英検2級ライティング問題を突破する6つのコツ!使える表現やテンプレートを紹介

  • 2020年2月24日
  • 2020年6月4日
  • 英検

「ライティングが苦手…」そう思っている方は多いのではないでしょうか?。でも大丈夫です。
この記事は今から英検2級を目指していて、ライティングに対して苦手意識を持っている方のために書きました。

ライティングのコツや必ず役に立つ表現・テンプレートを紹介していきます。

ぜひ最後まで読んで頂いて、英検2級のライティング問題を乗り越える糧にして頂ければと思います。

英検2級のライティングの問題について

まず英検2級では、大問4がライティングの問題となります。
英検2級の筆記試験では全体が81分(試験時間は85分)で終わる時間配分になっています。
リーディング全体に46分ライティング25分かけるのが目安です。語数の目安は80~100語となります。

ちなみに、ライティングの採点基準は以下の通りです。

① 内容 4点満点(”TOPIC”の質問に対応した内容になっているか)
② 構成 4点満点(構成が正しいか)
③ 語彙 4点満点(適切な単語が用いられているか)
④ 文法 4点満点(適切な文法が用いられているか)

合計で16点満点となります!ライティングの目標点数9点です。
ですが、ライティングは配点が大きいので満点を目指して学習に取り組みましょう。

これでライティング突破!6つのコツ

次に英検2級のライティング問題を突破する6つのコツを紹介していきます。
コツをつかんで英検2級のライティング問題をクリアしましょう。

 

① 問題文をしっかり理解する。
まず、ライティング問題ではTOPICPOINTSが用意されています。

ライティング問題は、そのTOPICついてあなたの意見と理由を述べるという問題です。

POINTSは3つ用意されていて、理由を書く際の参考となる観点を示したものです。

この2つをしっかりと理解することが大切になります。問題の内容をしっかり理解していないと、まとまった文章を書けません。

② 文章の構成の仕方
英語で文章を書くときの構成の仕方について説明します。

日本語で文章を書くときは「起承転結」が基本ですが、英語の場合は少し違ってきます。

英語で文章を書くときは、

自分の意見(結論) → 理由① → 理由1の具体例 → 理由② → 理由②の具体例 → 結論の再主張

という構成になります。

理由の数は、内容によって変えても構いませんが、英語では文章の書き方が違うということを認識しておきましょう。

③ スペリングミスを減らす。 ※スペリングミス(日本語) = spelling error( 英語)
スペリングミスが起こる原因には

「同じアルファベットが続く」「音が似ている」「発音しないアルファベットがある」 などが挙げられます。

スペリングミスを減らすために最も効果的なことは、「正しく発音をすること」「書く」ということにつきます。

また、自分で間違いやすい単語をまとめておくのもよいでしょう。

余裕があるかたは、「発音記号」を勉強するのもいいですよ。いざと言うときに、発音を理解していれば役に立ちます。

④ 語彙力UPのためにGlossary(辞書)をつくる。
日本語で文章を書くときも英語で文章を書く時もある程度の語彙力が必要となります。

これには、日ごろからコツコツと単語を集めて、意味を書いておきましょう

カテゴリ別に単語をわかりやすまとめておくと良いでしょう。

⑤ 日ごろから英文を書く練習をする。
まず、日ごろから英文を書くと言う習慣を身に付けましょう。

例えば、英語で日記を書く、ブログTwitterなどに英語で文章を書いてみましょう。

現在では、英語学習に応用できるツールがたくさん増えました。

なんでもそうですが、創意工夫しながら学習することはとても楽しいものです。

楽しみながら学習をしましょう。

⑥ 添削者を探す。
できれば、自分で書いた英語の文章を添削してくださる方を見つけましょう。

学校や塾の英語先生、英会話スクールのネイティブの先生、近所に住むネイティブの人など添削してくれそうな人を見つけましょう。

できればネイティブの方が望ましいですね。

気軽に添削して下さる方がいるだけで、ライティングのスキルの上がり方は断然違ったものになるでしょう。

過去問をチェック

では実際に英検2級のライティングの過去問をチェックしてみましょう。
これは、2019年度第3回の一次試験に出題された問題内容です!

TOPIC

Some people prefer to buy food produced in their local area. Do you think more people will buy locally produced food in the future?


POINTS

Local economies

Safety

The environment

TOPIC
人々の中には地元で生産された食べ物を好む人がいます。あなたは将来、このような人々がもっと増えるべきだと思いますか?


POINTS

地域経済

安全性

自然環境

問題文を日本語に訳すと、このようになります。次はこの問題を例題にして、使える表現やテンプレートを紹介していきます。

ここではわかりやすくするために日本語訳を載せましたが、実際の試験では英語のみで記載されています。

ちなみに英検2級問題は日本英語検定協会のホームページ掲載されております。過去問が欲しい方はリンクしておきますので学習にお役立てください。
↓↓↓
https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_2/solutions.html

ライティング問題で使える表現・テンプレート

前述のとおり、英語で文章を書くときは

自分の意見(結論)→理由1→理由1の具体例→理由2→理由2の具体例→結論の再主張

という構成で書いていきます。

このことを踏まえながら、先ほどチェックした問題(2019年度第3回分)を参考にして使える表現テンプレートを紹介していきます。

問題4
TOPIC
Some people prefer to buy food produced in their local area. Do you think more people will buy locally produced food in the future?

POINTS
Local economies
Safety
The environment

TOPIC
人々の中には地元で生産された食べ物を好む人がいます。あなたは将来、このような人々がもっと増えるべきだと思いますか?
地域経済
安全性
自然環境

① 自分の意見をいう(結論)。(agree/disagree)
今回は賛成意見を述べていきます。わかりやすいように日本語と英語を比較しながら書いていきます。

I agree with eating locally produced food.

私は地元で生産された食べ物を食べることに賛成します。

 

賛成意見/反対意見を述べるとき使う表現です。

賛成意見を表現するフレーズ

I agree. 賛成する。
I agree with you, because~ あなたに賛成です、なぜなら~
I feel the same way, I (am/was) also~ あなたに同感です、私も~。
You’ve got a point, especially~ あなたの言うことには一理ありますね、特に~。

反対意見を表現するフレーズ

I disagree. 反対する。
I’m afraid but I don’t agree, the reason is ~ 残念ながら私は賛成できません、理由は~
That’s one perspective, but~ それも一つの視点ですが~。
I agree up to a point, however~ ある程度は同意します、しかしながら~。
I have a different point of view. 私の意見は違います。

 

② 自分の意見に対する理由1を書いていきます。

The reason is that their foods are safety and we will eat delicious.
なぜならば、地元で生産された食べ物は安全で美味しいからです。

 

なぜならばを表現するフレーズ
because なぜならば
so
as
for
since
therefore
as a result of
that is way
the reason is that ~/there is a reason why~/there reason is because

the reason is that ~ などの表現を使うのがベターです。語数も多いので、非常に便利な言い回し方です。
英語で文章を書くときは、同じ表現を繰り返し使わないというルールがあります。
違う言い回しの仕方をまとめておくといいでしょう。

 

③ 理由1の具体例を書いていきます。

I think that foods sent directly from the place of origin are popular because their quality is guaranteed and there are many fresh ones. Food produced in a rich natural environment is in nutrition and good for your health.

原産地から直送された食べ物は品質が保証されて新鮮なものが多いので人気があるのだと思います。豊かな自然環境の中で生産された食べ物は栄養もあり健康にもいいでしょう。

 

考えを述べるときのフレーズ

I think that~. 私は~だと思います。
I believe that~. 私は~だと(強く)思います

 

③ 理由2を書いていきます。

Actively purchasing locally sourced food also benefits the local economy.

また、地元で採れた食べ物を積極的に購買するということは、その地域の経済を潤すことにもなります。

 

④ 理由2の具体例を書いていきます。

It is beneficial for producers and a good way to get to know the local specialties.
生産者にとっても、有益なことですし、その地域の特産物を知ってもらう良いきっかけにもなるでしょう。

 

⑤ 結論を再主張する。

From the above, I agree with eating locally produced food. I think more such people should be added.

以上のようなことから私は、地元で生産された食べ物を食べることには賛成です。私はもっと、そのような人が増えるべきだと思います。

 

伝えたい意見をまとめるときの表現

from the above 以上のようなことから
what I want to say is ~ つまり私が言いたいことは~です。
the point I’m making is ~ 要するに私は~ということを言いっています。

 

まとめるとこのような解答になります。

I agree with eating locally produced food.
I think that foods sent directly from the place of origin are popular because their quality is guaranteed and there are many fresh ones. Food produced in a rich natural environment is in nutrition and good for your health.
Actively purchasing locally sourced food also benefits the local economy.
It is beneficial for producers and a good way to get to know the local specialties.
From the above, I agree with eating locally produced food. I think more such people should be added.
私は地元で生産された食べ物を食べることに賛成します。
なぜならば、地元で生産された食べ物は安全で美味しいからです。
原産地から直送された食べ物は品質が保証されて新鮮なものが多いので人気があるのだと思います。豊かな自然環境の中で生産された食べ物は栄養もあり健康にもいいでしょう。また、地元で採れた食べ物を積極的に購買するということは、その地域の経済を潤すことにもなります。生産者にとっても、有益なことですし、その地域の特産物を知ってもらう良いきっかけにもなるでしょう。
以上のようなことから私は、地元で生産された食べ物を食べることには賛成です。もっと、そのような人が増えるべきだと思います。

この文章で全部で90語です。

ライティングを勉強していると日本語の文章は思いついても、英文ではどう書けばいいのだろう?と考える機会がたくさん出てきます。

テスト本番で迷わなくてもいいように日ごろからコツコツと語彙力を磨きましょう。

ライティングは一朝一夕にあらず、コツコツと積み重ねた人の勝ちです。「頭の中の日本語を英語に書き下ろす」ことに慣れてください。ライティングは日々の積み重ねが大切です。

まとめ

ここで、紹介したライティングのコツ、表現やテンプレートを利用して英検2級合格に向けて1歩でも前進して下さい。

ライティングの問題はとても配点が大きく、勉強することも大変だと思います。何回も繰り返して言いますが、ライティングは一朝一夕あらず、コツコツと努力を積み重ねた人の勝ちです。たくさん練習してください。

あきらめず、最後までやり切りましょう! そして、この記事が少しでもあなたの参考になれたのなら、とても嬉しいです。最後まで読んで下さり、ありがとうございます。