瞬間英作文トレーニングにピッタリの教材は?私が最も効果を実感した学習法も紹介

Kumao
今年もいつの間にか新生活をスタートする始まりの季節、4月になりましたね!

4月は新しいこと、例えば英語学習を始める人が多く、英語学習にコミット開始するのにピッタリの季節です!

2021年4月〜5月23日まで、ライザップイングリッシュでは5万円オフのキャンペーンを実施しています。

浮いた5万円で、私が毎日シャドーイングに使用しているBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンを購入してみるのもいいと思います。

またライザップイングリッシュなら2ヶ月でTOEICのスコアを大幅アップすることも可能ですので転職を考えている人にもおすすめです。

英語学習を先延ばしにしてきた方にとっては自分を後押しできるお得な絶好の機会ですのでぜひ受講をご検討されてみてくださいね。

RIZAP ENGLISH【5万円OFF】のお得なキャンペーンはこちら
The following two tabs change content below.
mikoyan

mikoyan

語学好きが高じて音大から外語大に編入した大学生。 TOEIC820, IELTS6.5, 英検準1級, 仏検3級取得。 モントリオールに語学留学経験あり。勉強方法や体験をシェアします。

英会話や英語学習に取り組んでいるみなさん、以下のように感じたことはあるでしょうか。

「言いたいことはあるけど、英語が口から出てこない」

「頭で英文を考えている間に会話が進んでしまい、相手についていけない」

このようなお悩みを解決する教材学習法、あったらいいですよね?

この記事では瞬間英作文の具体的な学習法について、見ていきます。

それでは、ぜひ最後まで読んでくださいね。

瞬間英作文とは

瞬間英作文とは、主に日本語の文章を即座に英文にすることです

近年は、人気シリーズである「話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版)」に加え、バラエティ豊かな瞬間英作文の教材が発売されています。

高評価がつけられている教材が多いので、多くの人に支持されている英語学習メソッドだと言えます。

瞬間英作文が気になる方は、まずは王道のシリーズからチェックしてみてください。↓↓

なぜ英語ができるようになるの?

瞬間英作文は、多くの英語学習者から高く評価されています。

そこで私は、なぜこのメソッドで英語が上達するのかを検証してみました。

上達するまでの過程を、順番に説明します。↓↓

英語の語順が身につく

英語を学んだことのある人なら誰でもご存知の通り、日本語と英語では語順が異なります。

そのため、日本語をそのままの語順で英語に訳そうとすると、英文が出てこないのです。

瞬間英作文トレーニングでは、まずこの語順の違いに慣れることからスタートし、英文法の型を少しずつ自分の中に定着させることから始まります。

最初は中学英語のようなシンプルな英文からスタートしますが、わかっているつもりでも意外と難しく感じるものです。

「英語で考える」ことができるように!

先ほどお伝えした英文法の型とは、具体的にどういうことでしょうか?

まずは、英語と日本語の「文法の型の違い」に注目して確認してみましょう。

以下の2文を比べてみてください。↓↓

【英語】I went shopping yesterday.

【日本語】私は昨日買い物に行った。

この2文はどちらも全く同じ意味ですよね。

しかし、英文の語順でそのまま日本語に訳すと、おかしな順番になります。↓↓

【英語の語順で直訳すると?】
I /went /shopping /yesterday. 
→私は/行った/買い物に/昨日。

このように、多くの日本人は英語の語順で日本語を考えがちのため、いざ英語を話そうとすると言葉が詰まってしまうのです。

瞬間英作文では「日本語の文章を見て即座に 英語の語順に並べ替える」  というトレーニングをするので、英語の語順が身につき、英語で文章を考えられるようになるのです。

英作文したものをノートに書き出してビジュアル化すれば、感覚がさらに身につくこと間違いなしです!↓↓

メリット

瞬間英作文には、どんなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、私が実際に瞬間英作文を実践して感じたメリットを紹介します。

文法のミスが減る

瞬間英作文トレーニングは、日本語文と英文を見比べ、聞き比べながら進んでいきます。

自分が瞬間英作文をした後、すぐに正しい英文をチェックできるので、細かい文法のミスにもすぐに気づくことができます

細かい文法とは、例えば冠詞(a, the)や名詞の単数系・複数形などです。

暗記しないから本物の力が身につく

瞬間英作文は、英文をただ暗記することとは違います。

「日本語→英語」という作業を何度も繰り返す中で、英語で思考する回路が徐々に出来上がっていくのです。

確かに、例文を覚えることは重要ですよね。

しかし、いくら例文をたくさん覚えても、応用できなければ意味がないと思いませんか?

瞬間英作文トレーニングの教材では、似た構造の英文がまとめて収録されていることが多いため、覚えた構造そのものをどんどん応用する力が身につくのです。

英語話者との会話についていけるようになる

瞬間英作文で多くの人が実感している効果の一つに「英文を早く思いつけるようになった!」というものがあります。

つまり、ネイティブスピーカーとの会話で意見を求められたときにも、その場で即座に英文を組み立て、対応できるということです。

返答前に会話が進んで焦らないために

今まで「What do you think about it?(これ、どう思う?)」と聞かれて「えっと……」と返答する間に、話が進んでしまった経験はありませんか?

英語で文章を組み立てる速度が速くなれば、リアルタイムで自分の意見を言えるようになり、会話に乗り遅れることが減りますよ!

実は、私もこの効果を実感したからこそ、今でも瞬間英作文を続けているんです。

ネイティブスピーカーとの会話に参加できるのは、本当に嬉しいことです!

音源を使えば発音もキレイに!

多くの瞬間英作文用教材には、CDが付属されています。

「日本語文→英文」の順に音声が収録されているので、自分が実際に作って声に出した英語とお手本の英語を聞き比べることができます。

単語のみでなく、文章を発音してくれているので、英語を話すときの自然なイントネーションが身につくのです。

デメリットはある?

メリットだらけの瞬間英作文トレーニングですが、果たしてデメリットはあるのでしょうか?

王道教材である『どんどん話すための瞬間英作文トレー二ング(ベレ出版)』には、ポジティブなクチコミに加え、以下のような感想も寄せられています。↓↓

自分の意志を強くもって毎日やらないと続かないかもしれません。5周やれば完璧に覚えるのでしょうが2周目で、ちょっと飽きてきました。

出典:みんなの英語ひろば

少し、日本語が不自然なケースがある。もちろん、英語のための日本語なので、理解はできるが、意図的に不自然にしているようにも思われる。

出典:みんなの英語ひろば

このように、継続には強い意志が必要ですが、続かなかった人の気持ちもすごくわかります。

私も最初は、簡単すぎる英文にモチベーションが保てず「まぁ、いっか」と思ってしまったことがありました。 

さらに「日本語を素早く英語に直す」というコンセプトのため、日本語が少し不自然でわかりにくいと感じる人もいるようです。

目的は素早く英文に仕上げること

確かに、英文を直訳したような日本語は不自然かもしれません。

しかし、意訳した文章よりも、少しシステマチックな直訳文の方が英語にしやすいと思いませんか?

瞬間英作文トレーニングのメインゴールは「英文を即座に組み立てる瞬発力を身につける」こと。

ですので、とにかく日本語文を素早く英語に組み立て直す。この練習を徹底して行うことがオススメです!

書籍付属のCDは携帯音楽プレーヤーに入れ、電車の移動中などで聞くと学習効果がさらにUPします。↓↓

効果絶大!オススメの学習法

瞬間英作文トレーニングは、嬉しいメリットがたくさんのオススメ英語学習法です。

もちろん、テキストに従って進めていくだけでも効果はあるのですが、私は以下のように学習を進めたことで、さらに英語力の上達を感じました。

英作文の前にまず〇〇!

「いきなり英作文はさすがに難しい」

「文が複雑になったら挫折してしまいそう」

確かに、英単語すらすぐに思いつかない人にとって、いきなり文を組み立てるのは難しいですよね。

そこでオススメなのが「作文」よりも、まず短い英語フレーズやチャンクを瞬間的に思いつかせることです。

チャンクとは?

これはネイティブがよく使うフレーズや、決まり文句などひとかたまりの短文のことをいいます。

英語フレーズやチャンクは英文よりも短いので、比較的負担が少なくトレーニングできますよ。

こちらが、チャンクと英文の違いです。↓↓

【チャンク】win an award(賞を獲得する)

【英文】She wins an award. (彼女は賞を獲得する)

「作文」前のワンステップで効果倍増

実は私も、いきなり瞬間英作文に取り組むのはハードルが高いと感じていました。

そこで、まずは短い英語フレーズやチャンクから覚え、瞬間的に英語で言えるように練習します。

その後、覚えたフレーズやチャンクが含まれる英文を瞬間英作文するトレーニングに挑戦したところ、よりスムーズに英作文ができるようになりました。

頭で考えなくても口からスラスラと英文が出てくる感覚には、かなりの達成感がありましたよ!

チャンクで瞬間英作文もできるようになる単語学習帳は、こちらです。↓↓

オススメの教材

ここからは、私が使用して効果を実感できた教材を、感想とともにご紹介します。

1|つなげば話せる! ネイティブのパターン英作文

こちらの本は、単純なフレーズをどんどん繋いでいくことで英語を話す感覚が身につくというコンセプトです。

「私はバスで学校へ行く」といった単純な文から始まり、学習を進めるにつれて徐々に英文が長くなっていきます。

では、なぜ長い英文を作れるようにすることが大切なのでしょうか?

英語がうまく聴こえる人

実は、長い英文で話せる人ほど、英語がペラペラに見えるのです。

実際にネイティブスピーカーの会話を聞いてみると、butやalthoughなどの接続詞を使いながら、次々に文章をつなげて話しています。

私はこの本で学習を始めてから、英会話のレッスンでも比較的長めの文章を取り入れ、多くのことを話せるようになりました。

「たくさん話せる=より自分を理解してもらえている」という自信にもつながりますよ!

ぜひ、このパターンフレーズをつないで話すメソッドを体感してください。

2|会話できる英文法大特訓

英語が話せない人の多くは、文法につまずきが見られます。

私は、この本でかなり文法を正しく使えるようになりました。↓↓

特に役に立ったと感じるのは、日本人が苦手とする助動詞の章です。

助動詞のmight, would, shouldなどがうまく使えれば、会話表現にも幅が出ます。

例えば「You need it. (君にはそれが必要だ)」に「〜かもしれない」というニュアンスを加えたい場合。

 

「You might need it. (もしかしたら君にはそれが必要かも)」のように助動詞mightを使えば、ダイレクトすぎる表現を避け、よりやんわりとした印象を与えることができます。

オススメは口頭瞬間英作文

助動詞は、一般的な文法書で学ぶとうんざりしてしまう人も多いはずです。

しかし、この本で口頭瞬間英作文の練習後、自然とニュアンスごと覚えられるようになりました。

私は現在これを実感できたおかげで、ネイティブスピーカーとの会話もまるで日本人の友達と話すように、楽しむことができています。

掲載されている表現は日常会話でも応用できるため、お役立ち度バツグンの教材です。

学習のプランをしっかり立てて計画的に勉強すれば、英語力がさらに向上すること間違いなしです!↓↓

まとめ

瞬間英作文トレーニングの効果とオススメの学習方法をお伝えしました。

では、上記記事の内容をまとめます。↓↓

・瞬間英作文トレーニングは、英語の語順が自然と身につく

・暗記ではないので本物の応用力が身につく

・文法のミスが減る

・英文を組み立てるスピードが速くなる

以上となります。

この方法はたった1日で効果が感じられるものではありませんが、継続すれば確実に力が身につく学習法です。

みなさんもぜひお試しください!

関連記事はこちらです。↓↓