【セッションの体験談】ライザップイングリッシュで失敗する前に必読!RIZAP ENGLISH ONEの世界一くわしい体験記!?【2021年】

The following two tabs change content below.

高正熊生(編集長)

英語コーチングコンサルタントが運営する英語学習メディア「Profoundium English Media」の編集長のKumaoこと高正熊生です。

実際に英語コーチングの取材や受講をして英語コーチングを紹介しています。

<30代から英語学習開始→遠回りと挫折の繰り返し→TOEIC900→外資系勤務→海外勤務→起業→アメリカ在住>

編集長の詳しいプロフィールはこちら
ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)のセッションやシュクダイの体験談を読みたい。

RIZAP ENGLISH ONEの体験記を読みたい。

この記事では上記のお悩みをくわしい体験談で解決します。

結果にコミットする。」でおなじみのRIZAPのライザップメソッドを引き継ぐパーソナル英会話ジム「RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)」から、新プログラム「RIZAP ENGLISH ONE(ライザップイングリッシュワン)」が2020年11月よりスタートしました。

さらに、2021年4月1日より料金が変更になりお安くなってさらにお求めやすくなりました。↓

税抜税込
旧価格9,800円10,780円
新価格(2021年4月〜)9,000円9,900円

英語と筋トレ好きの筆者が実際にRIZAP ENGLISH ONEを受講しました!

いろんなライザップイングリッシュの体験談の記事がありますが、おそらくこの記事は

日本一「ライザップイングリッシュでどんなトレーニングやセッションをやるのか」を具体的に解説しているRIZAP ENGLISH ONEの体験談

 

の記事です。

このRIZAP ENGLISH ONEの体験談の記事でわかること

  • RIZAP ENGLISH ONEで受講生がやったこと
  • RIZAP ENGLISHの英語脳養成メソッド
  • 受講した本人が実感できた具体的な7つの効果

RIZAP ENGLISHが気になっている人はぜひこの「RIZAP ENGLISHでやることがまるっとわかる体験談」を参考にしてみてください。

RIZAP ENGLISH ONEの特徴

  • 英語脳養成メソッドをまるっと体験できる
  • 1日5時間の超短期学習(2日に分けることも可能)
  • トライしやすい9,900円(税込)
  • 今後の英語学習のロードマップを作ってもらえる
  • 英語分析テストを実施し、現在の弱点と強みを教えてくれる

英語の音が聞こえる実感・英語が話せる実感」を得ることができ、英語学習をするメリットや、英語ができるようになると見える未来の自分が見えるようになります。

 

RIZAP ENGLISH ONEがおすすめな人

  • 忙しくて英語学習ができていない
  • 英語学習の取り組み姿勢や気持ちを変えたい
  • 英語の目標達成への道筋を立ててほしい
  • RIZAP ENGLISHをまるっと体験してみたい

英語の勉強が思うように進めていないかたはこの機会に、RIZAP ENGLISH ONEを受講してみてはいかがでしょうか?

 

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験 /

目次

担当してくれたトレーナーについて

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【銀座店・新橋店のマネージャーの村上二南さん】

今回私のレッスンの担当をしてくださったのは、RIZAP ENGLISH 銀座店・新橋店のマネージャーの村上二南さんです。

短期間で結果にコミットできるRIZAPはスパルタという勝手なイメージがあったのですが、とてもフレンドリーな方でした。

的確な英語の指導に加え、細かい気遣いやコミュニケーションにおいての距離感が絶妙だったので、最後まで安心してトレーニングに集中することができました。

RIZAP ENGLISH ONEの受講の流れ

RIZAP ENGLISH ONEは、前半と後半にそれぞれ90分のセッションがあり、その間に2時間の自己学習の時間が設けられています。

RIZAP ENGLISH ONEの流れ

時間内容
前半セッション1.5時間
  • カウンセリング
  • 現状の英語力の確認
  • 学習方法の説明
自己学習2時間
  • シュクダイ
  • Cambly15分
後半セッション1.5時間
  • 学習のやりこみのチェック
  • 現状の英語力のフィードバック
  • RIZAP ENGLISH の説明

次からはそれぞれ順番に実施した内容について解説をします。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】カウンセリング

この体験談記事は実施した内容の順番で解説をしています。

まず最初は、実際に受けたカウンセリングの体験談からスタートです。

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEのカウンセリング】前半の90分のセッションの一番最初にカウンセリングを行います。

次のようなことについてヒアリングがありました。

カウンセリングで話した内容

  • TOEICのスコア
  • 英語学習の方法
  • 海外経験
  • 英語に興味を持ったきっかけ
  • 英語ができてよかったエピソード
  • 現在の英語の課題
村上さん

現在の英語の課題はありますか?

Kumao
言いたいことが口から出てこないことがあります。あとリーディングが苦手です。Netflixなどの映画も字幕なしで100%理解できるようになりたいですね。言語という面で、ネイティブと対当になりたいです。
村上さん

英語ができてよかったエピソードはありますか?

Kumao

いろんな国に行っていろんな国籍の人とコミュニケーションをとることで、日本にいるだけじゃ絶対知ることができないようなことが学べたり、外国人の友人を作ることができたり、海外の冒険を楽しめることですね。そんなワクワクを体験できるのが、英語の醍醐味だと思います。

英語ができるメリットとは?

今回のRIZAP ENGLISH ONEを受講してみて、これまで英語コーチングの取材をしてきた人たちの話や自分の経験をふまえて英語ができるメリットについて少し考えてみました。

英語が話せると単純にかっこいい、と思われるのは事実です。

でもそれだけじゃなく、英語ができることで自身の自己肯定感につながり、内側からの大きな自信につながります。

外資系企業の国際的な環境で働いたり、海外勤務など英語というツールを使って世界を舞台に活躍することができるようになると、ビジネスチャンスや視野も広がります。

英語ができると芋づる式に英語に紐づく悩みや不安がなくなり、海外旅行もずっと楽しいですし、人生のスタンダードが上がるため心に余裕ができて人に優しくできるようになりったりします。

RIZAP ENGLISH ONEは、英語という無限の可能性のトビラを開けるきっかけになると思います。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】英語力のアセスメントテスト

次に英語力を確認するためのテストを受けました。

英語力診断テストは次の3項目に別れていました。

RIZAP ENGLISH ONEの英語力診断テストの内容

  1. スピーキング
  2. リスニング
  3. コミュニケーション

スピーキングのテスト

スピーキングのテストは中学英文法を用いた英作文なので割と簡単でした

スピーキングのテスト内容

トレーナーが日本語を読み上げるので、それを英作文にして英語で話す。時間は3分で、全部で10問。

スピーキングのテストでは、トレーナーの方が3分のカウントダウンのタイマーを持って時間を計測してくれます。

自分の場合は1分28秒を残して終了しました。

村上さん

このテストで使用されている英文法は中学1年生から中学生3年生で習う内容です。

Kumaoさんの場合、基礎の英文法は問題ないですね。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

リスニングのテスト

リスニングテストは最後の3問が難しくて上手く聞き取れなかったです

リスニングのテスト内容

英語の音声が流れるので、聞いた英文をリピーティングして、その日本語訳を続けて言う。全部で10問。

リスニングのテストでは、英語の音声を流してくれるのでその英語の文章を聞き終わったら、同じ英語の文章をリピートします。

最初は日常会話的な内容で簡単でしたが、最後の3問はTOEICで出てくるようなビジネス系な内容だったので間違いや聞きのがしがでてきました。

最後の3問だけは、トレーナーが読み上げてくれて、ピンポイントでリスニングで聞き取れていない箇所を理解できるまで一緒にチェックしてくれました。

自分の場合、今まで聞き取れない英語があっても今まで指摘してくれる人がいないし、自分ひとりで振り返るようなことはなかったので、いつまでたっても聞き取れない英語は聞き取れないままでした。

RIZAP ENGLISH ONEではどの箇所が聞き取れていないのかをピンポイントで教えてくれたので、そのヒントをもとに意識してもう一度聞くようにすると、「あ、なるほど。こう言ってたのか。」とすぐに理解できました。

自分が今までやってきた独学がいかに非効率なのかがよくわかりました。

トレーナーとマンツーマンで教えてもらいながらの効率的な学習のスピード感はRIZAP ENGLISHの大きなメリットだと強く感じました。

村上さん

発音がすごくキレイですね。素晴らしいです。

ご自身で発話できない音が聞こえない音になってしまいますので、Kumaoさんは発音がキレイなのでリスニングの伸びにすごく期待できますね。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

コミュニケーションのテスト

言いたいことが口から即座に出てこなかったのでスラスラ英語を発話できるようになりたいですね

コミュニケーションのテストの内容

トレーナーが質問を投げかけるので、それに対してなるべく会話のキャッチボールが続くように英会話をする。

最後の3つ目のテストは、トレーナーが質問を投げかけるのでそれに対して答えていきます。

このときに、なるべく英会話が続くように意識をして話します。

村上さん

文法的な間違いがとても少ないですね。

発話に関しては、正しい文法で理解できる文章がスラスラとでてきているので、あとは知識や使える表現を増やすことで伝えられることも表現力もどんどん増えていきますので、今日はそこを一緒にやっていきましょう。

さすが結果にコミットのライザップ、「一緒にやっていきましょう」と言ってもらうだけで、頼もしく感じました。

結果にコミットできるライザップイングリッシュのトレーナーの高い質のひとつ「寄り添い導き力」を実感しました。

この3つのテストの結果は、後半のセッションでグラフで表示して解説をしてくれます。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】RIZAP ENGLISHの学習方法の説明

ライザップイングリッシュで行う英語学習について教えてもらいました。

英語脳とは

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEの英語脳の解説】
英語脳について丁寧に解説してもらえました

上記の画像で示されているとおり、たとえばアポーという音が聞いたときに、りんごのイメージがつくまでに脳内では「アポー→apple→りんご→りんごのイメージ」といった順序をたどっています。

これを何度も反復で繰り返すことにより、「アポー→りんごのイメージ」に瞬時に理解できるのが英語脳になります。

3つの主軸のRIZAP ENGLISH メソッドとは?

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEの英語脳養成トレーニングの解説】

ライザップイングリッシュの英語脳養成メソッドでは、次の3つを主軸にしています。

RIZAP ENGLISHの3つの主軸のメソッド

  • 6STEPS
  • クイックレスポンス
  • 実践スピーキング

RIZAP ENGLISH ONEでは、上記の3つのトレーニングメソッドをひととおりまるっと体験することができます。

今回RIZAP ENGLISH ONEを受講するにあたって楽しみだったのが、シャドーイングやクイックレスポンスなどの英語脳養成メソッドを全てまるっと体験できることです。

なぜなら、英語脳養成メソッドのような第二言語学習特論に基づいた正しい英語学習を学んだことがなかったからです。

そのためどの英語学習トレーニングも楽しめました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

6ステップス

この6ステップスの体験談は日本一具体的にくわしく書かれていると思います。

RIZAP ENGLISHのトレーニングのコアの部分ですので、ぜひじっくり読んでみてください。

6STEPSでは、全体的な英語脳の養成・リスニングの強化をすることができます。

それぞれの目的は以下のとおりです。

ステップトレーニング名目的
1ディクテーション聞こえない音や聞き取りが苦手な音の洗い出し
2スラッシュリーディングスラッシュごとに英語の語順で前から正確に英訳する

結果的に英文を100%理解する

3オーバーラッピング聞こえない音を音読で「言える=聞こえる」ようにする

英語独特のリズム・抑揚・ポーズ・アクセント・発音を習得する

4意味音読英語を日本語を介さずに理解できるようになる

英語のスピードを身につける

5シャドーイング音声のスピードと質を真似することで音の理解・意味の理解・音声化を同時に行いリスニングとスピーキングの療法を鍛える
6リピーティング音声のスピードと質を完全再現することで、リスニングの強化と短期記憶の強化をする

上記英語トレーニングを実際に正しいやり方でできているかどうかをチェックしてもらった人はなかなかいないのではないでしょうか?

一人ではできないことですので、RIZAP ENGLISH ONEを受講したことで、6STEPSの各英語トレーニングの正しいやり方をプロの指導のもと学べたのは個人的に大きな収穫でした。

この6STEPSは教えてもらえるだけでなく、それぞれのトレーニングについて詳細なやり方が書かれているトレーニングマニュアルももらえますので、セッションが終わった後も正しいやり方をしっかり実践していくことができます。

次からは、それぞれのトレーニングで実際にやったことを元にやり方を解説していきます。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

STEP1:ディクテーション

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでのディクテーション】
黄色いマーカーの部分がリピーティングできなかった箇所

ディクテーションの目的は、聞こえない音を洗い出すことです。

今回は以下の手順でディクテーションをやりました。

ディクテーションでやったこと

  1. 少しずつ英語で音声を流す
  2. リピーティングをする
  3. トレーナーがリピートできなかった箇所(聞こえなかった音)をマーカーで引いてくれる

音声が早いのでうまく聞き取れなかった場合には、リピーティングの一部を再現することができません。

そこが、リスニングできていない箇所(聞こえていない音)となります。

私の場合、接続詞や冠詞で一部リピーティングできない箇所がありました。

RIZAP ENGLISH ONEではトレーナーの方が音声を少しずつ再生してくれるので、それをリピーティングするだけです。

そのあいだ、リピーティングできていなかったところをマーカーを引いてチェックしてくれるので、音の洗い出しのディクテーションはたったの3分ほどで完了しました。

ディクテーションはまだ英語を学ぶステップではなく、聞こえない音を洗い出すの目的なので、早く終えられるに越したことはないそうです。

ディクテーションを一人でやっていると、もっと時間がかかってますのでRIZAP ENGLISH ONEでいかに時間効率よく学べるのかを実感できました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

STEP2:スラッシュリーディング

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでのスラッシュリーディング】
意味のかたまりをスラッシュで区切っています

スラッシュリーディングの目的は、英語の語順で前から正しく英訳することができるようになり、文章を100%理解できるようにすることです。

スラッシュリーディングでやったこと

  1. 一文ずつ意味のかたまりごとに英文にスラッシュを引く
  2. スラッシュごとに前から意味を英訳する
  3. 最後に通しで前から英語の語順で意味を音読する

自分がやったのは上記の流れになりますが、どのステップにおいてもトレーナーの方からそのつど意味の解説やフィードバックをもらいながらですので、非常に効率がよくて勉強になりました。

スラッシュリーディングで意味のかたまりごとに英訳するときに、てにをは(「~は、~を、」などの助詞の総称)を入れるのが重要です。

to不定詞の意味を理解しているかのチェックもあったので英文法の勉強にもなりました。

前置詞や接続詞、to不定詞の前で区切ると英訳しやすくなるそうです。

自分はリーディングが苦手で読むのが遅いんですが、スラッシュリーディングで前から意味を訳していくトレーニングをすることで英文が早く読めるようになる、意味が100%理解できるようになる、というのがよく理解できました。

村上さん

スラッシュリーディングの場合は、ペンで追っていただいてスラッシュの間の文章の中で意味を戻って訳すことになった場合は、さらに細かく区切ります。

逆に、意味のカタマリが訳しにくい箇所などはスラッシュを広げても大丈夫です。

To 不定詞の意味もしっかりと訳せていますし、てにをはも入っていて素晴らしいです。

中学校の英文法が身についていない人にはSVOを書き込んでもらうこともありますが、自分が前から訳しやすいようにスラッシュで意味のカタマリは区切ればいいので、区切る場所に正解はないとのことです。

RIZAP ENGLISH ONEのセッションの途中に何度も質問することができ、即回答してもらえたので英語学習におけるいろんな疑問を解決できました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

STEP3:オーバーラッピング

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでのオーバーラッピング】
iPadで再生してオーバーラッピングをしました

オーバーラッピングでやったこと

  1. 英語の音声を流す
  2. 音声と同時に音読をする(英文は見てOK)

ここでは事前にいただいていた音声ファイルを流して、オーバーラッピングをしました。

村上さん

発音がとてもキレイですね。

音もテンポもすごくよかったです。

Kumaoさんは発音がキレイなので、聞こえない音がとても少ないです。

STEP4:意味音読

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでの意味音読】
意味をカタマリごと理解してから読み進めるので時間がかかりました

意味音読でやったこと

スラッシュごと(意味のかたまりごと)に、その意味をイメージしながら音読をする。

スラッシュのかたまりごとに、ちゃんと意味が理解できているかを確認しながら音読をすると、音読するスピードがかなりゆっくりになりました。

村上さん

意味をしっかりイメージして読んでいたのがよく伝わりました。

シュクダイであと15回やりましょう。

スラスラと意味をイメージしながら音源と同じくらいのスピードで音読できるようになるのがゴールです。

今まで意味のカタマリごとにしっかりと理解しながら英文を読んだことがありませんでしたが、だからリーディングが苦手だったのでしょう。

以前通った英語学校では、テクニック的な速読を推奨していました。

しかし、意味を理解して速読するというトレーニングも効果的であることが分かりました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

STEP5:シャドーイング

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでのシャドーイング】
シャドーイングは文章は見ないで音だけに頼ります

シャドーイングでやったこと

  1. 英語の音声を流す
  2. 音声の0.5秒後を追いかけて音読する(音のみに頼る、英文は見ない)
  3. トレーナーのフィードバックをもらう

シャドーイングに関しては4箇所ほど、音の変化が起きている部分が聞き取れてなかったり、追いついて言っていない部分がありました。

例えば、「because I think…」だと、「because I」の部分の発音が、「ビコーザイ」になったり、「problems in the…」の「problems in」の部分の発音が、「プロブレムジン」になったりした箇所が抜けてました。

できてなかった箇所をピンポイントで教えてくれて、その理由も解説してくれるのでとてもわかりやすく、「なるほど~、そういうことだったのか!」と納得感があり、長年の謎が解けて目からウロコでした。

個人的に、キレイな発音にあこがれるタイプなので、トレーナーにフィードバックをもらいながら行う発音や音の変化を学ぶ系トレーニングは特に楽しめました。

村上さん

まだシュクダイをやってないのでもう少し難しく感じるのかと思ったのですが、発音もとてもキレイでとても上手にできていました。

シュクダイのシャドーイングは15回お願いします。

最終的に100%ついていける状態になるのがゴールです。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

STEP6:リピーティング

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでのリピーティング】

リピーティングの目的は、音声のスピードと質を再現することでリスニング力の強化と短期記憶の強化をすることです。

リピーティングのやり方

  1. 1文章を聞いてそれをオウム返しをする
  2. 極力3回以内に完ぺきに文を再現するようにする
  3. 短い文章が再現できるようになったら、少しずつ長い文章をリピーティングができるように鍛えていく

リピーティングとは、音声を聞いた後にそのまま再現するのがポイントで、単語を飛ばしたり入れ替えたりし得てはいけないので、「聞く」「発音する」に加え「情景をイメージ」したうえで「情報を保持する力」まで強化できる、とても負荷の高いトレーニングになっています。

例えば、英語の会議などでそのときは理解できていたつもりでも、あとでどんなことを言っていたかと聞かれるとと思い出せなかったりします。

これは第二言語である英語は母国語の日本語に比べて脳に残る時間が短いからだそうです。

記憶に長い間留めるには筋トレのようなトレーニングしかなくて、その記憶力を鍛えるのがリピーティングだそうです。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】クイックレスポンス

英語脳養成トレーニングの3柱の1つ、クイックレスポンスの体験談です!

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでのクイックレスポンス】
クイックレスポンスでも一文ごと毎回フィードバックを丁寧にもらえるので学びが多かったです

クイックレスポンスでやったこと

  1. 日本語文を見て英訳して音読
  2. 英文を見ながら5回音読する(状況をイメージして感情を込める)
  3. 日本語分を見て英訳を5回暗唱する
  4. トレーナーが読む日本語の文章を即座に英訳して言う

自分のように英語で言いたいことがなかなか口からでてこない人は多いと思います。

それにはいくつか理由があるのですが、一番多いのが英訳しようとする最初の日本語文がとてもむずかしい、という理由だそうです。

母国語ではない英語はもともと知識量が少ないのに、難しすぎる日本語文を訳そうとするので、つまってしまうことになるそうです。

そのため、クイックレスポンスでは日本語をまず一回シンプルにするというステップを踏み、シンプルにした日本語を瞬時に英語にするトレーニングを行っていきます。

クイックレスポンスもその都度できていないところに対してピンポイントで指摘してくれて、できていない理由や意味の解説といったフィードバックを教えてくれるので効率的にたくさんのことが学べました。

ライザップイングリッシュで教えてもらうのと自己流の勉強では、時間効率も効果も月とスッポンですね。

村上さん

クイックレスポンスでは、しっかりとその文章で英語を使って話している状況をイメージして、感情を込めて音読や暗唱をすることがとても重要です。

今回のクイックレスポンスのシュクダイは20文章です。

20文章をスラスラと英訳できるようになるのがゴールです。

シュクダイの場合、クイックレスポンスは以下のやり方でやります。

クイックレスポンスのシュクダイのやり方

  1. 英文を見ながら5回音読
  2. 日本語文を見ながら英訳を5回暗唱
  3. 1~20の文章を通しで英訳する
  4. つまったところや間違えたところにチェックを入れる
  5. チェックを入れたところをもう一度ステップ1から行い、最終的に通しで全て英訳の暗唱ができるようにする

クイックレスポンスの例文を純ネイティブに聞いてみた

ここでひとつ、例題をご紹介します。

次の文章を英訳してみてください。

電気が作動していないので、私達はそのイベントを中止にしなければならないでしょう。

何と訳しましたか?

自分はこう英訳しました。

「We have to stop the event because the electlicity is not working.」

おそらく日本人は、私の英訳のように「電気」は英語で「electlicity」と学んでいるのではないでしょうか?

しかし、ライザップイングリッシュのクイックレスポンスでは「power」という訳し方をしていました。

ちなみに、上記の文に関してクイックレスポンスでは

As the power isn’t working, we will have to cancel the event.

となっていました。

今この記事を書きながらふと「stop」と「cancel」ってどう違うの?という疑問が生まれたので、一緒に住んでいる純アメリカ人のネイティブに聞きました。

すると、「stop」は今イベントをやっている場合。「cancel」はまだイベントが始まっていない場合、だそうです。

また、普通「electlicity」ではなく「power」を使うとのことです。

自分が作った英訳は日常会話で使うことはなく、ライザップイングリッシュのクイックレスポンスの英文が、ネイティブがナチュラルに使う言い回しだと言ってました。

全部で20個のクイックレスポンスの文章がありましたので、いろんな言い回しが学べました。

海外に住んでいるため、クイックレスポンスで学んだ英文を早速使っています。

オンライン英会話のなかでもCamblyは講師がネイティブなので、日本にいるかたはCamblyを使えばネイティブ相手に毎日アウトプットすることができます。

今はコロナ禍ということもあって、海外に住んでいても英語を話す機会は意外と少ないので、意識的にアウトプットする時間を作るのは重要だと思いました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】実践スピーキング

 ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の体験談【RIZAP ENGLISH ONEでの実践スピーキング】
実践スピーキングではCamblyを使います

実践スピーキングでやったこと

  1. 実践スピーキングシュクダイのやり方の説明を受ける
  2. Camblyの無料体験レッスンの登録

実践スピーキングではCamblyを使ってネイティブ講師との英会話を行います。

ここでは、実践スピーキングのシュクダイのやり方の説明を受けたあと、そのまま一緒にCamblyに無料体験レッスンの登録をしました。

登録はメールアドレスだけでOKです。

本コースを受講すると、受講する前にネイティブ講師を選択することができます。

今回は体験レッスンだったので「15分間の体験レッスンを開始」というボタンを押すと、すぐにネイティブ講師が登場してレッスン開始となりました。

びっくりする人も多いようなので、しっかりと準備してからスタートしましょう。

私が今回Camblyで実施したのはネイティブ講師にスピーチの添削をしてもらうことでした。

その伝え方については、トレーナーがアドバイスをしてくれるので安心して受講することができます。

村上さん

実践スピーキングのシュクダイは、準備と、Camblyの15分と、そのあとのブラッシュアップでだいたい30分となります。

Kumaoさんの英語力であればマニュアルの例文を見なくても伝わるので見ないでやってみてください。

Camblyを使った英会話は、シュクダイの一部としてやります。

実践スピーキングのシュクダイのトピックは自己紹介でした。

実践スピーキングのシュクダイでやったこと

  1. 自己紹介で話す内容を決める
  2. Camblyで自己紹介を添削してもらう
  3. Camblyでもらったフィードバックをもとに自己紹介をブラッシュアップする。
  4. トレーナーの前で2分の自己紹介を披露する

ここまでで1.5時間の前半のセッションが終了です。

このあとは、シュクダイをやる時間(2時間)になります。

しかし、自分はアメリカに住んでいるためシュクダイが終わるのが夜中を過ぎてしまいます。

5時間続けて受けたかったのですが、すでに一日の終りで疲れているうえ、夜中をすぎてまで続けると集中力が持続せず生産的な時間にならないと思いました。

そのため、今回は新たに2回目のセッションを予約して終了となり、2日後に2回目のセッションを受けるように日時を変更していただきました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】シュクダイ

RIZAP ENGLISH ONEでの英語の勉強は楽しかったです

シュクダイの内容

自分に出されたシュクダイは次の通りです。

Kumaoのシュクダイ

  • オーバーラッピング5回
  • 意味音読15回
  • シャドーイング15回
  • クイックレスポンス20文章
  • 2分の自己紹介の準備

RIZAP ENGLISH ONEのカリキュラムのシュクダイに割り当てられている2時間ですので、2時間で終わるように設計されています。

村上さん

Kumaoさんのシュクダイはだいたい

  • 自己紹介の準備:30分
  • クイックレスポンス:30分
  • オーバーラッピング・意味音読・シャドーイング:1時間

で終わると思いますので、がんばってくださいね。

シュクダイを開始

独学だとやる気ゼロ、でもトレーナーに披露するとなるとがんばれました

本来RIZAP ENGLISH ONEは1回5時間で全て連続してやります。

しかし、自分は2回目のセッションは2日後にしてもらったので、2回目のセッションがある日にシュクダイをすることにしました。

いざやってみると時間がかかってしまって2時間オーバーしました。

これは、1回目のセッションの後すぐに復習もシュクダイも手をつけないまま2日後になってやってしまったからだと考えます。

なぜなら学んだことが結構抜け落ちていたので、シュクダイの前提知識から復習する必要がでてきていたからです。

トレーナーの村上さんをがっかりさせたくないという思いもあってがんばってみたのですが、タイムマネジメントがよくなかったので満足できるほどやれないままタイムオーバーとなりました。

Camblyの講師に自己紹介を披露してフィードバックをもらいます

2回目のセッション開始ギリギリにCamblyを受けることになって、Zoomやパソコンの準備もやらなければならなかったため、自分で自己紹介をブラッシュアップする時間がありませんでした。

私は学校に通ったり自分以外のだれかが関わることで責任が生じると一気にやる気が100%でるのですが、独学になったとったんキレイにやる気が0%になります。

そのため、このシュクダイをだれに見せるわけでもなかったら間違いなくちゃんとやらなかったと思います。

今回はトレーナーの方にシュクダイの成果を披露しなくてはならない、という強制力が見事に働きやる気がでてやりきりました。

いつもは時間なんて気にしないのに、何時からセッションが始まると常に意識していることで緊張感も続いていましたね。

RIZAP ENGLISHで学習するとこの「強制力」が発生してやる気がでることを実際にやってみて実感できました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】2回目のセッション

2回目のセッションでは以下のような流れで進みました。

2回目のセッションでやったこと

  • シュクダイの感想や英語力の変化についてヒアリング
  • シュクダイの成果のチェックテストとフィードバック
  • 1回目のテスト結果の分析シートの解説
  • 今後の勉強のロードマップの解説
  • 質疑応答
  • RIZAP ENGLISHの説明

2回目のセッションも内容が盛りだくさんで学べることが多いです。

村上さん

自己学習はいかがでしたか?シュクダイできましたか?

Kumao
勉強自体久しぶりだったので、めっちゃ疲れました。(笑)でも、一応全部やりました。
村上さん

1回目のセッションとシュクダイを終えてみて、何かご自身の英語力で新しい発見などはありましたか?

Kumao

久しぶりの英語学習でしたが、英語力を向上させるためにずっとやってみたかったトレーニングばかりでしたので、やっていて楽しかったです。

ピンポイントで自分の弱点のフィードバックをもらって正しいやり方を教えてもらったので、とても効率的に学習できました。短い時間ですが英語をたくさん話して、流暢になったと感じています。このトレーニングを続けていけば確実に英語力は伸びると実感できました。

英語を学ぶ楽しさを取り戻せたと同時に、久しぶりに褒められたので「やればできる」という自信がつきました。

ライザップイングリッシュではちゃんと褒めてくれるので、最近褒められることがなくなっていた自分にとってはモチベーションになりました。

何度も「Very good!」と褒めていただきました。

ライザップイングリッシュでは「人を教える・励ます・相手の立場を考えられる」スキルを持っていることも重視して採用しています。

実際今回担当していただいたトレーナーの村上さんはコミュニケーションも上手で話しやすく、上記全てを兼ね備えていると感じました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

シャドーイングのテスト

練習の成果が見せれず残念でしたが、実はそのおかげでさらに学べました

シュクダイの成果を披露するときは、いいとこ見せたいと正直思いましたね。

自分がそう思った理由はなぜなのかを分析してみると以下のような理由があると思います。

チェックテストがモチベになる理由を考えてみた

  • お金を払って成長していないと意味がない
  • 褒められたい→自己承認欲求
  • 自分に負けたくない
  • せっかく教えてもらったのにがっかりさせたくない
  • やってないと思われたくない

きっとこういうのがバネになったり、モチベになるんだと思います。

で結果はというと、練習の成果が思うようにでませんでした。

練習では100%シャドーイングできてたのに、悔しかったです。

でも結果オーライで、もらえたフィードバックがとても学びになったのでピークを見せるよりよかったのかもしれません。

村上さん

シャドーイングはヘッドホンをつけて行いましょう。そのときに自分の声を録音しておけば、あとで聞き直してどこができていないのかを知ることができます。

シャドーイングのFBの一部をご紹介

発音にこだわる自分がうけたシャドーイングのフィードバックが目からウロコだったので一部ご紹介します。

今回シャドーイングした文章の一部に「and not」があるのですが、このときはこれら2語の間の音がつながって、「エンノッ」になるそうです。

「d」と「t」は発音するもんだと思ってましたので、自分の中では大きな学びでした。

もうひとつ紹介すると「to real」の「to」は丁寧に「トゥ」と発音せず、次の単語の前に「タ」がくるようなイメージ、なのでそうです。

カタカナで発音を書いてみると「タリアル」といった感じになりますね。

これも大きな発見でした。

この発音でやってみたところ、よりネイティブっぽくなりました。

村上さん

英語は音のつながりや、音が消えるなど、音の変化が多い言語です。

普通のスピードだと音の変化がわかりくい場合は、英語の音声の速度を落としてやると音の変化がわかりやすくなります。

まずは英語の音声の速度を落として音の変化を理解していただき、そのあとに口になじませていきましょう。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

意味音読のテスト

1日目でやったことを忘れてしまっている部分があったので、反復・復習の大切さがよくわかりましたね

次の意味音読は次の3つのチェックテストをしました。

意味音読のテストでやったこと

  • スラッシュごとに前から英語を訳していく
  • トレーナーが言う英文の意味を次々に日本語訳を答える
  • トレーナーの方が言う日本語の英訳を答える

スラッシュごとに前から意味を訳していくパートも練習でできたほどできませんでしたので、いくつか修正がありました。

しかし、単語やフレーズは100%覚えていて口頭日本語訳と口頭英作文は全部訳せました。

最後にこの6STEPSのシュクダイに関してのフィードバックをもらえました。

村上さん

シャドーイングは発音がとてもキレイで素晴らしかったです。

6STEPSはもう少し音読をしていただければ、スムーズにできるようになっていきます。

このトレーニングをすることで、リスニングの強化につながります。

クイックレスポンスのテスト

クイックレスポンスで感情を込めて演じています(笑)

クイックレスポンスはかなり練習したのと、英文自体はそんなに難しいものではないので自信がありました。

日本語訳を瞬時に英文にするクイックレスポンスは、情景をイメージし、感情を込めて実際にそのフレーズを使っているように話すのが大切なポイントです。

練習では情景をイメージして写真に向かって感情を込めて演技をして、何度も練習をしましたが、実際これが正しいクイックレスポンスの練習方法だそうです。

上記画像のように、本番のカメラの前でもジェスチャーを加えながら見事に演じきれました。

ここでも発音を修正してもらいました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

実践スピーキングのシュクダイの披露

とにかくジェスチャーが多いのが私が英語をはなすときの特徴です(笑)

最後は、実践スピーキングのシュクダイの成果の披露です。

Camblyで添削してもらった自己紹介をブラッシュアップしたものを披露します。

時間がなかったので、Camblyのネイティブ講師にもらったフィードバックを活かしたブラッシュアップがほとんどできないままでした。

沈黙を避けたかったので、自己紹介の途中から話しやすい別トピックに話題を変えて2分を完走しました。

英会話をするときにジェスチャーがよく出ていることを、今回村上トレーナーに教えてもらえたのは新しい発見でした。

伝えたい気持ちが相手によくわかるので、ジェスチャーは良いポイントだそうです。

スピーチが終わると、その内容をチャットで文字にして見せてくれ、スピーチの内容に対してフィードバックをくれました。

村上さん

In terms of the wheather など、使い方を理解していないと出てこない言い回しが使えていたので素晴らしいです。

全体的にすごくよかったです。

そのあと、Camblyの先生とどのようなやりとりをしたのかについて聞いてくれるので、それに対するアドバイスやフィードバックをもらえました。

実践スピーキングのPDCAの回し方

  1. トレーナーがテーマを決める(スピーチやインタビューなど)
  2. 自分でそのテーマについて話す内容をまとめる
  3. Camblyで発表する
  4. Camblyの先生から課題やフィードバックがもらえる
  5. フィードバックをもとに、ブラッシュアップしてよりよくする
  6. トレーナーに発表してフィードバックをもらう

本コースでは、このCamblyを1日1回30分で週5回行いますので、かなりの頻度でネイティブと会話する機会があると言えるでしょう。

オンライン英会話の注意点としては、ただのフリートークで終わらないようにすることだそうです。

ひとりでやるとテーマを考えることも必要になりますが、本コースでは毎回トレーナーの方がテーマを決めてくれるので、それに対して自分でスピーチを作っていくだけでOKです。

実践スピーキングでは、毎回テーマを決めてそれについて英語で考えて英語で話すこと、そして週5日やるなかで今日言えなかったことを明日言えるようにしていくことが大切なのだそうです。

トレーナーとのセッションが週2回、Camblyの先生とのセッションが週5日ですが、トレーナーへの毎日のメールやLINEでの報告でもPDCAを回すことが出来るようになっています。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】RIZAP ENGLISHの説明

RIZAP ENGLISHの本コースの内容についての説明をしていただきました。

受講形態と営業時間について

RIZAP ENGLISH ONE(ライザップイングリッシュワン)の受講形態はオンラインのみです。

ライザップイングリッシュの本コースにおいては、ライザップイングリッシュでは対面とオンラインの2つの受講形態があります。

本コースの受講者の割合的には対面とオンライン半々で、今週は対面・来週はオンラインなど、切り替えている方が多いそうです。

ライザップイングリッシュでセッションが受けられる営業時間は7時から23時と朝早くから夜遅くまでやっているので、ビジネスパーソンにとっては受けやすいと思います。

※2020年1月時点、緊急事態宣言を受けて夜20:00以降はオンラインのみです。

また、英語力はスコアがないため成長を実感しにくいものですが、ライザップイングリッシュでは、Versantと独自のアセスメントテストを使って、英会話の成長を数値化しているので、モチベーションにつながります。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

サポートについて

ライザップイングリッシュのトレーナーは基本的に全員日本人の専属トレーナーとなっており、完全マンツーマン指導です。

また、メールで毎日トレーナーに学習の進捗報告を行い、担当トレーナーのフィードバックのサポートも行います。 (※トレーナーの公休日等は除きます)

現在、ライザップイングリッシュはLINEでのサポートも開始しています。

個人的にメールは「件名・あいさつ・名乗り・締めのことば」などの入力が必要ですし、それを考えるだけで意志力を浪費すると思っています。

行動科学的に毎日行う作業ならなおさら、何にしても作業開始のハードルは低ければ低いほどいいです。

他社のコーチング英会話ではメールしか対応していないところもありますが、ライザップイングリッシュがLINEのチャットによる毎日の報告に対応しているのはうれしいポイントだと思います。

何時に勉強を開始する、という報告をスタンプ1つ送って済ませるといった使い方をすることで、モチベーションの維持や学習の管理がしやすくなっているそうです。

1日のスケジュール

ライザップイングリッシュでは基本的に毎日2時間から3時間の学習を行います。

人間の記憶は時間がたつと忘れてしまうので、1日の中でもこまめに反復することが重要だそうです。

そのため、ライザップイングリッシュでは一度に2時間や3時間の時間で勉強するのではなく、時間を小分けにしてスキマ時間で1日何回も勉強にふれることができるような1日の学習スケジュールをトレーナーと一緒に立てます。

【体験談】自分の現在の英語レベルを教えてもらいました

CEFR-JやVersantでどのくらい?

左のCEFR-Jレベルが1つ上がるのに約3ヶ月かかるそうです

上記の左にCEFR-JレベルとVersanのスコアが書かれていますが、自分の場合は「A2.2の中の上級」くらいにいるそうです。

そのため、自分の場合はライザップイングリッシュで3ヶ月勉強すればB1.1からB1.2のあいだくらいにいけるみたいです。

ということは、自分の場合1年やればライザップイングリッシュの中の最高レベルにいけてしまいますね。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

英語力診断テストの分析結果は?

Kumao(高正熊生)のテスト結果

続いては、英語力診断テストの分析結果を数値とグラフで見せていただきながら、課題点や良かった点について丁寧に教えてもらいました。

村上さん

基礎文法は、すごくよかったです。(満点)

レスポンスタイムは、もう少し瞬時にでてくるようになると良いですね。

発音や流暢さもとてもよかったです。

引き続き6STEPSやクイックレスポンスで練習すれば5になります。

リスニングは、長い文章や早い文章だとリピーティングができなかったり、意味が抜けていましたが、6STEPSを行うことでどんどん強化できます。

コミュニケーションについては、英会話のキャッチボール、聞き返したり新しい質問をしたり出来るようになるといいですね。

感情を込めるか込めないかで伝わるか伝わらないかが全然違うのですが、Kumaoさんの英語の一番いいところは感情を込めて英語が話せるところですね。

ジェスチャーもあって、伝えたい気持ちが伝わってきました。

ひとつ気になった点としては視点がキョロキョロしていて、視点が定まっていないところがありました。

視点が定まっていないと集中してない、聞いていないと思われます。

また、目をみないと自信がなさそうに見えますし、外国人は特に気にします。

これはCamblyで練習すればすぐになおります。

自分の英会話について細かいフィードバックをもらえたので、自分の英会話における課題がよくわかりました。

また自分の英会話について、弱点だけではなく強みも教えてくれたのがよかったですね。

英語で話すための前提である、そもそものコミュニケーションスキルに関しても、細かくフィードバックをもらえたのでとても勉強になりました。

このあとちょうど、アメリカ人ネイティブへの英語のインタビューがありましたが、早速RIZAP ENGLISH ONEでいただいたフィードバックを活かし、視点を定めてどっしり構えてのぞむことができました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

今後のロードマップ

Kumao(高正熊生)の英語学習のロードマップ

自分はまだまだ日常英会話がペラペラでるほどの英語力がないと感じているので、短期の目標は「海外での日常英会話がスラスラでてくるようになること」に設定していただきました。

3ヶ月RIZAP ENGLISHで学べば「日常英会話がスラスラでる状態」達成できるとのことですが、そんな短期間で日常英会話がペラペラ話せているのであればすごいです。

しかし今回RIZAP ENGLISH ONEを受講してライザップイングリッシュが短期間で結果にコミットできる理由がわかったので、3ヶ月後に日常英会話がペラペラになっている自分をイメージすることができました。

長期目標は、英語の目標の鉄板「映画を字幕なしで見れるようになる」です。

しかし、実はこれは最も達成するのが難しい目標のひとつだそうです。

ネイティブでもついていけない映画がいくらでもあるそうで、比較的理解しやすいのが、ラブコメ系や日常生活系のフレンズやフルハウスだそうです。

ここでも新しい発見があったのですが、だいたい3週間位で毎日3時間の英語学習の習慣が身につくそうです。

習慣化させることが、意志力を浪費させないための重要なポイントです。

自分は、三日坊主の典型的なタイプなのですがたったの3週間ならやれる気がします。

英語の発音が良いと褒めていただきました

記事では全く伝わりませんが、発音がいいと何度も褒めていただきました。

またトレーナーの村上さんは海外出身だそうで、発音がネイティブでした。

発音を褒められたことは以前にも何度かありましたが、トレーナーの村上さんに言われるとうれしいですね。

褒められたからと言って図に乗らないようにしたいですが、最後に根拠に基づいて褒められたのはいつだったか忘れてしまったくらい褒められていなかったので、素直に受け止めました。

自分は大阪出身の純日本人で30代から英語の勉強を始めて発音が良いと言われていますので、だれでも鍛えれば発音は良くなるということです。

RIZAP ENGLISHに通えばネイティブ発音になれる気がします。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

RIZAP ENGLISHのコースと料金

ここからは、2021年1月におけるRIZAP ENGLISHのコースと料金をご紹介します。

RIZAP ENGLISH ONE

RIZAP ENGLISH ONEはお一人様1回のみ受講することができるプログラムとなっていて、1回5時間で9,000円(税込9,900円)です。

次から紹介する「英会話コース・TOEICコース・ベーシックコース・ワークデイコース」は全て最初に入会金50,000円(税込55,000円)が別途必要です。

英会話コース

英会話コースにはVersantのテスト2回が含まれています。

セッション数料金期間(目安)
16398,000円(税込437,800円)2ヶ月
24528,000円(税込580,800円)3ヶ月
32658,000円(税込723,800円)4ヶ月

TOEICスコアアップコース

TOEICのスコアアップを目指すコースです。

セッション数料金期間(目安)
16328,000円(税込360,800円)2ヶ月
24450,000円(税込495,000円)3ヶ月
32572,800円(税込630,080円)4ヶ月

※TOEICの3ヶ月コースは一般教育訓練給付金制度を利用することが可能(最大10万円支給される)

ベーシックコース

文法や単語暗記が苦手、英語を話すことが抵抗がある方向けに簡単な発話ができるようになるためのトレーニングを行うコースです。

セッション数料金期間(目安)
17回328000円(税込360800円)2ヶ月

ワークデイコース(英会話・TOEIC)

平日12~17時のデイタイムに集中してオンラインで受講するプログラムです。

セッション数料金期間(目安)
24回360,000円(税込396,000円)3ヶ月

30日間全額返金保証

ライザップイングリッシュを開始して満足できない場合は、初回セッションから30日間以内の解約は全額返金されますので、安心してスタートすることができます。

これはダイエットのライザップでも同じなのですが、30日間全額返金保証制度がついていても成長し続けているということはライザップは結果にコミットできている、多くの人が満足している証拠ですね。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】RIZAP ENGLISH ONEを受講して実感した7つの効果

実際にライザップイングリッシュのメソッドをまるっと体験して得られた効果としては次のようなものがあります。

RIZAP ENGLISHのサービスについて身を持って理解できた

結果にコミットのRIZAPが提供するRIZAP ENGLISHが気になってはいたものの、受講するまでは何をするのかイメージがつきにくい人が多いと思います。

また、ネットの口コミは自分と英語力もゴールも人生の環境も全て違う人のものですので実際のところ当てになりません。

さらに無料カウンセリングを受けるだけでは、実際の中身までを知ることはできません。

しかし、今回RIZAP ENGLISH ONEを受講して実際にRIZAP ENGLISHのトレーニングを体験したことでRIZAP ENGLISHで一体どんな英語コーチングサービスなのか、どんなトレーニングを行うのかをしっかりと理解できました。

トレーナーやセッションの雰囲気、教え方がわかりますし、聞きたいことを直接トレーナーに聞けるのもメリットですね。

英語脳養成メソッドの効果を身を持って実感できた

結果にコミットのライザップのメソッドって実際のところどんなものなのか、知ってる人は少ないのではないでしょうか。

RIZAP ENGLISH ONEでは「6STEPS・クイックレスポンス・実践スピーキング」のライザップ英語脳養成メソッドの3つの主軸を体験しました。

英語脳養成メソッドのそれぞれのトレーニングをトレーナーから教わり、フィードバックをもらいながら実際にやることで、即座にその効果を感じることができました。

なんでもやってみないと確証がもてないものですが、今回RIZAP ENGLISH ONEで実際に英語脳養成メソッドを実践してみた結果、RIZP ENGLISHのトレーニングを続けることで確実に英語力は伸びると実感しました。

RIZAP ENGLISHと独学の効率の差がわかった

自分は今までほとんど独学で英語を勉強してきました。

しかし、今回RIZAP ENGLISH ONEを実際に受講することで、RIZAP ENGLISHでトレーナーのサポートを受けながら勉強することがどれだけ効率的なのかを身をもって知ることができました。

例えば6STEPSでは、まずディクテーションでできていないところを洗い出して、そこを集中的に鍛えます。

無駄な勉強をしないでできていないところだけを集中して鍛える、トレーナーと二人三脚で最短距離を目指せるからこそ、ライザップイングリッシュは短期間で結果にコミットできるということですね。

客観的な自分の英会話の課題や強みを知れた

自分が話している英会話が、客観的にみてどんな印象を持たれているのかや、英語力の弱点や強みなどを自分一人で知ることは難しいです。

今回英会話に関してのアセスメントテストを受けるなかでたくさんのフィードバックをもらい、また数値化してもらって英会話の課題や強みを解説してもらったりしたことで、どこをどのように直していけばいいのかがわかりました。

英会話にフォーカスした内容で、自分が英会話をしているときにジェスチャーをしていること、視点が定まっていないことなど、英語と直接関係なくても英語でコミュニケーションを取る上で重要なポイントを指摘してもらえたのも大きかったです。

海外に住んでいるので早速実践でアウトプットしており、日本語で会話するときにも役立ちますね。

今後の英語の勉強方法の進め方がわかった

英語力診断テストの結果を数値化したデータで見せてもらいながら、それぞれの課題の克服方法を教えてもらいました。

そして、自分の目標に対する英語学習のロードマップを作成してくれて、それを一緒に見ながら短期・中期・長期でそれぞれどんなことをすればいいのか、どのくらいの期間で自分の目標に到達できるのかなども教えてもらいました。

具体的にどんなトレーニングを行い、どのくらいの期間でそこに到達できるのかなど、英語学習の道標を手に入れることができたので、今後の英語学習はいただいたロードマップを見ながら進めていくことができるようになりました。

英語の勉強が楽しいことを思い出せた

しばらく英語の勉強をしていなかったのですが、久しぶりに英語の勉強をしてみて英語の勉強って楽しいと思いました。

自分はいろんな国を旅行したり、いろんな国の人達と交流したいと思っているのですが、そんなことができている、自分が英語が流暢に話せる未来をイメージできたので、英語の勉強自体を楽しく感じました。

これからもっと英語力をあげていきたいと思い、英語学習と向き合うきっかけになりました。

サポートがあれば目標は短期間で達成できると実感した

英語コーチングではコンサルタントと英語講師が別々になっているところが割と多いです。

その場合、コンサルタントの役割としては英語学習スケジュールの管理や英語の自己学習をするためのサポートがメインとなります。

しかし、ライザップイングリッシュが他とは違う特徴のひとつとして日本人トレーナーが直接英語を教えることができ、かつコンサルタントのような役割を担っているという点です。

RIZAP ENGLISH ONEを受講してみて、トレーナーから直接英語を教えてもらいながら自己学習を進めることは効率がとてもいいと感じました。

トレーニングの中でピンポイントで間違いや課題を修正してもらいながらそのときに質問もできるため、無駄時間がなくサクサク学習が進みました。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】RIZAP ENGLISH ONEを受講する人にアドバイス

RIZAP ENGLISH ONEを受講した経験から、これからRIZAP ENGLISH ONEを受講されるかたがその効果を最大限に教授できるようにアドバイスをさせていただきます。

1日で5時間するのと、2日に分けるのとどっちがいい?

RIZAP ENGLISH ONEは、1日5時間のプログラムですが、私がやったように2日に分けることもできます。

実際に受講した経験から、どっちがいいのかを解説します。

1日でやるメリットとしては、セッションが終わってすぐのまだ頭に学んだ内容の記憶が多く残っている状態ですぐにシュクダイを出来るということだと思います。

そして、2時間のシュクダイのあと2回目のセッションをするということでシュクダイも時間が決まっているのでより集中して行うことができるでしょう。

デメリットとしては、仕事が終わってから受講する人にとっては5時間連続で勉強するのは、結構たいへんだと思います。

仕事終わりのクタクタで開始して2回目のセッションを受けるときには、ゲッソリして集中力が続かないかもしれません。

疲れていない状態で受けられるかたは、1日で一気に終わらせるのが良いと思います。

2日に分けるメリットとしては、1日につき1.5時間のセッションを受けるだけでいいので集中力が持続するうえ、たったの1.5時間のセッションなら気が楽です。

デメリットとしては、すぐに復習をしておかないと数日後には学んだことが抜けてしまっている可能性が高いことです。

2日に分ける場合、ベストなのは1回目のセッションが終わったらすぐにシュクダイや復習をやることです。

そして2回目のセッションの前にもう一度復習をしてシュクダイの披露がピークの状態で2回目のセッションに挑むことです。

そうすることで、シュクダイの成果をチェックするテストでがんばった練習の成果をしっかりと発揮することができるでしょう。

事前にもらえる資料や音声の準備をしておこう

RIZAP ENGLISH ONEを受講する際に事前にPDFの資料がもらえるので、前もって印刷しておいたほうがいいですね。

自分は印刷してセッションに挑んだので、学びやすかったです。

また、音声ファイルももらったのですが、当日シャドーイングやオーバーラッピングをするときにその音声を再生したので、iPhoneやスマホで音声をすぐに再生できる準備をしておくのがおすすめです。

自分はスマホに音声ファイルの準備をしてなかったのですが、当日iPhoneの充電がおちているなどあたふたしてしまったので、落ち着いてセッションを受けたい人は準備しておくのが良いと思います。

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

【体験談】「結果にコミット」を体感して再認識した大切なこと

ここまで私が実際に受講したRIZAP ENGLISH ONEの体験談を解説してきました。

RIZAP ENGLISH ONEを受講して「短期間で結果にコミットできる英語脳養成メソッドを最初から実践していれば、どれだけ早く前に進めたんだろう」と、自分の時間の使い方を改めようと思ったきっかけになりました。

個人的な話になりますが、自分には叶えたい人生の大きな目標があるのですが、そこにたどり着くのに必要な行動を後回しにしがちです。

最近時間の流れがとても早く感じていて、あと何年生きるかなんてわからないのに、そんな甘い自分に対して非常に危機感を感じています。

時間の心理的長さは年齢に反比例すると主張したジャネーの法則というのがありますが、これを打破するには新しいことにチェレンジすることだと言われています。

現在わたしは、明確なゴール設定を行いゴールの逆算で行動していくという今までできなかった新しいことにチャレンジすることを実践しています。

やれば自分が求める未来にいけるとわかっていても、理想の未来より目の前のものを優先にしてしまうのが人間の特性です。

それが英語学習がモチベが続きにくい原因の一つですが、RIZAP ENGLISH ONEを受講すれば、英語が話せるようになるための具体的な勉強方法や道筋、英語ができるようになった先の未来を知ることができます。

RIZAP ENGLISH ONEでは、第二言語学習得理論に基づくRIZAP ENGLISH独自の英語脳養成メソッドを9,900円(税込)で全てまるっと体験できるので、真剣に英語が話せるようになりたい人は早い目に受けておかないともったいないと思いました。

英語が話せるようになるために、今までできていなかった「真剣に英語学習に取り組む」のも人生の流れを変える新しいチャレンジとしてはピッタリだと思います。

本気で英語学習したいと思っているのにうまくいってないひとは、ぜひこの機会にRIZAP ENGLISH ONEを受けて英語学習の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

\【9,900円(税込)】1日5時間でまるっと体験できる /

 

 

約10年と15万人の会員実績のRIZAPのメソッドを継承したのがRIZAP ENGLISH!【30日間全額返金保証】
1回50分の無料体験を受ける
\RIZAP ENGLISHは30日間全額返金保証/
1回50分の無料体験を受ける