英検2級の面接で使える表現7つ!二次試験の流れと問題のサンプルも紹介

  • 2020年2月17日
  • 2020年6月4日
  • 英検

これから英検2級の二次試験に挑むのであれば、面接で使える表現を知っておきたいですよね。

この記事では

  • 英検2級のレベル
  • 英検2級面接の流れやポイント
  • 英検2級の面接使える表現
  • 英検2級の面接問題のサンプル
  • おすすめ教材

についてまとめています。

英検2級の二次試験の面接対策に必ず役に立つ内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

英検2級のレベルとは?

では、英検2級のレベルとはどのくらいなのでしょうか?

英検2級高校卒業レベルの英語能力です。

各級のレベルが日本英語協会の公式ホームページに掲載されておりますので、他の級のレベルも知りたい方はそちらを参考にされてください。

↓↓↓日本英語協会の公式ホームページ(各級のレベル)
https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/

二次試験(面接)の攻略法!

ポイントは?

英検では、3級から「二次試験」が導入されます。
「筆記はよくても、面接が、苦手…」と思われている方も多いと思います。

ここでは、英検2級の二次試験のポイントを解説していきます。

まずは二次試験シミュレーション動画を紹介します。
二次面接のコツをつかむには、まず実際の試験がどのようなものか知ることが必要です。

↓↓↓英検2級の二次試験のシミュレーション動画を紹介しています。

次に英検2級の二次試験の流れをまとめてみました。
二次試験の流れをしっかり把握し、実際の試験に臨みましょう。

英検2級の二次試験の流れ
① 入室 係員に従い行動します。ドアをノックしてから面接室に入ります。二次試験では入室するときも、もちろん英語です。ここから試験が始まっていると思っていいでしょう。
② 面接カードを渡す。 試験官に面接カードを渡します。
③ 着席 試験官の指示に従い、着席します。
④ 氏名・級の確認、あいさつ 試験官があなたの氏名とこれから受験する級の確認をします。

その後、簡単な挨拶をします。

⑤「問題カード」を受け取る。 試験官からパッセージ(文章)と3コマのイラストが

印刷された「問題カード」が手渡されます。

⑥ パッセージの黙読(20秒) 試験官からパッセージを黙読するように指示があります。

20秒間、パッセージを黙読します。

⑦ パッセージの音読

 

黙読後、試験官から音読するように指示があります。

パッセージを英語タイトルから読みます。

⑧ パッセージについての質問(No.1) 音読後、試験官が質問します。質問はNo.1~No.4まであります。

パッセージやイラストに関する質問の際は、「問題カード」を見ながら答えても大丈夫です。

⑨ No.2の考慮時間(20秒)
⑩ イラストの展開の説明(No.2) イラストの展開をする質問では、考える時間が20秒間与えられます。展開の言い出し部分は「問題カード」に印刷されています。この質問の後、試験官から「問題カード」を裏返すように指示されます。これ以降は「問題カード」を見ずに答えます。
⑪ 問題カードを裏返す。
⑫ 受験者自身の意見を問う質問(No.3,No.4)
⑬ 「問題カード」を試験官に返す。
⑭ 退室 退室後は速やかに会場から退場して下さい。控室に戻る、待機中の受験者と会話をするなどはしてはいけません。

使える表現

ここでは英検2級の二次試験(面接)で使える表現を紹介していきます。

二次試験(面接)では「自分の考えを伝え、その理由を説明する」ことが重要なポイントになってきます。
そのときによく使う表現をまとめてみました。

① 返事をする。
試験官の話に対して無言の反応や、うなずくだけでいるのはよくありません。必ず返事を返しましょう。
簡単な表現ですが、そんな時に使える表現です。

返事をする。
Yes. はい。
All right. わかりました。

この2つが使えれば、大丈夫です。

② 考えを述べる。

考えを述べる。
I think that~. 私は~だと思います。
I believe that~. 私は~だと(強く)思います

英語には他にも「意見を伝える表現」がいくつかあります。自分が使いやすい表現を選びましょう。

③ 意見を明確にする。

意見を明確にする。
In my opinion

私の意見は~です。

In my view~
In my point of view~

「Opinion」は意見見解という意味があります。「In my opinion」は「私の個人的な意見ですが」というニュアンスを含む表現です。

④ 伝えたい意見をまとめる。

伝えたい意見をまとめる。
What I want to say is ~ 私が言いたいことは~です。
The point I’m making is ~ 要するに私は~ということを言いっています。

伝えたい意見をまとめるときに使います。言いたい事を最後に簡潔にまとめるときに便利な表現です。

⑤ 自分の想定を述べる。

自分の想定を述べる。
I suppose/guess/feel that~ 私は~だと思います。

「Suppose」は「想定する」と言いう意味を持ちます。自分の知識や経験の中から推測に基づいて意見を述べる時に使います。意思の強さとしては、believe>think>suppose>feel>guessの順番と考えてください。

⑥ 賛成意見・反対意見を述べる。

賛成意見
I agree. 賛成する。
I agree with you, because~ あなたに賛成です、なぜなら~
I feel the same way, I (am/was) also~ あなたに同感です、私も~。
You’ve got a point, especially~ あなたの言うことには一理ありますね、特に~。

 

反対意見
I disagree. 反対する。
I’m afraid but I don’t agree, the reason is ~ 残念ながら私は賛成できません、理由は~
That’s one perspective, but~ それも一つの視点ですが~。
I agree up to a point, however~ ある程度は同意します、しかしながら~。
I have a different point of view. 私の意見は違います。

質問に対しての反対意見賛成意見どちらとも言えるようにしましょう。

自分でお題をつくり実際にやってみるのもよい練習になります。

⑦ 試験官の質問がわからなかったときに使える表現

試験官の質問がわからなかったときに使える表現
I beg your pardon? もう一度おっしゃって下さい。
Please say again. もう一度言ってください。

質問がわからなっかったときは次のような表現をつかって聞き直しましょう。質問がわからないときは聞き直しても減点にはなりません。再度いいますが、沈黙の方が悪い印象を与えてしまします。  

サンプル問題

日本英語協会のホームページに掲載されている実際の英検2級の二次試験サンプル問題です。
学習時の参考になると思います。

↓↓↓英検2級の二次試験サンプル問題
https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/virtual/grade_2/pdf/grade_2.pdf

おすすめ教材

最後に英検2級についてのおすすめ教材を紹介します。

↓↓↓一次試験・二次試験・英単語に対応した教材を紹介しております。

まとめ

今回の記事の要点は次の通りです

  • 英検2級は高校卒業レベルである
  • 英検2級の二次試験(面接)では、言われていることが正確に理解できることが大事
  • 英検2級の面接で自分の考えを伝えるために必要な表現
  • 英検2級の面接問題サンプルの紹介
  • 英検2級のおすすめ教材の紹介

二次試験で使える表現は何度も練習をして使えるようにしておきましょう。

しっかり面接対策をして英検2級の二次試験の合格を勝ち取りましょう!

 

今回参考にさせて頂いたサイトです。

英検に関する情報がたくさん記載されてありますのでチェックしてみて下さい。

↓↓↓日本英語協会の公式ホームページ 
https://www.eiken.or.jp/eiken/