単な勉強をして英語が身についていたら、多くの人が英語ペラペラになってますよね。

また、一人でやって自分への厳しさを保つのも大変です。

仕事をしながらですと3時間の勉強が大変だと思うかもしれませんが、受講者はみんな乗り越えていっていますし、コンサルタントがあなたにあった学習時間の取り方を教えてくれます。

すると意外と3時間勉強できるものです。また、プログリットには無料カウンセリングがあります。無料カウンセリングでは、英語力診断テストとヒアリングを通してあなたの学習目標や使える時間を一緒に考えてくれます。

もし興味があるけど不安という方は、気軽に無料カウンセリングを受けてみて、聞きたいことや不安なことは無料カウンセリングで全て聞いてスッキリさせるのが一番ベストです。カリキュラムは受講生のレベルに合わせて変わるので、あなたの場合はどんな学習スケジュールになるのか知っておいたほうがいいでしょう。

他のスクールの無料カウンセリングも受けて比較すれば、後悔することもないのでおすすめですよ。

無料カウンセリングの申し込みはこちら↓↓↓

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】