ライザップイングリッシュとトライズを徹底比較!どっちがおすすめ?【2022】

この記事ではライザップイングリッシュとトライズを徹底比較しました。

ライザップイングリッシュとトライズはどちらも人気の英語コーチングです。

英語コーチングであることは共通していますが、それぞれ特徴や内容が結構違います。

えいごろう 会社員
 ライザップイングリッシュとトライズの違いはどこ?
どっちがおすすめ?

この記事は上記のような悩みを持っている人のお役に立てます。

ライザップイングリッシュとトライズの違いがよくわかりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

それぞれのメリットとデメリット

各社のメリットとデメリットを最初にまとめます。

RIZAP ENGLISHのメリットとデメリット

メリットデメリット
・RIZAPの圧倒的な実績と信頼
・短期集中で結果が出せる
・継続サポートが強い
・日本人講師のティーチングがある
・週2回セッションがある
・ネイティブ講師のレッスンが週5回ある
・追加料金がない
・30日間全額返金保証がつく
・TOEICに点数保証がつく
・オンライン完全対応
・グループレッスンがない
・トレーナーが休みの日は連絡がとれない
・東京にしか校舎がない

トライズのメリットとデメリット

メリットデメリット
・1年コースで確実に話せるようになる
・上級者向けの3ヶ月のコースがある
・継続サポートが強い
・自社採用のネイティブ講師のレッスンがある
・2ヶ月の初心者コースがある
・グループレッスンが受け放題
・口コミの数が多く評判がいい
・30日間全額返金保証がつく
・TOEICに点数保証がつく
・オンライン完全対応
・面談が月2回しかない
・日本人講師のレッスンがない
・コンサルタントが休みの日は連絡がとれない

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

ライザップイングリッシュVSトライズを徹底比較

これから具体的にRIZAP ENGLISHとトライズを比較していきます。

まずは、RIZAP ENGLISHとトライズの決定的な違いを完結にまとめました。

決定的な違いはここ!!

決定的な違いは以下4つです。

  1. RIZAP ENGLISHはティーチングがあるがトライズはない。
  2. RIZAP ENGLISHの面談回数は週2回(月8回)、トライズは2週に1回(月2回)。
  3. トライズは1年で確実に話せるようになる、短期集中はライザップ
  4. トライズは受け放題のグループレッスンがある。ライザップはマンツーマンのみ。

さらにトピックごとに違いを表にまとめました。

どちらも質は高いのでより質が高いものを◎としています。

RIZAP ENGLISHトライズ
面談回数月8回月2回
日本人講師のティーチングX
ネイティブ講師のレッスン
短期集中で結果を出すX
継続できる
学習の習慣化
卒業後の自習できる度
メソッドの信頼と実績
科学的な学習法
学習アプリ

それでは、ライザップイングリッシュとトライズは一体何がどう違うのか、トピックごとに比較をして解説をしていきます。

特徴

まずは特徴からです。

RIZAP ENGLISHは結界コミットがコンセプトのRIZAPが運営している英語コーチングサービスです。

ライザップイングリッシュの特徴

  1. RIZAPの17万人の会員実績と10年の歴史の信頼と実績のあるメソッド(※2021年12月末現在)
  2. 短期集中で結果を出す結果コミット型
  3. 挫折させない徹底した寄り添いサポート

短期集中で結果を出したい、結果にこだわる方にはRIZAP ENGLISHの特徴が合うでしょう。

トライズの特徴

トライズは孫正義氏の元秘書の三木社長が経営する英語コーチングスクールです。

  1. 1年で1000時間学習を行う
  2. 確実に話せるようになる
  3. グループレッスンが受け放題

確実に英語が話せるようになりたい方はトライズがおすすめです。

コースと料金比較まとめ

メソッドの信頼性や実績でいうと、10年の歴史のあるRIZAPのほうが優れています。

しかし、トライズは英語コーチングの先駆けであり「確実に英語が話せるようになる」ために1年のコースになっています。

話せるようなるということにフォーカスをしているのはトライズです。

コースと料金

次はライザップイングリッシュとトライズのコースを比較してみましょう。

ライザップイングリッシュのコース

RIZAP ENGLISHの料金とコースは以下の通りです。

RIZAP ENGLISH
英会話・TOEIC
2ヶ月437800円
3ヶ月580800円
4ヶ月723800円
ワークデイコース3ヶ月475200円
RIZAP ENGLISH ONE5時間9900円

ワークデイコースは、TOEICと英会話コースの両方に対応しています。

平日12時〜17時限定でオンラインで受講するコースですが、通常のコースと内容は変わりません。

時間が合う方はワークデイコースがお得です。

RIZAP ENGLISH ONEは1日5時間の超短期でRIZAP ENGLISHのメソッドをまるっと体験することができるコースです。

トライズのコース

トライズのコースは以下のとおりです。

トライズ
英会話コース1年1481000円
TOEICコース2ヶ月387580円
大人のやり直し英語
2ヶ月380100円
3ヶ月465900円
6ヶ月723300円
ビジネス上級英語コース3ヶ月564900円
入会金55000円

トライズは1年コースがメインですが、短期間のコースも用意されています。

また初心者・上級者にそれぞれフォーカスをしたコースがあるのもトライズならではといったところです。

1年コースの料金は高いですが、一括支払いにすると30万円〜40万円くらい安くなるというキャンペーンをよくやっています。

1年コースが気になるかたはまずはトライズの公式サイトでキャンペーン情報をチェックしてみてください。

コースと料金比較まとめ

料金はRIZAP ENGLISHの方が高いですが、ワークデイコースだとRIZAP ENGLISHのほうが安くなります。

トライズは1年コースだけでなく、短期集中のコースもあります。

1年でしっかりと英語が話せるようになりたいかたはトライズ、短期集中で一気に英語力をあげたい方はライザップイングリッシュを選べばいいでしょう。

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

カリキュラム

ここではそれぞれのカリキュラムについて比較をしていきましょう。

RIZAP ENGLISHのカリキュラム

RIZAP ENGLISHが結果にコミットする理由は以下の3つです。

  1. アウトプット重視型トレーニング
  2. 英語脳養成トレーニング
  3. ネイティブ講師との実践スピーキング

RIZAP ENGLISHでは短期間で英語を話せるようになるために、アウトプット重視型トレーニングを行うので、たくさん話す機会が設けられています。

RIZAP ENGLISHでは英語脳養成トレーニングというメソッドを採用しています。

この英語脳養成トレーニングは「6STEPS・クイックレスポンス・実践スピーキング」の3つから成り立っていて、短期間で効率的に英語力をアップさせることができるようになっています。

RIZAP ENGLISHではオンライン英会話にキャンブリーを導入しています。

キャンブリーを使って週5回のネイティブ講師とのレッスンを行います。

トライズのカリキュラム

トライズのカリキュラムの特徴は以下のとおりです。

  1. 日本人コンサルタントとネイティブコーチのWサポート
  2. 1年のうち初回と中間にしっかりとしたコンサルティングがある
  3. グループレッスンとマンツーマンの両方でアウトプットの機会がある

トライズでは一番最初に大きなコンサルティングを行い、1年どう学習を進めていくかを確認します。

週3回の専属のネイティブ講師のレッスンがあり、コンサルタントとネイティブ講師は連携しているため、より目的に沿ったレッスンを行うことができます。

ネイティブコーチがいるのはトライズならではです。

1年と長いので初回と6ヶ月目に大きなコンサルティングを行いしっかりと目標設定を行います。

またネイティブのグループレッスンとマンツーマンが両方あるのもトライズならでは。

さらにグループレッスンは受け放題なのでたくさんのアウトプットの機会があります。

学習管理はトライズ専用のツールを使用します。

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

講師

次は講師で比較をしてみます。

英語コーチングでは、日本人のコンサルタントが一名ついて自己学習をサポートしてくれます。

英語コーチングによっていろいろな呼び方があるのですが、一番メジャーな呼び方がコンサルタントです。

ライザップイングリッシュではトレーナーと呼ばれています。

このコンサルタントは英語を教えるのではなく自己学習をサポートするのが役割なので、英語を教えてもらうことは期待できません。

しかし、RIZAP ENGLISHに関しては日本人講師の専属トレーナーがコーチングとティーチングの両方を行います。

トライズはコンサルタントは英語を教えるのではなく、自己学習をサポートしてくれます。

ネイティブコーチが専属でつくので英語を教えるのはネイティブコーチがメインです。

もしあなたが日本人講師にしっかりと英語を教えてもらいたいのであればライザップイングリッシュのほうがいいでしょう。

ネイティブ講師のレッスンをたくさん受けたいとった中上級者にはトライズのほうがいいでしょう。

ネイティブ講師の英会話レッスン

次は英会話のレッスンについて比較をしていきます。

英語コーチングでは英会話レッスンを行いますが、外部のオンライン英会話を使うところが割と多いです。

RIZAP ENGLISHではキャンブリーというオンライン英会話を使用します。

キャンブリーは全員ネイティブ講師で、週5回もあるのでかなりしっかりと英会話のアウトプットを行うことが出来ます。

一方トライズは、自社採用の専属のネイティブコーチがつきます。

トライズのネイティブコーチはビジネス経験や教えた経験がしっかりとあるコーチばかりなので、クオリティはとても高いです。

ライザップイングリッシュもトライズも両方ネイティブ講師のレッスンがありますが、ライザップイングリッシュは週5回あり、トライズは週3回あります。

くわえてトライズはグループレッスンが受け放題なので、実質毎日ネイティブ講師のレッスンを受けることも可能になります。

グループレッスンの良いところは、同じ目的を持ってがんばっている日本人とつながることで切磋琢磨できることです。

何度も一緒にレッスンを受けるうちに仲良くなりやすいので、ビジネスコネクションが作れる可能性は十分あります。

またトライズは専属ネイティブ講師なので課題や目標も常に把握してくれているのもメリットです。

ネイティブ講師の質とレッスン回数ではトライズの方が上でしょう。

日本人講師の面談/セッション内容

次は日本人講師の面談・セッションを比較してみます。

まず両社で共通して行う内容をまとめます。

共通している内容
  1. テストを行ってPDCAを回す
  2. 前回のセッション・面談までの自己学習のヒアリング
  3. 相談しながら必要に応じて学習方法の変更や、カリキュラムの調整などを行う
  4. 質疑応答
  5. 次回の課題・シュクダイが出される
  6. 時間は50分

上記以外でそれぞれの英語コーチングで違う内容を解説していきますね。

まず、RIZAP ENGLISHは週2回に対してトライズは週1回の面談となっているので、面談回数が違います。

私は実際に週1回の面談で英語コーチングを受講した経験がありますが、週2回あるほうがより効率的にスピードアップさせて学習を行うことができます。

そのためRIZAP ENGLISHのほうがスピード感はありますね。

あとRIZAP ENGLISHはティーチングもあるので、わからないことがあればセッションのときに質問して解決することができます。

一方トライズは日本人講師のティーチングはないので、学習方法の提案がメインとなるでしょう。

ただし、専属のネイティブコーチがいるので、ネイティブコーチにはしっかりと英語を教えてもらうことが可能です。

面談の質という面ではRIZAP ENGLISHのほうが上です。

しかし専属のネイティブコーチからのサポートも受けられる英語コーチングはトライズだけです。(私が知っている限り)

日本人講師に教えてもらいたい方はRIZAP ENGLISHがおすすめ。

ネイティブ講師に教えてもらいたい方はトライズがおすすめです。

校舎の数

次は校舎の数について比較をします。

以下それぞれの校舎のあるロケーションと数です。

RIZAP ENGLISHトライズ
  1. 銀座店
  2. 新宿店
  3. 新橋店
  4. 池袋店
  5. 渋谷店
  1. 新宿南口センター
  2. 銀座センター
  3. 池袋センター
  4. 横浜西口センター
  5. 名古屋名駅センター
  6. 田町三田センター
  7. 丸の内センター
  8. 渋谷センター
  9. 大阪梅田センター

ライザップイングリッシュは東京に5店舗しかありませんが、トライズは全部で9店舗あります。

またトライズは名古屋、横浜、大阪にもあるので東京に住んでいない人でも通えますね。

通いやすさという店ではトライズのほうが優れています。

ただどちらもオンラインに完全に対応してますので、校舎に通えないかたはオンライン受講すれば大丈夫です。

オンラインでも質は対面と変わりませんので安心して受講することが出来ます。

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

受講生の声

最後はそれぞれの受講生の感想で比較してみますね。

ライザップイングリッシュの受講生の声

↑個人的にティーチングのメリットは大きいと思います。

上級者であったとしても「自分はできてる」と思って見過ごしがちなポイントはいくらでもあります。

また私自身が上級者の部類ですが、いろんな学習に関することを聞けるのでティーチングはおすすめしています。

↑RIZAP ENGLISHのトレーナーの特徴の一つがとにかくよくほめてくれることです。

私も何度も「very good」と言っていただきました。

↑RIZAP ENGLISHは強制力や継続させるサポートが強いです。

強制力が欲しい人にはライザップイングリッシュがおすすめです。

↑ライザップイングリッシュはシュクダイが多いです。

トライズもライザップイングリッシュも1日3時間の学習を行うところは同じなので、どちらも勉強は大変です。

しかし習慣化がされてくるとラクになっていきます。

トライズの受講生の声

↑こちら私がトライズを受講したときのツイートです。

トライズはシャドーイングと瞬間英作文の2つの英語トレーニングを行っていました。

↑私の専属ネイティブコーチも素晴らしいコーチでした。

ネイティブコーチのレッスン内容は自分が希望すれば希望に沿った内容にカスタマイズをしてくれます。

普通の英会話スクールだとテキストに沿ってやっていきますが、その人の目標に合わせたレッスンをしてくれるのはトライズならではですね。

↑トライズのネイティブコーチはいろんな人がいます。

コンサルタントが自分の目標に合ったベストなコーチを選定してくれます。

コンサルタントと話し合いをしながら、自分に合ったネイティブコーチを選定できるのでミスマッチがありません。

私の専属ネイティブコーチも私の目標に沿ったコーチだったのでよかったです。

↑トライズのTOEICコースは2ヶ月と短期集中になっています。

またトライズのTOEICコースは本当にTOEICの点数を上げることのみにフォーカスをするのも特徴ですね。

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

どっちがおすすめ?

ここまでいろいろと比較してきましたが、結論としな人がそれぞれに向いているのかをまとめました。

RIZAP ENGLISHがおすすめな人

RIZAP ENGLISHがおすすめな人は以下のとおりです。

  • 短期集中で結果を出したい人
  • 強制力を持って継続できるサポートがほしい人
  • ビジネス英会話やTOEICを短期で伸ばしたいビジネスパーソン
  • 日本人講師に教えてもらいたい人
  • フィリピン人講師より、ネイティブ講師を希望する人
  • ダイエットに興味がある人

トライズがおすすめな人

トライズがおすすめな人は以下のとおりです。

  • 1年で確実に話せるようになりたい
  • ネイティブ講師とのアウトプットの機会がたくさん欲しい
  • ティーチングが必要ないと感じる中級・上級者の方
  • 初級者専用・上級者専用の3ヶ月のコースもあり
  • グループレッスンで他の受講生と切磋琢磨したい
  • 短期ではなく英語が話せるようになることが目的のかた

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

無料カウンセリングはやってる?

いろいろと話していきましたがいかがでしたでしょうか。

どちらも受講生に合わせてカスタマイズしたカリキュラムを組みますので、受講生それぞれの英語レベルや目標、受講期間によって得られる経験や感想も変わってきます。

そのため、最後はご自身で無料カウンセリングを受けて確認することをおすすめします。

どちらもオンラインで無料カウンセリングを受講することが可能です。

もし迷っているのであれば、2社とも無料カウンセリングを同時に申し込んでおきましょう。

時間がたつと判断が難しくなるので同時期に申し込んでおくのがベターです。

またその日に決めると割引になるというキャンペーンをやっているところもあるので、そういったときに他社の無料カウンセリングを予約していると伝えると待ってくれることが多いですよ。

気になった方はぜひ無料カウンセリングを受けてみてくださいね。

\無料カウンセリング実施中/

\無料カウンセリング実施中/

RIZAP英語の無料体験を受ける