オーストラリア英語なまりまとめ!発音の特徴とその理由や歴史背景とは?

日本語になまりがあるように、英語も国によってなまりがあります。

オーストラリアでは、オージーイングリッシュと言われる独自の英語表現があります。そこには歴史的な背景やオーストラリア人の国民性が影響しています。日本で習う英語でも十分通じますが、オージーイングリッシュを理解することで、オーストラリア人に親近感を覚えてもらうことができ、コミュニケーションが円滑になります。

この記事を読んでいるみなさんはオーストラリア人とのコミニュケーションを行っている、或いはこれから行う人々だと思いますので、ぜひ覚えて使ってみてください。

筆者もオーストラリアでのホームステイ経験がありますが、ルームメイトとの会話の中でオージーイングリッシュを使っていました。

オーストラリア英語における発音の特徴

まずは実際にオーストラリア人の会話を見てみましょう。

上記の動画のようにオージーイングリッシュには、短縮形のところで特徴を出す場合があります。(この動画は短縮形をまとめた動画でした。)

動画以外のものも含め、オーストラリア英語の特徴にどんなものがあるかまとめました。

a(エイ)の発音がアイになる

たとえば、Todayであれば、「トゥデイ」と発音しますが、オーストラリアでは「トゥダイ」と発音します。

そのため、稀に「to die」と聞き間違えます。その他有名なものとしては、helloのような気軽の挨拶で使う表現のG’day,mate!があります。

これはgood day, mateの略ですが、「グダィ、マイト」と発音します。

Rを発音しない(強く発音しない)

Rを発音しないは言い過ぎですが、強くは発音しない特徴があります。Rがつく音は伸ばす傾向があると思いますが、それがなくなるため最初の頃は聞き取りにくく感じます。

しかし、Rの発音は下を丸めて発音するアメリカ英語に比べ、オーストラリア英語は下を丸めずにRを強く発音しないので、慣れると日本人には話しやすいです。

water(ウォラー)→ウォラ
Share(シェア)→シェー

語尾をyやieにする(※カジュアルな会話向け)

これは、若者言葉ではありませんが、ポップに単語を使う場面でよく使う表現です。

Breakfast(ブレックファスト) → Brekie(ブレッキー)
Biscuit(ビスケット) → Bicky(ビッキー)
Chocolate(チョコレート)→ Chocky(チョキー)

会話によく出る短縮形

下記の表現はオーストラリア(ケアンズ)の現地で実際に使った単語を中心にピックアップしました。

G’ Day(グッダイ)
Good Dayの短縮形で「Hi」や「hello」のような気軽な挨拶のときに使います。
※最近はあまり使わない表現となりつつあるようです。

mossi(モージー)
mosquito(蚊)の変形系。

arvo(アルヴォ)
afternoon(午後)が変形した形です。
※this afternoon を「S’arvo」と表現する場合もあります。

Macca’s「マッカーズ」
マクドナルドの短縮形の表現です。

No Worries(ノーウォーリー)
「You’re welcome」「No problem」「Don’t worry」と同じ意味です。
オーストラリアではよく聞く表現です。

どうだったでしょうか?馴染みのない表現の仕方も多々あったと思います。しかし、使ううちに慣れてくるところですので、ここではこんな表現があるのかと思っていただければ十分です。

オーストラリア英語のなまりの理由や歴史背景とは?

1770年にイギリス人のキャプテン・クック(フルネーム:ジェームズ・クック)がオーストラリアを発見し、イギリスへ報告。元々イギリスは流刑先(植民地)として、アメリカを活用していた。しかし、アメリカの独立をきっかけに次の流刑地(植民地)を必要になり、オーストラリアが選ばれました。

そして18世紀ころにヨーロッパ人の移住が始まり、オーストラリアは植民地として歴史を歩みます。その後、オーストラリアに連邦政府が成立し、独立し「国家」が誕生しました。その後は移民を受け入れながら多民族・多文化国家をとして発展をしてきました。

上記のとおり植民地時代はイギリスからの移住者が多かったため、イギリス英語が標準語として使われていました。オージーイングリッシュが生まれてきた背景としては、多民族・多文化の中で発展した過程で生まれたもので、オーストラリア人の陽気で少し怠惰な国民性が影響していると言われています。

つまり、イギリスの植民地という歴史背景から、イギリス英語がベースとなり、多民族・多文化から醸成したオーストラリア人の国民性が現代のオーストラリア英語を生み出しました

最後に

ここまで、オーストラリア英語のなまりをテーマに解説をしてきました。私はケアンズという田舎にいたので、オーストラリア英語のなまりに触れる機会がありましたが、都心にいけばいくほど、こういったなまりがなくなる傾向になります。

日本でも、標準語の他に関西弁や沖縄弁など様々な方言があると思いますが、それに似ています。なので標準的な英語をマスターすれば、十分にコミュニケーションをとることが可能です。

オージーイングリッシュは覚えたらプラスにはなりますが、覚えなかったとしてもマイナスになることありません。ぜひ円滑なコミュニケーションの1つとしてオージーイングリッシュに触れてみてはいかがでしょうか?

P.S.
オーストラリアでもオージーイングリッシュを使う人と使わない人、地域によっても変わってくるので、最初からオージーイングリッシュを多用すると恥ずかしい思いをする場合もあるので、様子見ながらオージーイングリッシュを使うのがベターです。

私もオージーイングリッシュは現地でホームステイ先で教えてもらい生活で使っていました。ですので現地でよく使っているオージーイングリッシュを使うくらいの心構えで十分です。

本気の人に絶対おすすめ!満足度が高いコーチング英会話トップ3!

数あるコーチング英会話の中でも人気も満足度も高く、本気の人に絶対おすすめの厳選トップ3の紹介です!

本当に人生変えたい人が今やらないならいつやるの?迷いだすと精神力も時間もひたすら浪費するだけ。

優柔不断で完璧主義な人は、今すぐ一気に3つ無料カウンセリングを予約することが一番早いベストな決断につながります!

第1位:プログリット      

プログリットでは英語を教えてもらって受動的に英語を学ぶのではなく、自分に合った最も効果的な英語の勉強法で自発的に正しい英語学習が継続できるように指導してくれる。

卒業後、一人になっても英語の自習を継続できる一生モノのスキルが身につく。

2019年のビジネスパーソンが選ぶ英語コーチングサービスの中で総合満足度ランキングで1位を獲得している

特徴
  • ティーチングではなく、コンサルタントが脳科学に基づいた正しい英語学習と継続するノウハウを伝授する。
  • タイムマネジメントスキルの習得、生活習慣が改善され健康になれるなど、プログリット効果は英語学習に留まらず人生の質を底上げしてくれる。
  • 卒業後の1年間の勉強スケジュールを作ってくれるなど、アフターケアも充実。卒業後に露頭に迷うことはない。
  • 全てのコース、無料カウンセリングがオンラインで受講可能
  • 30日間の無料返金保証制度がある
こんな人におすすめ!
  • 英語を自習する力を身に着けたい人
  • 健康のために規則正しい生活習慣を身につけたい人
  • 卒業後に一人でやっていけるか不安な人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けて科学に基づきどこを直せばいいのか、どんな訓練をすればいいのかを教えてくれる。あなたに合わせた勉強スケジュールを作ってくれる。


第2位 ライザップイングリッシュ      

筋トレと英語脳の鍛え方はとても似ているので、ライザップメソッドが効果的なのは言わなくてもわかる。

「RIZAP ENGLISHに通っている」と一言いうだけで、真剣に英語を勉強していることが一発で離開してもらえるので、無意味な飲み会に誘われなくなるなど周りから応援してもらえるだろう。

ライザップメソッドで結果が保証されていてネームバリューがあるので安心だ。

特徴
  • 日本人のトレーナーが英語の講師とコンサルティングの両方を行いサポートしてくれる。
  • とても高級感があり、店舗ではいい匂いがするなどまるで高級サロンのよう。
  • 高級な日記帳を買うと日記を書きたくなるように、高級感はあなたをやる気にさせてくれる。
  • 30日間の無料返金保証制度がある
  • 全てのレッスン、無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • コンサルティングと英語を教えてくれる人が同じ人がいい
  • 日本人のトレーナーから直接英語を教わりたい
  • ダイエットや筋トレにも興味がある人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けることができ、あなただけの目標に合わせた正しい英語の勉強法を教えてくれる。


第3位 トライズ      

孫正義のスピード仕事術を応用したメソッドで、1年で確実にビジネスレベルの英語が話せるようになるのがトライズ。孫正義の元秘書の三木社長が実際に結果を出しており、結果は保証されている。

1年で1000時間の英語学習を行うのは簡単ではないが、だからこそ効果があるのでありトライズなら継続率は91.7%である。

日本一のお金持ちである孫正義の目標達成メソッドを実践するのだから、結果は確実だ

特徴
  • コンサルタントとネイティブ講師のダブルサポート。
  • グループレッスンも受けることができ、そこで一緒になった受講者から刺激を受けてやる気が出る効果がある。
  • 同じ目標を目指す友人ができたり、ビジネスに発展する人脈が作れることもあるだろう。
  • 1ヶ月の無料返金保証制度がある全てのコースと無料カウンセリングがオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • ネイティブ講師から英語を学びたい人
  • グループレッスンも受けたい人
  • 自分が好きな映画のスクリプトを使って楽しみながら英語を勉強したい人
  • 1年間で確実に話せるようになりたい人
無料カウンセリングの内容
あなたの目標をヒアリングし、その目標に到達するには1年でどのようにして英語力をあげていくのか、モチベを継続させる方法などをデータを見ながら教えてもらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

けんちゃん

学生時代同じ研究室のメンバー半分が留学生の学生生活を過ごし、留学経験もある筆者が様々な活きる英語に関する情報をお届けします。英語の勉強に本気で役立つ情報や、間違いのない英会話スクール・勉強方法など、英語に関するさまざま切り口から情報を提供し、あなたをサポートします!