英文メールでお願いするときの件名は?この3単語で絶対上手に書ける!

仕事を効率的に進めていく上で、ビジネスメールは欠かせないツールです。メールの内容だけでなく、用件が一目でわかる件名も重要なポイントになります。

「英語でどうやって簡潔な件名を書けばいいのだろうか」と難しく考える必要はありません。今回紹介する3つの単語を使えば、誰かにお願いする際に送る英文メール件名を書くことができます

外国人の友達や仕事仲間にメールを送る際に気軽に使ってみてください。

 

Regarding

最も基本的な単語が、Regardingです
原形であるregardがもともと「関係する」という意味を持つので、そこから派生して「~に関して」という意味になっています。

日本語でいえば、「~について」という表現にあたります。日本語のメールの件名でもよく使われるのと同じく、この単語も非常によく使われています。ざっくりと確認したい内容があるときに使うと便利です。

例)Regarding tomorrow’s meeting
     (明日の会議について)
       Regarding promotion event
     (プロモーションイベントについて)

この単語はとてもシンプルなので、具体的に「~がしてほしい」というお願いをする際にはあまり向かないといえるでしょう。あくまで「内容の確認程度」として使うようにしましょう。内容以外にも、状況に応じて場所や時間などを付け加えるとよりわかりやすく伝えることができます。

例)Regarding meeting on next Friday
    (来週金曜日の会議について)
       Regarding welcome party in Shinjuku
    (新宿での歓迎会について)

Request

日本語でも「リクエスト」という言い方は浸透しているので、意味がわかるという人が多いでしょう。

この単語は「依頼」という意味になっているので、日本語のメールの件名では「お願い」という意味にあたります。” Request for~”の形で使い、この後ろにお願いしたい内容を書き加えて使うことができます。

この表現は、先ほど紹介したRegardingよりもある内容を依頼したいという意味合いが強くなってきます

例)Request for approval
     (ご承認のお願い)
       Request for estimate
     (見積もりのお願い)

このほかにもメールの件名で定番の「要返信」、「要対応」などのフレーズもこのRequestを使って表すことができます。

例)Reply Requested
     (要返信)
       Action Requested
     (要対応)

また、返信すべき内容、対応すべき内容を付け加えたいときは、このフレーズの後ろに「:(コロン)」を付け、その後に内容を書くことができます。

例)Reply Requested: New project report
     (要返信:新プロジェクトの報告書)
       Action Requested: Meeting next week
     (要対応:来週の会議)

Please

これは英語ではもはや英語ではおなじみの単語ですね。「プリーズ」と聞けば誰もがお願いしていることがわかります。これは相手に直接「~してください」と訴えかけたいときに使えるフレーズです。

先ほどのRequestに比べてより具体的なお願いをする場合に適しています。そのため、どういう依頼をしたいのかが相手にわかるような内容にすることが望ましいです

例)Please confirm project list
     (プロジェクトのリストを確認してください)
       Please bring new product
     (新商品を持ってきてください)

件名を書くときのポイント


お願いするメールの件名に使う単語はこれでわかりました。
続いては件名を書く上で注意しておかなければならないポイントを押さえておきましょう!

できるだけ簡潔に

だらだらと長くなってしまうと、読み手にお願いしたい内容が伝わりづらくなってしまいます。件名はできるだけ短くコンパクトにして、読み手に伝わりやすいように心がけましょう。

基本的には3~5単語ほど。長くても7単語くらいにするようにしましょう。そのため、余計な言葉は徹底的に削減し、本文内で済む内容は省くようにしましょう。あれもこれもと内容をつめこんだ件名はかえってみづらくなってしまいます。

締め切りを記載する

これは特にビジネスメールにおいて重要なポイントです。決まった日程までにお願いしたいことがある場合はその日程を忘れずに記載しましょう

日程が書いてあれば、読み手はその日程を意識してくれるので、お願いを聞いてくれるようになります。

例)Please reply by Thursday: Project report
    (木曜日までに返信ください:プロジェクトの報告書)

大文字で強調する

読み手に強烈な印象を与え、意識にとどめるようにさせるには、重要な部分を全て大文字で表記するのが効果的です
大文字にすればそれだけ存在が大きくなるので、強調するのにぴったりです!

ただし、件名の全てを大文字にすることはやめましょう。かえって読みにくくなり、迷惑メールと誤解されてしまうこともあります。

例)REPLY REQUESTED: Tomorrow’s meeting
    (要返信:明日の会議)

まとめ

今回は英文メールでお願いする件名の書き方をご紹介しました。

この 「Regarding」、「Request」、「Please」の3つさえ覚えておけばお願いメールの件名に対応することが可能です。お願いする内容をちゃんと書き起こしたら、この3つの単語を役立ててください。

さらには、件名を書くときのポイントを合わせて紹介しました。それが、「できるだけ簡潔に」、「締め切りの記載」、「大文字で強調」の3つでしたね。

これらも忘れずに抑えておくことで、読み手にお願いが伝わりやすくなります。今後、ビジネスメールを書く際にぜひとも参考にしてください!

本気の人に絶対おすすめ!満足度が高いコーチング英会話トップ3!

数あるコーチング英会話の中でも人気も満足度も高く、本気の人に絶対おすすめの厳選トップ3の紹介です!

本当に人生変えたい人が今やらないならいつやるの?迷いだすと精神力も時間もひたすら浪費するだけ。

優柔不断で完璧主義な人は、今すぐ一気に3つ無料カウンセリングを予約することが一番早いベストな決断につながります!

第1位:プログリット      

プログリットでは英語を教えてもらって受動的に英語を学ぶのではなく、自分に合った最も効果的な英語の勉強法で自発的に正しい英語学習が継続できるように指導してくれる。

卒業後、一人になっても英語の自習を継続できる一生モノのスキルが身につく。

2019年のビジネスパーソンが選ぶ英語コーチングサービスの中で総合満足度ランキングで1位を獲得している

特徴
  • ティーチングではなく、コンサルタントが脳科学に基づいた正しい英語学習と継続するノウハウを伝授する。
  • タイムマネジメントスキルの習得、生活習慣が改善され健康になれるなど、プログリット効果は英語学習に留まらず人生の質を底上げしてくれる。
  • 卒業後の1年間の勉強スケジュールを作ってくれるなど、アフターケアも充実。卒業後に露頭に迷うことはない。
  • 全てのコース、無料カウンセリングがオンラインで受講可能
  • 30日間の無料返金保証制度がある
こんな人におすすめ!
  • 英語を自習する力を身に着けたい人
  • 健康のために規則正しい生活習慣を身につけたい人
  • 卒業後に一人でやっていけるか不安な人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けて科学に基づきどこを直せばいいのか、どんな訓練をすればいいのかを教えてくれる。あなたに合わせた勉強スケジュールを作ってくれる。


第2位 ライザップイングリッシュ      

筋トレと英語脳の鍛え方はとても似ているので、ライザップメソッドが効果的なのは言わなくてもわかる。

「RIZAP ENGLISHに通っている」と一言いうだけで、真剣に英語を勉強していることが一発で離開してもらえるので、無意味な飲み会に誘われなくなるなど周りから応援してもらえるだろう。

ライザップメソッドで結果が保証されていてネームバリューがあるので安心だ。

特徴
  • 日本人のトレーナーが英語の講師とコンサルティングの両方を行いサポートしてくれる。
  • とても高級感があり、店舗ではいい匂いがするなどまるで高級サロンのよう。
  • 高級な日記帳を買うと日記を書きたくなるように、高級感はあなたをやる気にさせてくれる。
  • 30日間の無料返金保証制度がある
  • 全てのレッスン、無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • コンサルティングと英語を教えてくれる人が同じ人がいい
  • 日本人のトレーナーから直接英語を教わりたい
  • ダイエットや筋トレにも興味がある人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けることができ、あなただけの目標に合わせた正しい英語の勉強法を教えてくれる。


第3位 トライズ      

孫正義のスピード仕事術を応用したメソッドで、1年で確実にビジネスレベルの英語が話せるようになるのがトライズ。孫正義の元秘書の三木社長が実際に結果を出しており、結果は保証されている。

1年で1000時間の英語学習を行うのは簡単ではないが、だからこそ効果があるのでありトライズなら継続率は91.7%である。

日本一のお金持ちである孫正義の目標達成メソッドを実践するのだから、結果は確実だ

特徴
  • コンサルタントとネイティブ講師のダブルサポート。
  • グループレッスンも受けることができ、そこで一緒になった受講者から刺激を受けてやる気が出る効果がある。
  • 同じ目標を目指す友人ができたり、ビジネスに発展する人脈が作れることもあるだろう。
  • 1ヶ月の無料返金保証制度がある全てのコースと無料カウンセリングがオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • ネイティブ講師から英語を学びたい人
  • グループレッスンも受けたい人
  • 自分が好きな映画のスクリプトを使って楽しみながら英語を勉強したい人
  • 1年間で確実に話せるようになりたい人
無料カウンセリングの内容
あなたの目標をヒアリングし、その目標に到達するには1年でどのようにして英語力をあげていくのか、モチベを継続させる方法などをデータを見ながら教えてもらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です