TOEICの点数の評価の目安は?100点毎に選べる仕事の幅や年収を解説!

The following two tabs change content below.
まりこ

まりこ

「英語が話せるようになる」という事。それだけで未来は開けます。英語の勉強に本気で役立つ情報や、間違いのない英会話スクール・勉強方法など、英語に関するさまざまな情報をお届けし、あなたをサポートします!

TOEICの勉強を始める前に調べておきたいことってありますよね。

たとえば、「転職したいと思っているけど、自分の評価を高めるTOEIC点数は一体何点なんだろう?とか、「グローバルな部署に異動したいがTOEICで何点とれば会社にアピールできるだろう?」とか、「自分の夢を掴むために、TOEICの点数はどのくらいを取っておくべき?」など、点数に対する評価って気になりますよね。

そして、その点数によって選べる仕事の幅や年収、これまた気になるところです。

今回は、TOEICの点数の評価の目安と、100点毎に選べる仕事の幅や年収について解説します。

これを知ったうえで勉強すると、ある程度の「自分の目標点数」が見えてくるため、計画も立てやすくなり、モチベーションアップにも繋がりますのでぜひ読んでみてください。

TOEICの点数の評価の目安

まずはTOEICの平均スコアを見てみましょう。(第246回 2019年12月)

リスニング
セクション
リーディング
セクション
トータル
最高スコア 495 495 990
最低スコア 5 5 10
平均スコア 327.6 267.8 595.4
標準偏差 84 94.5 169.6

最高点数の990点を取ってる方もいらっしゃいますね!素晴らしい!

なるほど。これを見ると、この回の平均点数は595.4点ですね。

ではそれぞれの点数の評価の目安を見てみましょう。

TOEIC
(全受験者)
英検との比較 評価
400点台以下 英検4級程度 ・英語ができないレベル
・履歴書には書かない方がいい
500点台 約20% 英検3級程度 ・少し英語ができるレベル
・履歴書に書いてもあまり意味がない
・転職市場では重宝されない
600点台 約18% 英検準2級程度 ・やや英語ができるレベル
・履歴書に書くと、やや有利
・商社や大手メーカなどで、昇進や海外出張のために求められる最低ライン(企業によっては730点や800点の場合も)
・将来出世を目指すなら、ここが最低ライン
700点台 約15% 英検2級程度 ・一般的に英語ができるレベル
・履歴書に書くと有利
・大手企業だと普通の評価
・海外事業関連だとやや低め
(補足)
TOEICのスコアが730点以上になると、ほとんどの大学で、英語の講義を受けなくてもいくつかの単位が貰える
800点台 約10% 英検準1級程度 ・かなり英語ができるレベル
・海外業務にふさわしい人材
・職場で高く評価される
・外資系企業などへの転職も可能
・10人に1人の人材
・大手企業の食いつきがいい
900点以上 約3% 英検1級程度 ・英語力に不安点はないレベル
・履歴書に書くと圧倒的なアピールポイントになる
・グローバル人材の第一候補
・目標を持って努力できる人材として職場で重宝される
・3%の逸材(自分のブランド価値が上がる)
・昇格や昇進に大変有利

500点台まではほぼ評価されず、やはり平均を超えたあたりの600点台からが評価されるようです。そう考えると、仕事につなげる最低ラインは600点と思った方がよさそうです。

そして、800点台からは急に評価が高くなってきます。仕事にもバンバンつながりそうですね( *´艸`)

TOEIC100点毎に選べる仕事の幅と年収

では、それぞれの点数毎に選べる仕事とは、一体どのようなものがあるのでしょう。TOEICの点数が高ければ仕事の幅がどのくらい広がるのか、年収と一緒に見ていきましょう。

500点~

ツアーコンダクター 年収(単位:万円)
旅行会社が企画したツアーに同行し、参加したお客様が旅の終わりまでを安全に楽しく過ごせるように、スケジュール管理をしながら案内をする仕事です。
海外旅行では、空港でお客様をお迎えし、参加者のチェックや入国・出国手続き、関税検査などのサポートも行います。活躍するフィールドは国内にとどまらず、海外のあらゆる地域に及びます。
340~390
空港地上スタッフ(グランドスタッフ) 年収(単位:万円)
空港での接客業務を担当するお仕事です。
チェックインカウンターで航空券の発券や荷物の受け取り・座席の指定・乗り継ぎや搭乗案内の業務だけではなく、予約の電話に対応したり、トラブルなど各種問い合わせの対応など、幅広い業務を行います。
接客能力、判断力、語学力が求められます。
270~450
入国審査官 年収(単位:万円)
空港や港などで海外から日本を訪れた外国人の出入国の審査をしたり、日本に在留している外国人の在留資格を審査するのが主な仕事です。また、日本人が海外に行くときの出国・帰国の審査も行います。
海外からの不法入国や、危険な物品の持ち込みを防いで日本の治安を守る役割も果たす国家公務員です。
590~670
通関士 年収(単位:万円)
物流を支えるうえで欠かすことのできない仕事です。
海外から物を輸出、輸入するときに必要な税関での手続きを代行します。税関からの許可を受けるための、通関書類の作成や複雑な手続きを、商社やメーカーなどの輸出入業者に代わって行います。
税関から許可が下りなかったり、トラブルが発生した時の交渉も通関士の役割です。
今後も需要のある、注目したい仕事です。
500~1200

600点~

客室乗務員 年収(単位:万円)
旅客機に搭乗し、お客様の搭乗から到着までのさまざまな業務を行う仕事です。
まずはサービスに関する業務で、乗客に対して空の旅を楽しんでもらえるよう、飲み物の提供や毛布の貸し出しなどのさまざまサービスを行います。
さらに保安要員として、緊急時の対応はもちろん、フライト時に飛行機の機体に異常はないかなど「万が一」に備え、常に気を配る必要があります。
300~800
ホテリエ 年収(単位:万円)
宿泊するお客様が心地よく施設を利用できるよう、最高のおもてなしを提供するお仕事です。
フロント・コンシェルジュ・ハウスキーピング・ドアマン・ベルパーソンなど職種は様々です。
海外からの宿泊客が多くなった今日では「英語が話せる方がいい」ではなく、「英語が話せないと仕事にならない」といった状況です。外資系ホテルとなると、社内連絡も英語ベースになるため、英語力はより重要となります。
300~
貿易事務 年収(単位:万円)
貿易に関わる商社やメーカーなどで働く事務職です。
他の事務職より専門性が高く、専門知識と語学力を駆使し、主体的に貿易実務を動かしていく重要な仕事です。
事務職というと、他の社員のサポートをする役割というイメージですが、貿易事務は特殊な地位を築いており、むしろ輸入・輸出の現場の最前線と言えます。
420~460
外資系金融 年収(単位:万円)
「外資系」とは、簡単に言うと一定数以上の外国資本が認められる企業の事を指します。たとえ企業の拠点が日本にあっても、従業員の多くが日本人であっても、定義に当てはまれば、その企業は「外資系」になります。
最近では、さまざまな分野に進出ていますが、中でも活躍が目立つのが金融業界です。投資銀行や証券会社、保険商品、クレジットカードなどの金融業界に携わる仕事をしている外資系企業が数多くあり、今の日本の経済界において重要な存在となっています。
800~

700点~

商社マン 年収(単位:万円)
商社に勤め、営業の仕事を中心に、世界中と「もの」の商取引を行う仕事です。
商社には、分野や業種問わず幅広いものやサービスを扱う「総合商社」と、特定の分野や業種においての取引を行う「専門商社」があります。
商社マンになるには大卒以上の学歴が必要で、語学力だけでなく、高いコミュニケーション力や判断力、リーダーシップなども求められます。
600~1200
日本語教師 年収(単位:万円)
国内や海外において、外国人に日本語を教える仕事です。
正しい日本語の発音や文法、読み書きを教え、日本語能力を身に着けさせるように教育します。
日本国内で外国人に日本語を教える場合には、英語力は必要ありませんが、海外で日本語教師をするのであれば、その国の母国語を使って日本語を指導する方法が一般的ですので、英語圏であれば英語力が必要となります。
280~450
留学カウンセラー 年収(単位:万円)
留学アドバイザー、留学コンサルタント、留学コーディネーターとも呼ばれ、留学を希望する人に情報やノウハウを提供し、留学実現に向けて支援し、その人のキャリア設計に的確なアドバイスをする仕事です。また、留学全般の手配と渡航後のケアなども手掛けます。
最新かつ正確な学校情報を把握する必要があるため、学校のホームページなども頻繁に確認し理解する必要がありますし、留学先とのコーディネートを行うため、書類作成やメールのやり取り、電話でのやり取りをスムーズに行う英語力も求められます。
350~600
航空管制官 年収(単位:万円)
国土交通省に所属する国家公務員として、航空機が安全に離着陸し、他の飛行機とぶつからずに空を飛べるよう、指示や情報をパイロットに伝える仕事です。
各航空機のパイロットに、進路や高度をはじめとするさまざまな指示や許可を出し、安全にフライトできるように空の交通整理を行います。
英語力は必要不可欠で、パイロットとの通信は全て英語で行われます。
450~850
パイロット 年収(単位:万円)
飛行機を操縦し、乗客や貨物を予定通りの時刻に、安全に目的地まで送り届ける仕事です。
主な勤務先は、航空会社や官公庁、航空機を保有している新聞社やテレビ局などです。
航空会社のパイロットになるには、航空会社の自社養成パイロット採用試験に合格する必要があります。
航空管制官との通信は、全て英語で行われます。
800~2000
海外営業 年収(単位:万円)
メーカーなどの企業において、海外の企業を顧客とし、その企業や販売代理店とやりとりをする営業職の仕事です。
高い英語力が必要となり、TOEICのスコアは800点以上あると評価されることが多いようです。
グローバル化が進み、大手から中小企業まで海外市場へ進出する企業は増えており、海外営業の需要はさらに大きくなっていきます。
400~
国際NGOスタッフ 年収(単位:万円)
国際協力に携わる非政府組織、民間団体のスタッフです。
活動の対象分野は、開発・環境・人権・平和の4つに大きく分けることができ、特に教育・子ども、保健医療、職業訓練、ジェンダー・女性、植林、復興支援などの活動が盛んに行われています。
世界で活動するのであれば、現地の人とコミュニケーションが取れる程度の英語力が必要です。理想は、その地の現地語を習得することです。
280~400

800点~

メディカルライター 年収(単位:万円)
豊富な知識や経験をもって医療や健康を専門に記事を作成するお仕事です。
取り扱う内容としては、治験の報告書や医薬品の製造販売に関する一連の作業、医薬論文等を手掛けます。
専門領域を持つことはもちろん、医学用語に精通していることや論文根拠となる文書読解のための英語力も求められます。
350~600
特許事務員 年収(単位:万円)
特許事務とは、特許制度に基づく事務処理全般を指す言葉です。
勤務先が特許事務所や弁理士事務所であった場合は、特許出願手続きが主なお仕事となります。一般企業に就職する場合は、自社の製品が第三者の知的財産を侵害していないがどうかの調査や、逆に自社の知的財産がライバル会社に侵害されていないかを調査したりします。また、他社との特許のライセンス交渉を行うなど、幅広い業務に対応することもあります。
350~450
英語コーチ(日本人対象) 年収(単位:万円)
英語学習者の「時間」「お金」「自信」の無駄遣いを無くし、得たい結果を最短で得られるようにサポートするお仕事です。
効率的な英語の学習方法のレクチャーや日々の学習のフォローアップを行います。
350~550
大使館事務員 年収(単位:万円)
主な業務は事務処理ですが、海外から訪日する外交官と打ち合わせなどで会話する機会もあります。
日本の文化や歴史、政治経済などを伝えられる程度の高い英語力が必要となります。
230~350
通訳案内士 年収(単位:万円)
日本を訪れる外国人観光客に対して、日本の観光地や文化を案内したり、旅行中のサポートをする仕事です。
この仕事では、高い語学力に加え、日本の文化や歴史・経済などに関する幅広い知識を生かして働きます。現状では正社員として働く人は少なく、多くの人は兼業やフリーランスで活躍しています。
日本への外国人観光客の数は年々増しており、特に地方で活躍できる人材や、アジア圏の言語が扱える人材は需要が拡大しています。
240~
役員秘書(外資系企業) 年収(単位:万円)
主にスケジュール管理、お礼状の作成、会議の招集、議事録や資料の作成、経費精算、車両手配など、役員の行動に付随する手続きを先回りしてこなす仕事です。
外資系企業の場合、本国の役員や社員、外部のクライアントなど、業務上あらゆる登場人物との間で英語でのコミュニケーションが必要になりますし、日々の業務(電話、メール、レター作成などなど)を考えると、目安として850点以上の高い英語力が求められます。
330~500
英文速記者 年収(単位:万円)
英語による会議やインタビューなどの話し言葉を、速記記号などを使って記録し、それを元の言葉に戻す作業(反訳)を行って原稿にする仕事です。
反訳はワープロ処理することが多いため、速記技能・語学力の他にワープロ技能も求められます。英文速記者になるには、専門の勉強をし、速記技能検定に合格する必要があります。
400~500

900点~

国連職員 年収(単位:万円)
国連本体や下部機関などで働く国際公務員のです。
世界中で起こる紛争や核問題、食料問題や難民、環境問題など、国連はさまざまな問題の解決に取り組みます。国連職員は、それぞれの目標にむけて主導権をとり、外部と連携しながら円滑に進め、問題解決へと導く支援をする役割と責任を担っています。
語学力や高度な専門性、高い理念、そして問題解決への意欲が必要とされる職業です。
430~1300
翻訳家 年収(単位:万円)
外国語で書かれた文章を日本語で的確に表現する仕事です。
小説やノンフィクションなどの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、企業や研究者が利用するための翻訳をする「実務翻訳」、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳をする「映像翻訳」などの分野があります。
翻訳家として活動する場合の必須の資格はありませんが、英語であれば英検1級や、TOEIC900点台の語学力が必要です。
400~600
通訳者 年収(単位:万円)
使用する言語が異なる人同士のコミュニケーションをサポートするため、会議やプレゼンテーション、商談などで言語を口頭で置き換えるお仕事です。
通訳は主にその形態と様式から「逐次通訳」「同時通訳」「ウィスパリング通訳」の3種類に分かれています。
通訳者として仕事をするのに必要な資格はありませんが、ネイティブレベルの英語力が必要となります。
650~800

以上、TOEICの点数の評価と、選べる仕事の幅でした。

TOEIC900点以上になると、いよいよ専門的です。ガッツリ英語に浸るお仕事ですね。

正直、TOEIC900点以上を取得するのはかなりの努力が必要です。でもその先にはきっと明るい未来が!

まさにそう言っている方がいらっしゃいました♪↓↓↓

TOEICの点数の評価の目安|あなたの夢実現のために目標は高く設定しよう

TOEIC500点台までは、そう評価されないと言いましたが、求人には「TOEIC500点~」と掲げている企業があるもの事実ですし、今回挙げた選べる仕事も魅力的な仕事です。

しかし、ここ1年間のTOEICの点数の平均点は570点台後半から590点台後半で、少しでも評価を得たいのであれば、目指すは最低600点というところではないでしょうか。

そして、点数が高くなればなるほど、選べる仕事の幅が広がるのは言うまでもありません。

今回は参考年収も一緒に記載していますが、その仕事に就けば「100%その年収が稼げる」、もしくは「それだけの年収しか稼げない」といったことではありません。

どんな仕事でも、年収の底辺、頂点はあります。つまりは、あなた次第ってことです。

そして少し前になりますが、ある大手転職サイトが、1年間の間にエージェントサービスに登録した、事務系の職種で正社員として働く、約10万人のデータをもとに調査したところ、なんとTOEICスコアを持つ人の平均年収と、未受験者の平均年収に100万円程の差があったと発表しています。

更に、400点~600点台では平均年収にほとんど差は見られないのに対し、700点以上ではスコアの高さと年収の高さの相関が如実に表れているとも。

「目標は高く」に越したことはなさそうですね。

TOEICのスコアを上げることで得られるメリット

TOEICのスコアアップできると、たくさんのメリットがあります。想像してみて下さい。

TOEIC L&Rのスコアが大幅にアップすることで、転職・就職・昇進・海外勤務などのチャンスがどんどん転がり込んできます。
TOEICの高いスコアを持っているだけで、周りから一目置かれます。社会的に英語ができる人として認められます。
TOEICの点数をつけるだけで、転職サイトではオファーがバンバンきます。

次にたった2ヶ月でTOEICのスコアを確実に大幅アップさせることが出来る、とっておきのTOEIC勉強法をお伝えします。

2ヶ月でスコア爆上げする方法とはコーチング英会話

最短最速でTOEICのスコアアップできるのはコーチング英会話です。

コーチング英会話とは、マンツーマンで英語・英語の正しい勉強法などを教えてくれる英会話プログラムです。

毎日サポートしてくれて、英語だけでなく、マインドセット、生活習慣、時間の使い方を管理してくれ、英語の勉強の習慣化を作ってくれる、いたりつくせりの今の時代の最強の英会話プログラムです。

やらざるを得ない環境、背水の陣の環境に身をおけば、人間すごいポテンシャルを発揮します。

その反面、甘えた環境のぬるま湯に使っている状態、周りに誘惑が多くて一人でやろうとする場合、挫折したりやる気がでないものではないですか?

従来の週一回の英会話教室の場合、コーチング英会話に比べると費用は抑える事ができる反面、週一回のレッスン以外は自分ひとりだけでしっかりと自習をする必要があります。

もし、週一回のレッスン以外は何もしないのであればあまり効果はえられないでしょう。また、成長を感じることができないと、挫折する可能性がアップします。

あなたが、週一回のレッスン以外でもちゃんと勉強を続けてレッスンを最大限に活かすことができるのであれば、良いと思います。しっかりとした目標を持って、絶対にやりとげることができる意思が強い人なら大丈夫です。

しかし人間、一人になると甘えてしまう人が多いのが現実です。また、どんなにがんばった週一回のレッスンも、コーチング英会話の効力には勝つことはできないです。コーチング英会話では、毎日あなたと一緒に伴走してくれる、コンサルタントやトレーナーといったコーチがついてくれます。

筋トレで例えると、パーソナルトレーナーが常についてくれているようなものです。筋トレの場合、一人でベンチプレスをやっているより、「後もう一回、いける!」とカツを入れられると、独りだとやめているところがもう一回上げることができたりします。

また、最初からこの日はコーチとやると決まっていると、さぼれないですよね。

これの英語版といえます。また、英語力診断テストを受けて、その結果を見てあなだけのための正しい英語勉強方法を教えてくれます。つまり、あなたにとって最も効果的な方法で英語を勉強することが出来るということです。

そして、モチベーションが落ちたときでも、叱咤激励をしてくれるので、怠けることができません。あなたの目標に合わせたカリキュラムを組んでくれるので、変な方向に行って遠回りをしたり、無駄な勉強をしたりすることもありません。

しかし、あなただけのために、一人のコーチがつくわけですのでそれなりの費用はかかります。それでも、実はコーチング英会話はコスパはいいです。2,3ヶ月、最長でもたったの1年という、短期間であなたの夢を実現させることが出来るわけです。

もし仮に、英語を身につけるのに1000時間必要だったとしましょう(本来は人によって違いますし、学習の質などによりますが、一旦時間のみに英語力の伸びが依存するとします)。その場合、一日3時間の勉強を毎日確保したとすると1年かかります。

でももし、1日20分程度の英語学習をすると、1000時間勉強するのにおよそ8年もかかるのです。

もしあなたが40歳だと仮定して、41歳からビジネス英語ができるようになって活躍できるのと、48歳から英語ができるようになるのと、どっちがいいのか明白ですよね。いわずもがな、人生は短いです。英語が話せる状態の人生が早く来ればくるほど良いに決まっています。

最後に最速最短でTOEICのスコアをあげることができる、もっともおすすめの3つのコーチング英会話について、紹介しておきます。

生活習慣から改善して自習力を身につけるプログリット

もしあなたが、英語の独学をやっていけるように叩き直してほしいのであれば、TOEICコースがあるプログリットがおすすめです。

プログリットのTOEICコースでは、スコアだけでなく本質的な英語力も上げることができます。

プログリットでは、英語を教えるのではなく、正しい英語の勉強方法を教えて一人で自習していくことができる自習力を鍛えてくれるコーチング英会話です。

一緒に伴走してくれるのは、英語の先生ではなく、コンサルタントです。受講生の弱点・目標に合わせた正しい英語の勉強法を教えて、卒業後も一人で英語を勉強して効果がだせるようにするための、プロです。

脳の科学的な根拠に基づいた、納得感のある勉強法を伝えてくれるので、「これなら間違いない」とゴールが達成されることが理解できてやるので、迷いがありません。

また、無料カウンセリングでは、英語力診断テストを受けて、あなたの弱点を分析してくれます。その結果に基づき、科学的根拠に基づいたあなただけの正しい英語学習方法を提案してくれるので、目からウロコです。さらに、あなただけの学習スケジュールまで作ってくれます。

何をどの期間やるのか、そういったあなただけの学習スケジュールまで無料で作ってくれるんです。今までの英語の常識を覆す理論に、本当に目からウロコです。しかもこの無料カウンセリングはオンラインでもやってくれるので、あいていれば明日にでも家にいながら受けることができます。

それだけではなく、コースもオンラインだけで受けることができます。

オンラインでも受けれる簡単さなのに、得られる情報は非常に価値が高いので、無料カウンセリングだけでもうけてみることをおすすめします。↓↓↓

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】

1年で確実に話せるようになるトライズ

トライズは、1年で確実に英語が話せるようになります。トライズのCEOの三木社長は、実は日本一の成功者でありお金持ちといっても過言ではない孫正義氏の元秘書です。孫正義氏のソフトバンクスピード仕事術は次の3ステップになっています。

1 目標を明確化

2 数値化

3 無駄を徹底的に省き、最も効果的な方法に絞って実践する

この孫正義氏のスピード仕事術を英語に取り入れているのがトライズのシステムです。最初にあなただけの目標を明確化し、VERSANTというスピーキングとリスニング力を数値で図ることが出来るテストを毎月受けて成長を実感します。

そして、あなたの目標に本当に必要なものだけをひたすらやり続けます。これは、三木社長が実際に孫正義氏のもとで働いていたときに実践していた内容で成功した方法ですので、効果は保証済です。

また、「完璧な発音を目指さない」「スピーキングとリスニングを徹底してやる」など、徹底的に無駄時間を削ぎ落としていますので、最速最短を駆け抜けます

学習スケジュール管理・モチベーション管理はコンサルタントがサポート、英語はネイティブ講師に教えてもらうことができる、ダブルサポート体制も魅力の一つです。

トライズにももちろん無料カウンセリングがあり、受講もカウンセリングも両方オンラインで受けることができます。まずは無料カウンセリングで、孫正義流の仰天のカリキュラムのくわしい内容を聞いてみてください。

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が話せる

さらにトライズには、TOEICのスコアアップに徹底的にフォーカスしたTOEICコースがあります。このコースは、とにかくTOEICのスコアアップさせることにフォーカスしていますので、おすすめの3つのコーチング英会話の中で、TOEICスコアアップをしたい方には一番おすすめです。

しかもたったの2ヶ月でTOEICのスコアを大幅にアップさせることが出来るんです。

TOEICコースに自信があるので、最大2ヶ月でTOEICスコア200点アップ保証までついています!

しかもトライズの語学研究所の所長は、TOEIC満点保持者です。また、元NHK同時通訳の新崎隆子氏と関西学院大学の門田修平教授が顧問としてついています。実は、シャドーイングと名のつく英語勉強法はすべて門田教授の研究に基づいているところばかりなのです。

このような体制で、トライズの語学研究所では効果的な英語勉強法が常に研究されているんです。トライズのTOEICの無料カウンセリングでは、英語診断テストを受けてあなたに必要な英語勉強法を脳科学に基づいて教えてくれるので本当に目からウロコです。

TOEICの勉強中の方は絶対受けてみるべき無料カウンセリングです。↓↓↓

【トライズ TOEIC(R)対策プログラム】2ヶ月で最大200点アップ保障

ライザップの英語版のライザップイングリッシュ

ダイエットで大成功しているライザップの英語版がライザップイングリッシュです。

ライザップイングリッシュにも2ヶ月〜3ヶ月といった短期間でTOEICスコアをアップさせることが出来るコースがあります。

知っているかたもいると思いますが、筋トレと英語や脳の鍛え方はとても似ています。

筋トレの成功の方程式は、そのまま英語の成功の方程式に応用することが可能です。

ライザップと言えば誰でも知っている、ダイエットプログラムです。そんなライザップイングリッシュに通っていると言えば、周りの人たちみんなが真剣に英語を勉強しているんだと理解してくれて応援してくれることでしょう。

ライザップはすでに結果が実証されている方法ですので、効果は保証付きです。また、ライザップイングリッシュは専属のトレーナーが、英語の講師・モチベーションを管理してくれるコンサルタントの役目を担ってくれます

つまり、毎日やり取りをするトレーナーに直接英語の質問をして英語を教えてもらうことができ、さらにモチベーションもしっかりと管理してくれるんです。ダイエット同様2ヶ月、3ヶ月といった短期間で大きく英語力をあげることができます。

ライザップイングリッシュの無料カウンセリングもオンラインで受けることができます。↓↓↓

【30日間無料返金保証】ライザップイングリッシュの無料カウンセリングはこちら

ここで紹介した3つは全て無料カウンセリングで、オンラインでカンタンに申し込みでき、無料カウンセリングもオンラインで受けることが出来るという手軽さです。

まず3つとも無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

受講生では、そうやって比較してから決断している人が多いです。

無料カウンセリングで比較しないと、もやもやしたまま申し込むことになるのでリスクが高いです。

あなたがここまで読んでいるのであれば気になっている証拠です。

時は金なり、気分が乗っているあいだに無料カウンセリングに申し込みましょう!

上記で紹介した3つのコーチング英会話の公式サイトのリンクは、記事下にもありますので、チェックしてみてください。

絶対に損することはない目からウロコの内容ですよ。

足踏みしてないで、あなたの目標に向かってドンドン行動していきましょう!

本気の人におすすめコーチング英会話トップ3

ライザップイングリッシュ

 
ライザップイングリッシュの特徴
  • 日本人専属トレーナーが徹底サポート
  • ネイティブ講師の英会話レッスンもあり
  • 30日間全額返金保証
  • アウトプット重視型、英語脳を育成

プログリット

 
プログリットの特徴
  • 英語学習を習慣化と正しい勉強法
  • 一生続く自習スキルを習得
  • 30日間全額返金保証
  • 時間管理術など人生に活かせるノウハウ

スパルタ英会話

 
スパルタ英会話の特徴
  • ネイティブ講師のレッスン量が業界No.1
  • グループレッスンが受け放題
  • ネイティブ講師とコンサルタントのWサポート
  • 日本人コンサルタントも英語を教えてくれる