英検の申込方法2020!CBTの申し込み、返金や料金と締め切りも解説!

The following two tabs change content below.
ショータロウ

ショータロウ

英語を使えるようになったら、何かが変わるかもしれないと強く思っているあなたに、英語に関する、痒いところに手が届く情報をお届けします!

2020年度からの、大学入試共通テストへの、英検等の英語民間試験の導入延期について、議論されていたのも記憶に新しいところですが、そもそも英検の申し込み方法はご存知でしょうか。

この記事では、気になる英検の申込方法について解説しています。

この記事であなたが学べること
  • 【2020年】英検の4種類の申込方法
  • 【2020年】英検の申し込みの締め切りと試験日
  • おすすめの申込方法
  • 英検CBTとは何か
  • 英検の検定料(従来の英検とCBT)
  • 英検の返金について

この記事を読んでいただくと、悩むことなく自分に合った申し込み方法を選び、ましてや申込期日に遅れることもなく、スムーズに申し込むことができます。

英検の申込方法|2020年の検定料

個人で受験申し込みを行った場合、英検の検定料は、大きく2つに分かれます。1つ目は、国内約230都市、約400あるいずれかの会場で受験する、従来の英検の検定料です。

2つ目は、コンピュータを使用した英検CBTという方式のテストを受験する場合です。英検CBTについては、以下でご紹介しますが、まずは、従来の英検の検定料と、英検CBTの検定料を一覧にまとめたので、ご紹介します。

2020年度英検検定料

受験級 従来の英検検定料(税込) 英検CBT検定料(税込)
1級 10,300円 対応していない
準1級 8,400円 7,400円
2級 7,400円 6,400円
準2級 6,900円 5,900円
3級 5,900円 4,900円
4級 3,600円 対応していない
5級 3,000円 対応していない

英検CBTの検定料の方が、従来の英検の検定料より安価ですね。

英検の申込方法|英検CBTとは?

それでは、英検CBTとは何なのでしょうか?
CBTとは、Computer Based Testingの略で、合格すると従来の英検の試験と同じ資格が得られる、コンピュータ上で行われる試験です。主に以下の特徴があります。

  • 4技能([読む(リーディング)]、[聞く(リスニング)]、[書く(ライティング)]、[話す(スピーキング)])の試験を1日で実施
  • 2020年度の試験は、全国15都道府県で実施。(北海道・宮城県・埼玉県・千葉県・神奈川県・東京都・石川県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・広島県・福岡県・香川県・沖縄県)
  • 準1級、2級、準2級、3級に対応。
  • 従来の英検との併願が可能。(年間受験可能回数が倍増)
  • 各試験回が4日間に分かれており、同一回内で複数の級の受験が可能。

従来の英検の試験は、1次、2次があり、合格までに日曜日を2日間費やす必要があります。それに対して英検CBTは、1日で4技能すべての試験を行うので、スケジュールを立てやすくなるというメリットがあります。

英検CBTのスピーキングの試験方法です。

英検の4種類の申込方法

それでは、実際の申し込み方法を見てみましょう。

従来の英検の申し込みには、[コンビニ申込]、[特約書店申込]、[インターネット申込]の3つの方法があります。英検CBTは[インターネット申込]のみです。
それぞれの申し込み方法を詳しく見ていきましょう。

コンビニ

大手コンビニ4社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)店頭にある、情報端末機で必要事項を入力すると、支払いのための証書が発行されます。それをレジに持ち込み検定料を支払います。支払いが完了した時点で申込完了です。

ただし、証書発行後30分以内に支払いを終えないと、入力した内容もすべてキャンセルされてしまうので、忘れずに支払う必要があります。

書店

全国主要都市にある約4,200店の特約書店で、[英検パンフレット(願書付)]が無料配布されています。願書に必要事項を記入し、特約書店で検定料を支払うと[書店払込証書]が発行されます。願書と、書店払込証書を専用の封筒で公益財団法人 日本英語検定協会宛てに送付すると申込完了となります。

インターネット

公益財団法人 日本英語検定協会の会員サイト[英ナビ!]に登録し、[英ナビ!ユーザーID]と[英検ID]を取得後、[英ナビ!]のサイト上で受験の申込みができます。申し込みのデータ入力を行い、決済が完了した時点で申込完了です。

会員登録やログインには、LINE ID、Twitter ID、Facebook ID、パスナビIDも使用可能です。

決済は、クレジットカード(JCB、MASTER、NICOS、VISA)の一括払い、コンビニ(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート)での現金払い、郵便局ATM(Pay-easy)より選ぶことができます。

CBT

インターネットでのみ申し込み可能な英検CBTは、英検CBTのサイトの申し込み画面より、必要事項を入力し決済すると、申し込みが完了します。
支払いについては、クレジットカード(JCB、MASTER、NICOS、VISA)の一括決済、大手コンビニエンスストア(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート)での現金支払い、郵便局ATM(Pay-easy)での支払いから選ぶことができます。

尚、英検CBT申し込みの際には、カラーの顔写真が必要で、写真によっては申し込みに使えないこともあるので、注意が必要です。以下の主な該当条件をご覧ください。

  • 写真データが2MB以内で、縦横比率4:3の、JPEGファイルであること。
  • 6ヶ月以内に撮影した本人の画像であること。
  • 本人の顔がはっきり確認でき、ピントがあっていること。
  • 写真の顔が小さく判別できなかったり、ピンボケにより輪郭が判別できなかったりということがないようにすること。

英検の受講料金の返金について

公益財団法人 日本英語検定協会によると、従来の英検、英検CBT共に、いかなる理由でも返金や、次回試験への繰越を行っていません

英検の申し込みの締め切りと試験日は?

従来の英検、英検CBT共に、申し込みは、試験当日の約1か月前まで受け付けています。
ただ、従来の英検の特約書店での申し込みと、英検CBTのコンビニ支払いは、それぞれ申込の期日が違うので、注意が必要です。2019年2月17日現在の、2020年度申込期限と試験日を一覧にまとめたのでご確認ください。

従来の英検 CBT
試験回数 申込期間 試験日 試験回数 申込期間 試験日
1 3/13~4/28
(書店受付締切日:4/24、
書店申込書類の協会必着日:4/28)
1次:5/31
2次:6/28、7/5
1日目 2/12 13時~3/16 17時 4/19
コンビニ払い ~3/10 23時59分
2日目 3/9 13時~4/13 17時 5/17
コンビニ払い~4/7 23時59分
3日目 4/13 13時~5/18 17時 6/21
コンビニ払い~5/12 23時59分
4日目 5/18 13時~6/22 17時 7/23
コンビニ払い~6/16 23時59分
2 8/3~9/10
(書店受付締切日:9/4、
書店申込書類の協会必着日:9/8)
1次:10/11
2次:11/8、11/15
1日目 6/15 13時~7/20 17時 8/23
コンビニ払い~7/13 23時59分
2日目 7/6 13時~8/11 17時 9/13
コンビニ支払い~8/5 23時59分
3日目 8/11 13時~9/14 17時 10/18
コンビニ支払い~9/8 23時59分
4日目 8/24 13時~9/28 17時 11/1
コンビニ支払い~9/22 23時59分
3 11/20~12/10
(書店受付締切日:12/4、
書店申込書類の協会必着日:12/8)
1次:1/24
2次:2/21、2/28
未決定

おすすめの申し込み方法

色々な申し込み方法があることをお伝えしましたが、その中でも、特に忙しい方々にとって、もっともおすすめの方法は、時間を費やすことなく、申し込みから決済まで、すべてインターネット上で完了できる、英検CBTです。検定料も従来の英検より割安かつ各試験回が4日に分かれているので、スケジュール調整がしやすいというメリットもあります。

ただし、英検CBTの試験が行われるのは、全国15都道府県のみということ、受験可能な級が準1級、2級、準2級、3級の4つだけであることは考慮する必要があります。ご自分が受験する状況に合わせてご検討ください。

インターネットによる従来の英検の申し込みも、簡単でおすすめします。申し込みの前に、公益財団法人 日本英語検定協会の会員サイト「英ナビ!」の登録が必要ですが、SNS(LINE ID、Twitter ID、Facebook ID、パスナビID)のアカウントを使用して登録、ログインができるので、そのアカウントを使用すれば、簡単に申し込みから決済まで行うことが可能です。

2020年の英検の申込方法まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、英検の4つの申し込み方法についてご紹介しました。それぞれメリットとデメリットがありますが、重要なのは、期日内に申し込みを完了させ、無事受験することです。

ご自分のライフスタイルに合わせて、最良な方法で申込みを行い、合格にむけて、有効に時間を使っていきましょう!