【経験者が語る】bわたしの英会話の教材はオリジナル!どんな内容なのか口コミも紹介!

The following two tabs change content below.

Atsuko

英会話スクールに計10年ほど通い、留学経験はありませんが、自分で 英語の習得を積み重ねてきました。 私立の小学校での指導経験もあります。 自分の経験を活かして、みなさんの英語学習の参考になる、分かりやすい記事をお届けしていきたいと思っています。

bわたしの英会話という英会話スクールをご存じですか?

女性から、大変人気があるんですよ。

bわたしの英会話では、様々な方法で女性が喜ぶような工夫をしています。

レッスンで使う教材についても、オリジナルのもので、ひとかたならぬ熱意が注入されています。

教材が興味が持てて、入り込みやすい内容なら、レッスンもグッと楽しくて、身が入りやすくなりますよね。

bわたしの英会話では、どのような教材を使っているのでしょうか?

教材開発のコンセプトから、どのような種類の教材があるのかまで、一緒にみていきましょう。

また、教材についての口コミや、筆者の感想も載せています。

この記事を読めば、きっとbわたしの英会話についての理解が深まり、親近感を持っていただけると思います!

bわたしの英会話の教材はどんな内容か?

生き生きとした女性Belleのストーリーと、丁寧な文法解説が載っています。

 

bわたしの英会話の教材を使った勉強法とは?

特別に開発したツールを使って効果的に学習します。

 

興味を持ったら、今すぐにこちらへどうぞ! ↓↓

bわたしの英会話について


bわたしの英会話は、女性限定、初心者向けで、マンツーマンに特化した英会話スクールです。

講師は全員ネイティブ講師で、bわたしの英会話では、彼らを「レッスン・パートナー」と呼びます。

上から目線の「先生」ではなく、生徒と共に学ぶ「パートナー」と考えるためです。

レッスン・パートナーは、英会話を教えるだけではなく、豊富な実社会経験を持っています。

生徒が、英語を仕事で使う場面での疑問にも対応できる技量があります。

レッスンはカスタマイズで、日本人のプログラム・デザイナーとネイティブ講師のレッスン・パートナーが、生徒と相談しながら、ひとりひとりの目的に合わせて、作ります。

日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC対策、転職、留学と幅広い目的に応じています。

2つの ITインフラシステム、『レッスン・カルテ』『レッスン・レコード』によって、レッスンの内容が記録されるので、毎回、どのスクールでレッスンを受けても、レッスンのクオリティに差がありません。

また、レッスン終了後には、レッスン・パートナーから、レッスン中にわからなかった、英語の表現、単語、重要なポイントがレポートとして渡され、これを「マンツーマン・ケア」と呼んでいます。

「マンツーマン・ケア」によって、毎回のレッスンの内容を振り返り、次回の学習への動機づけが培われます。

レッスン・パートナー、スクール、日時の予約・キャンセルも24時間オンラインで出来ます。

さらに、スクールは現在、全部で9校あり、スクールごとにテーマに沿った環境づくりがなされています。

例えば、新宿校はBotanical(植物の)、銀座校はClassy(おしゃれな)、渋谷校はLuxe(ぜいたくな)といったテーマがあります。

それぞれのスクールには、テーマに合わせた内装や、机、椅子、パソコン、本が入念に選ばれています。

教室内は、季節ごとのアロマや空調がチョイスされ、心地よい音楽も流れています。

こうしたサービスや、雰囲気づくりによって、生徒はリラックスして、楽しくレッスンを受けられるのです。

ホッとして話せて、スクールの雰囲気がおしゃれで、かわいいだけではなく、生徒の要望に丁寧にこたえる点でも、bわたしの英会話は、英語を初めて学ぶ多くの女性に支持されています。

Photo Journalとは


bわたしの英会話では、オリジナルの教材を開発して使っています。

その1つが、レッスンテキストの『PhotoJournal』です。

『PhotoJournal』は、Output(会話)ができるように開発されました。

それは、わたしたちがこれまで得たInput(知識)を、発話という方法で、展開させたいという意図がふくまれています。

女性を応援する英会話スクールにしたい、という思いから、スタッフが情熱を傾けてテキストを開発しました。

テキストのネーミング、ストーリー構成、主人公の生活スタイルについて、スタッフは、連日議論を繰り広げました。

そうして、ようやく出来上がったテキスト、『PhotoJournal』は、「イギリス人の女性Belleが、ニューヨークを元気に駆け抜けるストーリー」となりました。

教材はどんな内容か


bわたしの英会話の教材は、さまざまありますが、ここでは、『PhotoJournal』と、『Photo Journal』、さらにオンライン教材のPhoto Journal SQRIPTについて、ご紹介します。

元気で魅力的な女性、Belleのストーリー

オリジナルテキスト『PhotoJournal』に出てくる主人公は、Belleというイギリス出身の女性。

ニューヨークに憧れて、単身で渡米します。

Belleは、モデルでも女優でもなく、至って普通の等身大の大人の女性です。

彼女のニューヨークで、恋に仕事にひた向きに頑張るストーリーがダイアリー形式でつづられています。

『PhotoJournal』というタイトルの由縁は、このテキストに、カナダ出身の新鋭フォトグラファーが本場ニューヨークで撮影した写真が随所に掲載されており、その写真からBelleの生活ぶりが想像できるようになっているからです。

このテキストでは、Belleの生きざまを通して英会話が学べるようになっています。

内容は、日常会話、ビジネス会話、旅行での会話が盛り込まれています。

レッスン・パートナーと一緒に、Belleのことや自分のことを、楽しく話しているうちに、自然と英会話が身についていくでしょう。

オンライン版『Photo Journal』の内容

bわたしの英会話にはオンラインレッスンがあります。

そこで使われているのが、通学コースで使うテキスト『PhotoJournal』のオンライン版である、『Photo Journal』です。

テキストの中身は次のようになっています。

別冊の「PhotoJournal_文法解説日本語」の、例えば、Photo Journal1では、「Want to とHave to」「Let’s とWhy don’t」「時間を表すコツ」「位置を表す前置詞」「可算名詞におけるa few, many, a lot of 不可算名詞におけるa little, much, a lot of」などについての徹底的な文法解説をしています。

教材を使った勉強法

充実のオンライン教材『Photo Journal』で予習と復習

勉強の一環である、効果的な予習の方法について、見てみましょう。


テキストを見ながら、まず、文法・単語のチェックをします。右ページの「The Scoop」を読みます。

分かりづらいところは、先ほどご紹介した、別冊の「PhotoJournal_文法解説日本語」を読んでみましょう。

次に、テキスト左ページ上のオレンジの枠の中を読みます。ここには、ストーリーが書いてあります。

それから、テキスト左ページ下の水色の枠の中を読みます。ここには、主人公Belleの会話が出ています。

音読してみましょう。

予習の次は、復習の方法について、ご紹介します。

復習には、レッスン・レコードを使いましょう。

レッスン・レコードには、

  • Vocabulary and Pronunciation (単語・発音)
  • Phrases and Expressions (表現)
  • Grammar and Sentence Structure (文法)
  • Notes/Homework (コメント・宿題)

が記されています。

その日のレッスンで、分からなかった、あるいは講師が重要だと判断した単語や、表現や、文法事項がタイプされています。

タイプされた単語、表現、文法を読み返し、宿題で出された問題を考えてみましょう。

Photo Journal SQRIPTで予習

Photo Journal SQRIPTとは、発音を中心とした、オンライン学習支援ツールです。

教科書『PhotoJournal』で予習をしたあとの、本番のレッスンの事前練習ができる教材です。

発音練習が自分でできます。

練習内容は次の4つ。

  1. リスニング
  2. 音読(シャドーイング)
  3. ロールプレイングの録音
  4. 添削(希望があれば)

リスニング

教科書のBelleの会話の、レッスン・パートナーによる録音を、リスニングします。

初心者にも分かりやすく、聴き取れるようになっています。

会話レッスンを反復して聴けるので、効果抜群です。

音読(シャドーイング)

録音された音声を聴いて、模倣し、音読します。

ロールプレイングの録音

ご自宅のパソコンの録音用スピーカー機能を使って、録音します。

『Photo Journal』の内容を実際に自分で音読したものを、録音します。

音読したものは、システムを通じて録音されます。

録音したものを、自分で聴き直し、ネイティブとの違いを聴き比べてみましょう。

添削(希望があれば)

希望によって、録音された発音を添削してもらうことができます。

Photo Journal SQRIPTを予習に加えて練習すれば、内容がしっかりと理解できて、発音も向上します。

料金は1ヶ月あたり、3300円(税込み)です。

ICレコーダーでシャドーイング

市販のICレコーダーを使って、レッスンを録音して、シャドーイングの練習ができます。

対面レッスン、オンラインレッスンの両方で可能です。

ICレコーダーがない場合は、スマートフォンの録音アプリも使うことができます。

レッスンで使うテキストと見本音声は、ダウンロードして持ち歩くことができます。

教材の口コミは?


<教材についての良い口コミ>

女の子の日記のようになっていて、内容も身近な感じがして、頭にスーッと入ってきます。
見た目もオシャレで、カバンに入りやすいサイズなのも良いですね。
学校の教科書のような堅苦しくなく、話題も身近です。
文法もきちんと学べて、同時に実際に使えそうなフレーズを身につけることができました。
イラストや写真も多いので、個人的に気に入っています。
以前、受けていた別の英会話スクールで使っていたのは、汎用品の教材でしたので、
それと比べて、bわたしの英会話の教材はオリジナルで、大変わかりやすいものだと思いました。
教科書っぽくなくて、雑誌や新聞の切り抜きを使用しているような、親しみやすい内容と文章だったのが印象的です。
章ごとにストーリー部分と文法の部分が分かれていて、文法もしっかり勉強できるところが良いです。忘れていたり、きちんと理解できていない文法を文法を復習しながら、会話の練習ができました。
主人公の日記が書かれている、日記形式のテキストで、仕事のことや、恋愛のことまで書かれていて、内容に入り込みやすいところが良いです。
テキストの字が見やすいです。程よい大きさのものだったので、読みやすかったです。私は目が悪いのですが、それでも十分に見える大きさでした。

<教材についての悪い口コミ>

女性好みの内容で、分かりやすかったのですが、1回毎の内容が少し薄いような気がしました。
テキストの値段が高い感じがします。
内容はオリジナルなもののようですが、決して面白くはなかったです。頭に残らないように思いました。

テキストの内容が、身近で興味を持ちやすく、文法もしっかり学べるということでした。

見た目もおしゃれで、女性が気に入るデザインのようです。

一方で、内容が少し薄い、テキストの値段が高い、内容が面白くないという意見もありました。

生徒さんそれぞれの、好みもあるでしょうが、持ち運びに便利、基本に忠実な点やオリジナルテキストの付加価値を考えるとコスパは高いと言えますね。

全般的に、話の主人公には親しみを抱き、内容は分かりやすいという意見が多かったようです。

教材を使った感想


私は、bわたしの英会話の銀座校に1年、横浜校に1年通いました。

使っていた教材は、『PhotoJournal』でした。

美しい写真や絵が多く、視覚的にも楽しめる内容でした。

銀座校での最初のレッスンでは、身近な自分の家族についての話題から始まったように記憶しています。

家族のメンバー一人ひとりについて、どのような性格で、趣味は何かといったことを、第三者に説明する練習でした。

そこで、私は、自分の母親の性格を表現するのに、”She is kind and generous.(彼女は親切で寛大だ)”という語彙を教えてもらいました。

その、”kind and generous(親切で寛大)”が、今でも強く記憶に残っています。

その後、通った横浜校では、Lesson Recordにびっしりと、講師の方が、こういう表現で話せば改善すると、私の話した表現を添削して、書き直し、タイプしてくださいました。

私は、そのLesson Recordを大切にファイルして、取っておきました。

そうしたLesson Recordは40枚ほどありました。

私にとって、このLesson Recordは、大変役に立つ、何度も読み返して身につく内容のものでした。

『PhotoJournal』は、身近で親しみがあり、どういう文章を作ったら良いのかイメージしやすいテキストで、Lesson Recordは、レッスンの内容の確認と補足をしっかりしてくれるものでした。

まとめ

bわたしの英会話の教材はオリジナルで、通学コースでは『PhotoJournal』、オンラインコースでは『Photo Journal』というテキストがあります。

『PhotoJournal』シリーズの内容は、女性から共感を呼ぶ、主人公Belleのストーリーを軸に展開していて、別冊で詳しい文法解説のページもあります。

『Photo Journal』を使った勉強法では、自分で予習・復習をするほかに、オリジナルで開発されたPhoto Journal SQRIPTという、発音を中心とした、オンライン教材もあります。

総じて、bわたしの英会話の教材の口コミの評判は良く、『PhotoJournal』は親しみを持て、文法もしっかり学べるということでした。

bわたしの英会話の無料体験をしてみたいと思われた方は、今すぐ! ↓↓

bわたしの英会話の関連記事はこちらです。↓↓↓

約10年と15万人の会員実績のRIZAPのメソッドを継承したのがRIZAP ENGLISH!【30日間全額返金保証】
1回50分の無料体験を受ける
\RIZAP ENGLISHは30日間全額返金保証/
1回50分の無料体験を受ける