真田広之の英語力や発音は本場でどう?英語勉強法の秘訣があるの?

The following two tabs change content below.

げんた

英語を学ぶことに制限は何もなく、全ては自分の情熱次第です。英語を通してどんな世界にも物怖じせずに飛び込み、世界を夢を人生を広げていきましょう。

若い世代の方の中には、真田広之さんをご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かつて、女性雑誌「anan」では「好きな男ランキング」1位に選出されたりもしました。

そんな真田広之さんの英語力発音は本場でどうなんでしょうか。

またハリウッドスターならではの英語勉強法が、参考になれればと思います。

真田広之さんの基本プロフィール

1960年10月12日生まれ
東京都 品川区出身

1990年に女優の手塚理美さんと結婚しました。それから7年後、離婚を経て現在は独身です。

真田広之さんの経歴・学歴

子役の頃から芸能界で活躍されています。
幼少期にスカウトされ、5歳で劇団ひまわりに入りました。

所属:ザ・リブラインターナル
最終学歴:日本大学藝術学部映画学科

1978年 映画のオーディションに合格し、芸能活動を本格的にスタートし、映画を中心に俳優として活躍しています。

芸能界へのスタートは、際立って目立つことがお膳立てされていたのではありません。

真田広之さんの出演ドラマ・映画


代表作は1993年にTBS系ドラマ「高校教師」で大ブレイクし、映画は「たそがれ清兵衛」「亡国のイージス」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」などです。

1980年に映画「忍者芸帖 百地三太夫」により、映画デビューを果たしました。

1982年には香港映画「龍の忍者」に出演し、このアクション俳優としてのワールドデビューがその後の活躍の分岐点となりました。

2003年の映画「ラストサムライ」ではトム・クルーズさんと共演し、みごとな剣士を演じました。

これ以降は海外に拠点を写し、ハリウッド映画を中心に活動しています。

イケメンでアクションもこなし、色気もある有名な真田広之さんです。

2017年「スリラー」では、外国かぶれではない、あくまで日本人らしさを失わずにその英語力を発揮します。

役柄について監督とも度々、英語で納得いくまで掛け合うこともあったそうです。

「紫綬褒章」を受賞

2018年秋、学問や芸術、スポーツで功績を残した人に贈られる「紫綬褒章」を受賞しました。

真田広之さんは決しておごることなく、冷静にまた熱く努力を重ね「国際派俳優」として今日の地位を築きあげました。

会見の中で真田広之さんは、「日本のよさを伝える作品のプロデューサーとしての仕事をしたい。後輩たちが世界的に活躍できるよう力にもなりたい。」と、熱く語られていました。

どこまでも謙虚ですが、真の熱さと渋さで多くのファンを魅了してしまう男の中の男と言えますね。

この受賞の時、真田広之さんはその手の甲に小さな傷がいくつもあったそうです。

なぜなら、真田広之さんは『新・半七捕物帳』というNHK時代劇に主演して、十手をもって戦うシーンを撮影していました。

短い十手で、長い刀を持つ相手の侍と戦ったりするのは、とても不利だし難しいです。

しかし、真田広之さんは、恐れることなく自分の手が傷ついても近づき戦いました。

世界を相手にする真田広之さん

ゲスト出演とレギュラー出演では格差がある海外の映画市場です。

そんな世界で真田広之さんはレギュラー出演を成しえた初の日本人です。

真田広之さんは英語力を武器に、ブレない日本人俳優としての誇りを忘れることがありません。

確固たるプライドは失わずに作品を選び、出逢えた一作一作を大事にされています。

真田広之さんは若い日本人が海外で活躍しやすい土壌作りをしながら、日々、勝負しています。

真田広之さんの2020年〜2021年の活動は?

サラリーマンから時代劇、そしてハリウッド映画ととどまることなく俳優業を謳歌していす。

しかもそれは、自分自身の努力と実力の結果であります。

いまや世界進出を果たし、海外に拠点を移し、あのハリウッドで日本人のトップスターです。

アクションやエキゾチックな演技力など大絶賛され、日本を代表するイケメン俳優として世界を舞台に躍進し続ける姿は、多くの方々に注目されています。

日本では演技をなかなか拝見できなくなってしまいました。

真面目な人格の真田広之さんが故に、常に様々なスキャンダルの的にもなってきた方でした。

人は生きていく人生の中で一言では説明しきれないことはあるものです。

精一杯生きようとすることでリスクを背負っていく本人の思いを非情にも中傷され、興味本位だけのスキャンダルにもさらされます。

そんな希薄なスキャンダルなんか無視して変わらぬ心意気で、世界中にその名を馳せ、夢と勇気で自由な真田広之さんの存在は変わらずにあってほしいです。

真田広之さんの英語力は?

真田広之さんは学生時代に英語をこれと言って勉強してきたわけでもなく、留学やインターナショナルスクールの経験もありません。

なんと 今現在の英語力は成人してから身につけたのです。

自分の力で積み上げてきた高い英語力を武器にアメリカ映画やドラマにも出演し、世界中に年齢層も幅広いファンに感動を与えて惹きつけています。

真田広之さんが培われてきたその英語能力は、本場でネイティブと仕事をこなすほどのレベルです。

また真田広之さんの英語の素晴らしいところは、とても上品な語彙で文法をも身につけ、正確に意思表示をしている点です。

リスニング能力

真田広之さんのリスニング能力もほぼ完璧です。

どんなインタビュアーからの質問にも、的を得て大変スムーズに返答しています。

さらに発音も美しく、違和感のない英語を話し、英語力は高いレベルだと言えます。

真田広之さんの発音はどう?

真田広之さんの英語で話されてるインタビューの動画です。↓↓

いかがでしょうか。

真田広之さんの英語は耳に心地よく、ソフトで物静かな発音ですよね。

これなら、海外の方が真田広之さんの英語に違和感を覚えることはないと高く評価されるのも納得です。

難語やスラングを多用はせずに、文法的には高校で学ぶレベルでしょう。

「週刊現代」2013年10月5日号の講談社に掲載された「有名人の英語力」ランキングで8位と賛辞を得ていました。

真田広之さん勉強法は?

真田広之さんは映画の作品ごとに、セリフを日々反復し習得しながら継続し、定着させて
いきました。

日本人だからしょうがないという妥協に絶対逃げ込まない覚悟です。

自分の理想を持ちそれに近づく努力を怠りません。

いかに日々の積み重ねが大切かですね。

きっと努力を重ね、ネイティブスピーカーからも称賛される英語力を身につけたのですね。

反復と継続

45歳のときに環境作りも仕事だと決心してロサンゼルスに引っ越しました。一度きりの人生、自分を信じるしかない。

何かを決めるときリスクもありますが、10年後を思った時、やりたいことに飛び込んだ自分と、飛び込むことすら諦めた自分、皆さんはどちらを選びますか。

作品ごとに真田広之さんはなりふり構わず、受験勉強のように、英語に反復と継続で全力投球です。

私は真田広之さんに、本気で取り組む熱意は英語力においても大事だと教えられました。

大変なことも含めて人生も英語も気合を入れて楽しんでいきましょう。

まとめ

素敵に歳を重ねていく真田広之さんの背景には、積み重ねて得た英語力という揺るがない武器が支えとなってきました。

日本からアメリカに移り、英語漬けにならざるを得ない環境での生活は英語が上達した理由の一つですが、英語についてストイックに「絶対やればできる!」の信念があったことは間違いありません。

英語が真田広之さんの人生を世界へとはばたかせたのです。人としての幅を広げたのです。

真田広之さんの人生観

人生を果敢に懸命に切り開き、世界を舞台に活躍する真田広之さんは現在こう考えます。

「年齢に抗うのではなく、心のシワをどう刻んでいくかが課題」

「人間としても俳優としても目の前にあること、今しかできないことをしっかり背負って立って生きていく」

「地に足をつけて生きていくことしかない」とじっくり語られます。

何事も努力をせずに一っ飛びに成功を手にいれられることはありません。

僅かながらでも自分に納得しながら、自分の英語に自分の在り方に自信をもって前に進んでいけたらいいです。

真田広之さんの挫折や困難にも屈せずに乗り越えられてきたその強みは、人生はもちろん、英語においても反復し継続してきた英語力だったと言っても過言ではありません。

真田広之さんの英語へのスタイルは、誰もが幾つになっても諦めることなく、勇気と本気で英語を学ぼうとする方の素敵なお手本になるはずです。

これからますます、国内外問わず大活躍されること期待大ですね。

約10年と15万人の会員実績のRIZAPのメソッドを継承したのがRIZAP ENGLISH!【30日間全額返金保証】
1回50分の無料体験を受ける
\RIZAP ENGLISHは30日間全額返金保証/
1回50分の無料体験を受ける