山下智久(山P)の英語力発音勉強法は?英語ドラマTHE・HEAD出演も!独学も流暢な英語の学習法を検証してみた

The following two tabs change content below.
YSK

YSK

成人するまで海外に一度も行ったことがなく、英語も話せませんでしたが、20代になってから英語を猛勉強、また1年間の海外生活を経験し、英語で仕事ができるまでになりました。外資系企業での勤務経験もあります。 大人になってから本格的に英語を学びたい方に向けて、上達に役立つ情報を発信していきます。

グローバル化が進む中で、日本だけに留まらず世界でも活躍する日本の有名人が増えているように思います。

英語を学んでいる立場からすると、「どうやって英語ができるようになったんだろう」と気にならずにはいられません。

この記事では、最近全編英語ドラマに出演した山下智久さんをピックアップし、英語力や発音、また勉強方法についてまとめていきます。

山下智久の基本プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomohisa Yamashita(@tomo.y9)がシェアした投稿


山下さんは、日本のタレントで、俳優、歌手として活躍しています。

ニックネームは、「山P」、「山ピー」です。

1985年4月9日生まれで、2020年10月時点では、35歳です。
アラフォーということになりますが、若々しすぎてとてもそうは見えないですね。

身長は174㎝、体重は62~64㎏。
同年代の平均体重は69㎏前後なので、かなり引き締まっています。

出身地は千葉県です。

山下智久の経歴・学歴

山下さんの芸能活動のきっかけは、1996年(当時11歳)に滝沢秀明さんが出演していたドラマを見て憧れ、ジャニーズ事務所に応募したことだそうです。

当初は目立った存在ではなく、レッスンに呼ばれないこともしばしばで、本人は不安な日々を過ごしていたようです。

そのため初めてジャニーズJrとしてテレビに出演する当日には、うれしさのあまりにはしゃぎすぎて骨折してしまったのだとか。

ですが、「どうしても」と本人の意思でギプスのまま出演を強行、それがかえって「根性ある」と一目置かれるきっかけとなったそうです。まさに怪我の功名ですね。

2003年にはNEWSが結成され、そのメンバーとしての歌手活動にとどまらず俳優としても数々のドラマ・映画に出演し活躍の幅を広げていきます。

そして2011年には同グループを脱退しソロ活動に専念することになります。

2016年にソロとしてベストアルバムをリリースしたのち、俳優業に専念しましたが、2018には歌手活動を再開しています。

学業面では、2004年に堀越高等学校を卒業。
同年に明治大学商学部に入学、2008年に卒業しています。

山下智久の出演ドラマ・映画

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomohisa Yamashita(@tomo.y9)がシェアした投稿


俳優、歌手とマルチな活躍が目立ちますが、今回は俳優として側面にフォーカスし、数多くの出演作品の中からいくつか代表作をご紹介します。

野ブタ。をブロデュース(ドラマ、2005年)‐桐谷修二役
  • クラスの人気者である修二が、堀北真希さん演じるクラスのいじめられっ子(野ブタ)を人気者へとプロデュースするという学園ドラマです。
  • 共演者の亀梨和也さんとのドラマ役名ユニット「修二と彰」が歌った主題歌「青春アミーゴ」もドラマとともにヒットし、大きく注目を浴びました。

 

「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズ(ドラマ)、2008年~‐藍沢耕作役
  • ドクターヘリに焦点を当て、救急救命センターでのフライトドクターの活躍を描いた医療ドラマです。
  • 3度もドラマ化された人気シリーズで、またドラマシーズン3の翌年には映画化もされています。
  • この作品の中では、山下さんが海外の医療チームと英語で会話するシーンもあります。

 

テラフォーマーズ(映画、2016年)‐武藤仁役
  • 火星を舞台に、ヒト型に進化したゴキブリ「テラフォーマー」と、手術で特殊能力を身に着けた人間との戦いを描いた人気SF漫画の実写版映画です。
  • 当時実写化に関しては賛否両論もあり、大きな話題となりました。

 

山下智久の英語力は?

山下さんの英語レベルは非常に高いと思います。英語で日常会話をしたり、英語圏の国で生活を送ったりするうえで不自由はないのではないでしょうか。

このように思った理由が、こちらの動画。
山下さん出演の「THE HEAD」(全編英語のHuluオリジナルドラマ)の外国人の共演者たちへのインタビューの中で、急遽山下さんが共演者に呼ばれて少し雑談をするという場面です。

おそらく事前の打ち合わせなどはなかったのでしょうが、質問に対してその場で流暢な英語で答えていました。途中でつまったりするところもなく、またある程度まとまった英語の文章をリラックスして話していた様子です。

間の取り方も、日本人がやってしまいがちな「あー」や「んー」といったものでなはく、”You know…”や”How to say…”といった英語ネイティブが使うフレーズを必要に応じて挟んでいるためとても自然に聞こえました。

以上から、基礎的な英語力が高いことが見てとれます。急に英語を話すような場面でこそ真に英語の実力が試されるものですが、本物のようです。

山下智久の発音はいい?

発音もとても上手だと思います。

日本語訛りもそこまで強くなく、英語のネイティブスピーカーがきいても難なく理解できるレベルでしょう。

ただ一つだけ気になったのは、話し方が、全体的にややぼそぼそしているような感じがしたことです。もう少しそれぞれの単語をはっきり発音するようにするようにすると、より聞きやすくなるのではないかと思いました。

山下さんは日本語でもややぼそぼそと話す傾向があるようなので、そこは個性なのかもしれません。非ネイティブスピーカーは、ネイティブのように発音できるようになりたいと思いがちですが、少しくらい訛っているほうが逆に愛嬌があると感じてもらえることもあります。

いずれにせよ、山下さんはレベルの発音であれば、話していることを聞き取ってもらえないということはまずないでしょう。

山下智久は英語をどうやって学んだ?

山下さんが本格的に英語を学びたいと考え始めたのは2012年頃、きっかけは、仕事で海外に行った際に、現地の仕事仲間と英語で話したいと思ったことだそうです。

調べたところ、具体的な勉強のアプローチは、英語を話す環境をつくること、そしてテキストを開きやすい環境を整えることでした。

英語を話す環境をつくる

山下さんは英語を話す環境をつくるために、日本に住むネイティブスピーカーの知人とは英語でしか話さないと決めたそうです。

そうすることで日常会話において必要となることや、切実に伝えたいことを英語でどう表現するかを考えられるようになったのだとか。

テキストを開きやすいをつくる

また、テキストでの勉強に関しては、同じテキストを2冊買い、1つは携帯して移動などの際に読む用、もう1つは家のテーブルに開いた状態で置いておく用として使ったようです。

そうすることでたとえ疲れて帰宅したとしても、テキストに向き合うハードルが下がり、あらかじめやろうとしていたテキストの勉強をやりやらずじまいにならずに済むのだそうです。

山下智久の勉強法に関して筆者が思うこと

以上から、山下さんは環境づくりを意識して継続的に英語を勉強していたことがわかります。

英語を話す環境に身を置くと、日常の何気ない一言を英語で表現することほど意外と難しいと実感します。そのため、日常の中で自然に積み上げていくと大きな成果につながるに違いありません。

また、同じテキストを2冊買うというのはもったいない気もしますが、勉強の機会を逃さないことにつながるのであれば、必要なコストだと思えて納得してしまいました。

モチベーションだけでは途中で挫折しやすくなりがちですので、そうならないために環境を作り、日々の生活に英語学習を組み込んでいくことは大切ですね。

山下智久の2020年の活動は?

山下さんの2020年の活動で最も注目すべきは、6月公開のHuluオリジナルドラマ、「THE HEAD」へのメインキャストとしての出演でしょう。

The Headへの出演

山下はさんはこの作品の中で「アキ・コバヤシ」という微生物学者を演じています。

こちらがHulu公式の「The Head」ティザー映像です。

この作品は日欧共同制作の連続ドラマです。世界30か国以上で公開されているとのことで、山下さんにとっては世界デビュー作となります。

それだけではなく、この作品のエンディングテーマには山下さんの「Nights Cold」という日本語と英語の歌詞が入り混じった曲が採用されています。こちらも山下さん初の世界タイアップ曲です。

俳優としても歌手としても、世界に名を広める大きな第一歩です。

これまで地道に積み上げてきた英語学習の賜物と言っても過言ではないでしょう。

一定期間の活動休止へ

しかし、8月、山下さんは未成年女性とのスキャンダルが報じられたことがきっかけで一定期間の活動休止を発表しました。

世界デビューもつかの間、非常にもったいないと個人的には思います。

活動再開時期の目途はまだ不明のようですし、様々な意見もあるのでしょうが、世界で活躍できる貴重な日本のタレントであるだけに、今後復帰をして世界を舞台に活躍し続けてほしいですね。

まとめ

この記事では、山下智久の英語力について紹介しました。記事の内容を以下のようにまとめました。↓↓

  • とっさの英語での質問も難なく答えられるほど高い英語の実力
  • 発音も、ネイティブに問題なく通じるほどきれい
  • 学習・上達の秘訣は、英語を勉強し続けられる環境をつくること

以上が、今回の記事の内容となります。他にはどんな英語が話せる有名人がいるのだろう?と気になった方はぜひこちらもご覧ください!↓↓