TOEFLの学校で社会人におすすめはプログリット(PROGRIT)!忙しくても大丈夫!?

社会人になり、昇進のためにTOEICを受ける方は多いですが、TOEFLを受けるのはなかなか少ないですよね。TOEFLはTOEICよりも、テストの料金がやく4倍もするので、なるべく少ないテストの回数で結果を出したいところです。

語学学校や大学留学をする際はTOEFLのスコアは必要な場合がかなり多いです。

いつ留学するか決まってる場合は、受験するまでに、必要なスコアを取っておかないと、学校で一番下の英語クラスのスタートとなることもあるので、卒業するまでより留学費用が倍になります。

 

留学を見据えているなら、本場に行っても使える英語を学びつつ、しっかり結果が出るTOEFLの勉強をしたいですよね。

この記事では、忙しい社会人に人気でおすすめなTOEFLの学校、プログリットについてご紹介していきます。

プログリットとは?

英語コーチングサービスの「プログリット」というコーチングスクールがあります。

プログリットは英会話スクールとは違い、英語自主学習を徹底的にサポートしてくれます。また、実証済みで、科学的根拠に基づいた理論を利用し、一人一人の特徴や柔軟に合わせた自分専用の勉強カリキュラムを提供してくれるのが最大の特徴です。

理論に裏付けされた効果的なカリキュラムなら、正しい勉強方法を知ることができ、必ず成果も出ます。目標を効率的に、最短距離で達成することが可能です。

そして、このプログリットには、TOEFL iBT対策の特化コースがあり、単なる試験対策だけではなく、英語力も向上させることができるので、留学や海外勤務したいあなたにとって一石二鳥のコースです!

プログリットには、留学経験があり、グローバルな世界で活躍経験のあるコンサルタントが多くいるのも一つの魅力です。

専属コンサルタントが、あなたのスケジュールと目標に沿って、自身の経験からと、プログリットの論理的な視点からの英語勉強のアドバイスを提供し、目標を達成するまで最後までTOEFLコースでの勉強をサポートしてくれます。

「TOEFL対策の学習時間の確保と習慣づけ」、「苦手なスキルを伸ばす効率的な学習メゾット」、「本質的な英語力アップ」がプログリットTOEFLコースの三つの柱です。

プログリットならTOEFL対策の学習時間の確保と習慣づけができる!

プログリットは、特に、限られた時間で学習時間を確保し、勉強を習慣化させることを重要視しています。

「毎日勉強するなんて、学生の時やってたし簡単じゃん」と思われるかもしれませんが、社会人になったら、これが難しいんです。社会人になると優先順位が変わってしまうからです。

勉強第一の学生とは違い、仕事や家族が優先順位の上位に来るので、勉強へのモチベーションを高く保つことは難しいです。なのでTOEFLの勉強を毎日しようとしても挫折してしまいがちです。

そこでプログリットに通うことにより、毎日英語とTOEFLの勉強を習慣化することができる環境が整います。

また、留学してからは学生なので、もちろん中間テストと期末テストがあります。成績配分の半分以上が、テストの得点にする教授が多いので、結果を出さないとAを取るのは難しいです。

なのでより毎日勉強が必要なのです。英語という第二言語で授業を学び、リーディングや課題をこなすので、当然、日本語で勉強しているよりも、より膨大な勉強時間が必要です。

つまり、勉強の習慣化を身につけることはとても重要で、留学してからもとても後に役に立つんです。

苦手なスキルを伸ばす効率的な学習メソッド

また、プログリッドでは、TOEFLの苦手な部分を対策することが可能です。

例えば、リーディングがとても苦手でも、プログリッドの学習メソッドでは、リーディングを重点的に勉強をするサポートをしてくれます。

どのようにすれば、その苦手を克服できるのか、専門コンサルタントがノウハウを伝授し、しっかり成果が出るまであなたの苦手を克服するのも手助けしてくれます。

また、プログリットの学習シートを活用し、勉強時間、場所、勉強内容、不明点や感想などを書くことで、ちゃんと自分の力で苦手分野に向き合えるようになります。

留学すると、自分より英語ができる人への嫉妬、英語力がなかなか上達しない焦り、慣れない環境の影響などで、留学を途中で挫折する人が少なくないのが現実です。

私は今留学している身ですが、留学一年目の頃、友達の中に、英語が全然喋れないと嘆いてるのに、努力しようとしない人、半年も経たずに退学して日本に帰国してしまう人がいました。

自分ができないこと、苦手なことを克服しようとする努力は、留学してからも、何度も必要になります。どんなに準備万端で留学しても必ず一度は壁にぶち当たるでしょう。

今のうちに、TOEFLの勉強を通じて、苦手分野を克服しておくと、今後の自信にも繋がりますし、一度こういう経験があると、メンタルも強くなり、挫折せずに壁を乗り越えることができるようになります。

本質的な英語力アップ

最後に、プログリットのTOEFLコースで学ぶことは、ただのスコア稼ぎだけではなく、留学そのものに活かせます。

私も留学のためTOEFLの勉強をしましたが、TOEFLのために沢山覚えた単語、とても長い長文、読解問題の練習は、留学した後、「あぁ、ちゃんと勉強してて良かったな」て今でも思います。

心理学や生物学など、TOEFLのテストでは、専門的な単語やトピックが出るリーディングの問題が多いです。

なので、一般教養の授業で教科書を読むときや、専攻の教科書を読まなきゃいけないときに、必死で勉強した専門用語や長文練習は、教科書を読むのと、その内容を理解するのにとても役に立ちます。

おかげで、私はリーディングが得意になり、他の日本人学生や周りの留学生と差をつけることができました。

留学する前に勉強を疎かにし、留学後でもリーディングが苦手でGoogle 翻訳を使いながら教科書を読んだり、エッセイを書く留学生はかなりいるで、そんな人たちはいつまで経っても英語力は伸びませんし、とても苦労します。

本気で留学や海外勤務を考えていて、TOEFLが必要なら、プログリットがダントツでお勧めです。TOEFLスコアアップ、英語力アップ、自身の改善を可能にする、優秀な英語コーチングスクールがプログリットです。

プログリットは、あの有名なサッカー選手の本田圭佑選手が推薦し、英語学習法の本まで出版されており、それだけ結果を出している英語コーチングスクールなんです。

下の動画では、実際にプログリットの英語学習を終えた方が、プログリットのレビューをしているので、どのような効果があるのか、どこがいいのか気になる方はご覧ください。↓↓

TOEFLを取得するメリットとは?

留学経験もないし、TOEFLの勉強をしたことがないと、なかなか働きつつ効率的に勉強するのが厳しい現状…

また、留学するとなると、英会話の練習も必要なので、仕事、TOEFL、英会話と三つも並行するのは至難の業です。

さらに、TOEFLの勉強ができても、本当に留学で必要なスピーキング力を身に付けるのも困難です。

だらだらと結果が出にくい独学を続けても、TOEFLのスコアがなかなか上がらず、留学したい大学の申し込みは一年後になってしまいますし、長引けばそれほどいろんなチャンスも逃してしまいます。

でも、どんなに多忙で仕事で忙しくても、留学や海外勤務を目標にして、TOEFLで結果を出し、英語も話せるようになる画期的なコーチング英会話スクールがプログリットです。

考えてみてください。

TOEFLのスコアが高ければ高いほど、留学先の大学の選択肢が広がる。英語圏内のトップ大学=世界のトップ大学も夢ではないです!
レベルが高い大学に留学できれば、その後、有名な外資系企業に転職することも可能です。
短期留学なら経験がある人は割と多いんです。他の留学経験ありのライバルよりも、より高いTOEFLのスコアをとって、より良い大学に留学したら、彼らよりも良い仕事をゲットし、英語を活かせるビジネスチャンス沢山だって舞い込んでくるようになります。
TOEFLでハイスコアを出すことは容易ではないので、結果が出れば相当な自信がつけられます。英語ができて自信がある人って職場でもプライベートでもキラキラしてませんか?
英語が話せると、英語圏に住んでいる人だけでなく、他のアジア圏やヨーロッパ圏の人たちとだって話せることができるようになり、いろんな考えや価値観を知ることができるので、人生がもっと楽しく豊かになります。

プログリットでは、最初に無料のカウンセリングを受けることができます。

そこでは、英語診断テストを受けて現状の英語力を図ることができます。

そして、科学的根拠に基づいてどうすれば英語の弱点を克服できるかを教えてくれるので、本当に目からウロコです!

プログリットを受ける受けないに関わらず、受けておいて損はありません。

面倒な勧誘は一切ありませんので、ご安心ください。

また、便利なことに無料カウンセリングはもちろん、TOEFLのコースはオンラインでも受けることができます。

オンラインなら仮にあなたが海外にいたり、プログリットの校舎の近くに済んでいなくても安心ですね。

考えていても、前に進まないので本気ならまずは無料カウンセリングを受けることをおすすめします。↓↓

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】