【315点→920点】TOEIC900点以上取得の鉄板勉強法!私の戦略とやったこと!

The following two tabs change content below.
IY

IY

みなさんと一緒にTOEICを勉強しており、900点以上取得しています!主にTOEIC L&R、TOEFLの勉強をしています。また、その他にも観光英検やUNATEの受験も経験しています。

TOEIC学習者なら必ず夢の一つでもある900ホルダー!スコアランクの中でも上の上に位置し、最も取得が難しい領域に達するためには何を勉強したらいいか。「TOEIC900点」についての説明と、どうすればその得点を奪取できるのか、900点ホルダーの私がお伝えします!

TOEIC900点はどんなレベル?超えるとできることとは?

簡単に言うと、公開テストなどの総受験者のうち上位23%に位置することになります。英語でテレビやニュース、小説などを読む際は半分ほど理解することができます。加えて、英語での説明書やメールでのやりとり、日常でのコミュニケーションは問題なく行うことができます。

しかし、このテストには英会話の試験は含まれていないため、英語を使って仕事をしたり、高度なコミュニケーションをとるなどの能力は測ることができません。したがって、文面や文字での英語を理解することはある程度可能ですが、専門分野などの英語に関しては理解することができません。

英語は言語の一つです。話したりコミュニケーションをとることができなければ使い物になりません。そこで私は、TOEIC900点に相当する英会話力を身につけました。将来目指している職種の関係もあり、私はTOEICだけでなく、英語を話すことができます。

少なくとも日本国内で「TOEIC900点ホルダー」として資格を活用したい場合は、同時にそれ相応のコミュニケーション能力が求められることと思います。そのため、ペーパーテスト上だけでなく、実際の場面で意思疎通を図ることができる能力も同時に求められるレベルです。

これができる!

TOEIC 900点を超えるとできるようになることがたくさんあります!まず、個人の経験として周りの日本人からの目が急に変わります。上記に示したとおり、900点ホルダーは受験者の上位23%です。そんな容易なことではありまんせん。

私はまだ学生なので、このスコアを取得したことで大きな体験をしたことはないですが、身近な経験で言うと、私の周囲で聞こえてくる英語のスピードに関しては、問題なく聞き取ることができるようになりました。

これまでは、他言語としてしか聞こえていなかった言語が、理解できる言語として耳に入ってくるようになったときは非常に嬉しく、また達成感もありました。

社会人であれば、現在の日本国内での就職または転職で、非常に有利な立場に立つことは確かです。このレベルの人材は即戦力として使えるため、採用する側も欲しいのです。

必要な勉強時間

これは、どのレベルから900点を目指すかによって変わってきます。一般的に700点台の人が900点を目指す場合は1012ヶ月、800点台の人が900点を目指す場合は4ヶ月〜6ヶ月と言われています。

この数字は1日に勉強する量にもよりますが、一般的な統計ではこのようになっています。また、英語力を上げるのか、TOEIC力を上げるのか、どちらを優先して取り組むかにもよって変わってきます。

私は初回受験が315点で、本格的に勉強を始めてから1年半で900点越えを達成しました。おそらく、かなりハイペースでスコアを狙いにいったので統計と比べるとペースは速い方だったと思います。時間としては週5で、1日に必ず1時間はTOEICに手をつけるようにしていました。

私がやったこと

900点ホルダーになるために、私は単語と音読を徹底してやっていました。何と言っても全ての基礎となるのが英単語です。単語無くしてはリスニングもリーディングも問題に答えることができません。

やみくもに単語を暗記しようとしても時間の無駄になるだけです。英語力をつけるには良いかもしれませんが、TOEICのスコアを上げるためには非効率的です。TOEICのための単語を覚えるようにしていきましょう。

TOEICで出題される単語はビジネスの分野に限られています(たまに工業系や生物系なども)。TOEIC専用の単語帳を1冊用意することがいいと思います。1冊に1000単語ほど載っているものが好ましいです。

もちろん、TOEIC専用の単語に手を出す前に、最低限として中3までのレベルの英単語は完璧であるという前提です。それでないと、基本的な英文構造や文法を把握する上で支障が出るからです。

私は、1年半かけてビギナーから900点ホルダーになりました。4ヶ月ごとに点数の変遷を見てみると、455→600→745→815→875→920点のような流れです。個人的にはリスニングセクションの方が得意で、すでに満点を取得しています。

音読は、発音やイントネーションを再確認するだけでなく、確実な英文把握と理解につながります。私は900点を超えた現在でも音読のトレーニングは継続して行なっています。私はこの方法を用いてスコアアップを成功させてきたので、TOEIC学習者の皆さんにもおすすめしたいトレーニングです。

戦略

 

900点を狙うレベルになると、英語力だけではなく、ある程度の「TOEIC力」が必要になってきます。TOEIC力とは主にテストに解答する上でのテクニックのことを指します。

リスニングのディレクションが読まれている間に、問題の選択肢を読み進める「先読み」、時間が足りなかったら解き残ってしまったマーク欄を1種類限定の記号で塗りつぶす「塗り絵」などが王道のテクニックです。

先読みをすることで、次の問題がどのようなシチュエーションの問題なのかを推測できる上に、人間は1度読んだ文章を2度読むと、2度目の方が確実に速く読むことができます。もちろん先読みは上級者であっても実用している強力なテクニックです。

TOEICは時間との勝負の試験なので、秒単位でも無駄にできません。与えられた時間を最大限に活かして、楽をして正答に近づくこともTOEIC力の一つです。

TOEIC800点を超えてくるとリーディング第200問まで解く力があります。しかし、その点数に達するまでは解き終わらないのが普通です。解き終えることができたとしても正解することは難しいでしょう。

解くことができなかった残りの問題は、A,B,C,Dのいずれかを選び、残りを全て同一の記号でマークしましょう。この際に注意すべき点が一点あります。

テストは4択同じ確率でつくられています。どの記号をマークしても確率は同じです。勘で80番はB81番はDと変えるのは絶対にやめてください。全てハズレる可能性大です。

TOEIC900点超え勉強法

リスニング

ここからは、さらに細かく攻略法について解説していきたいと思います。さまざまな攻略法があると思いますが、ここでは私独自の方法を紹介していきたいと思います。

まず初めに、テスト最初45分間のリスニングセクションについてです。スコアを一刻も速く上げたい、という方はリーディングセクションよりもリスニングセクションの方が比較的スコアを上げやすいため、こちらを先に強化してみてください。

900点を狙う方たちは、基本的にリスニングセクションは495495点満点を取得と考えてください。必ず100問正解しなくてもスコア満点は取ることができます。次にPartごとに見ていきましょう。

Part1

Part 1、写真描写問題は6問とも絶対に落としてはいけません。出題される単語は写真を描写しているため、少々クセのある名詞が使われていたりします。diner:食事客、cargo:積荷、awning:日よけ、pedestrian:歩行者など代表的なものはおさえておきましょうね。

Part2

Part 2、応答問題も1題も落としてはいけません。No. 20以降になると意地悪な応答をする問題も増えてきますが、得点源であるパートのため間違えることは許されません。900点を目指しているレベルにいるということは、ストレートな応答には問題なく答えることができるはずです。

遠回しな応答のみを集中して練習しておくといいでしょう。と言っても、No. 20以降でも突然簡単なものも出題されたりします。油断せずPart 2 全問正解を目指しましょう。

Part 3

Part3、2人または3人の会話は場面の移り変わりが激しいです。40秒ほどの会話の中で問題が発生し、話し合い、解決してしまうことがほとんどです。それぞれの設問の答えを、言い換えられてていながらも必ず話されているので、シャドーイングやリピーティングをして、音声に慣れるなどして対応できるようになれば問題ないです。

Part4

最後にPart 4、モノログについては1人が話しているので内容が入ってきやすいかと思います。私個人もPart3よりも4の方が得意です。CMやアナウンス、広告は日常のものを思い出して解いてみてください。参考になるものがあるかと思います。

Part 34に関しては、「意図問題」というものが数問、毎回出題されます。これは、スピーカーがキーフレーズを発した際の理由や、何を示唆しているかといったものに答える問題ですが、800点を目指していれば解く必要はありません。

しかし、900点を目指しているならばこれらの問題も解かなくてはなりません。全てが難しいというわけではないので諦めずに本番でもチャレンジしてみてください。深く考え込みすぎると「先読み」に失敗します。それでは本末転倒なので、難しいと感じたらその問題は飛ばして進んでください。

リーディング

次はリーディングセクションについてお話しします。TOEIC学習者なら300495点、400495点の壁に苦しむことになると思います。私もリーディングセクションのスコア上昇に非常に悩まされてきたので、そのことについて共有しようかと思います。

Part5

Part 5、文法問題ですが、30問あって正直に知らないものは解くことができません。そもそも間違う以前に知らないので。このパートでは語彙力も非常に重要になってきます。900点を目指す方は、TOEICに出題される頻出英単語は確実におさえておきましょう。

特にこのパートではboth A and B neither A nor Bなどの「瞬殺問題」も出題されます。130秒で解くのが基本ですが、このような問題の場合は3秒で解き、他の問題のために時間をつくりましょう。

Part6

Part 6、空所補充&短文補充では、語彙のほかに文の流れを理解できているかが問われます。空所補充では文法で解ける箇所もあれば、語彙を知らなければ解けないものもあります。知らなければ解けないというのは非常に悔しいです。語彙力強化に日頃から努めましょう。

短文補充では、文脈によって正しい選択肢を選ばなければなりません。時々あるのが、英文メールの締めが短文補充になっているものです。日頃から英文メールを書く習慣のある方は全く問題ないと思いますが、そうでない方は英文メールの定型を確認しておくといいでしょう。

Part7

Part 7、総合問題です。ここでは語彙、文法、意図問題など全てが含まれています。その上、問題数が54問と最も多いパートであり、回答時間が足りなくなることもしばしば。冒頭の方にも書きましたが、時間との勝負です。

チャット問題や広告の問題を早めに片付けて、後半の記事やダブルパッセージ、トリプルパッセージのための時間を練り出しましょう。基本的に答えが見つけにくくても、必ず答えは書かれています。

私は、発想として「どのように答えるか、答えはどれか、なぜか」と論理的に考えるのではなく、「答えはある、どれだけ速くそれらを見つけることができるか」と考えています。もちろん、選択肢では言い換えられていますが、この発想で解いた方が気持ちが楽なので今でも実践しています。

単語

続いて、単語に焦点を当てていきたいと思います。TOEIC900点越えに必要な単語数はおよそ10000だと言われています。この中には一般的な英単語に加えて、TOEIC頻出英単語が含まれています。

もちろん、頻出単語だけをカバーしてもスコアを伸ばすことは厳しいでしょう。基礎英単語がまだ身についていない方は、TOEIC頻出単語と並行して身につけていくと良いでしょう。

文法

文法に関しては、中学で習う英文法がほとんどです。高校で習うような分詞構文や仮定法はほとんど登場しません。まずは、中学英文法をおさらいして完璧に仕上げましょう。やっておいて損はないので、その後に高校で習う英文法に手をつけてもいいかもしれません。

よく問われるのは主語の一致と時制に関してです。また、文と文を繋ぐ接続詞や、be on be half of 〜、be looking forward to doingなどセットで覚えなければならないものも目を通しておきましょう。

おすすめの参考書

次に参考書についてです。おすすめというより、私が実際に使用していたものを紹介します。TOEICの教材は非常に多数の種類のものが書店に並べられています。どれも満点講師が書いたものであったり、他英語資格で高得点を獲得されている方の書物です。

TOEIC TEST出る順で学ぶボキャブラリー990

②TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

③TOEIC L&R テスト 文法問題でる1000

まとめ

いかがでしたでしょうか。私もTOEIC 900点突破は簡単ではありませんでした。しかし、達成してみると、まだまだ上はあるし、あっけなかったようにも正直感じました。ですが、900点ホルダーになった時は来るところまで来たという感じがして嬉しかったです!

まず900点を超えると世界が変わります。895点と900点は大きな差です。また、現段階では日本国内でチャンスが広がること間違いなしです。ぜひ、今回紹介した私の900点突破勉強法を参考にする、もしくは試してみてください。そして、最後に紹介した参考書も使ってみてください。

TOEIC900点超えは、やれば必ず達成できます!

がんばってくださいね!

本気の人におすすめコーチング英会話トップ3

ライザップイングリッシュ

 
ライザップイングリッシュの特徴
  • 日本人専属トレーナーが徹底サポート
  • ネイティブ講師の英会話レッスンもあり
  • 30日間全額返金保証
  • アウトプット重視型、英語脳を育成

プログリット

 
プログリットの特徴
  • 英語学習を習慣化と正しい勉強法
  • 一生続く自習スキルを習得
  • 30日間全額返金保証
  • 時間管理術など人生に活かせるノウハウ

スパルタ英会話

 
スパルタ英会話の特徴
  • ネイティブ講師のレッスン量が業界No.1
  • グループレッスンが受け放題
  • ネイティブ講師とコンサルタントのWサポート
  • 日本人コンサルタントも英語を教えてくれる