フォニックスの英語の発音の学習方法とは?正しい発音を学ぶべき理由を解説

英語を勉強しているのに一向にネイティブの会話を聞き取れない」
「カタカナ読みになってしまって、英語っぽく発音できない」

英語を学習する多くの日本人がこんな悩みを抱えていると思います。
でもこれっておかしいと思いませんか。

みなさんの人生で、日本語が聞き取れない、発音が難しいと感じたことがありましたか。
おそらく無いor覚えてないと思います。
母語である日本語と英語でなぜこのような違いがあるのでしょうか。

英語と同じように日本語にも4技能があります。
まずは周りの人の会話が聞けるようになって、だんだんと自分も喋れるようになっていきます。
そして文字が読めるようになり、文章を書けるようになっていきます。

英語でも同じように学んでいけば、自然と英語を使えるようになっていくはずです。
ではなぜ英語は読んだり書いたりできるのに、聞いたり話したりできないのでしょうか。
それはあることを学んでいないからです。

そのあることとは何か。
ずばり、発音です。

最近の学校の授業はわかりませんが、私が学生のときは発音をしっかり学んだことはありません。
リスニングの練習なら、スクリプトを見ながらCDを聞く。
スピーキングの練習なら、先生の後に続いて音読する。
そんなことばかりやっていました。

しかし、そもそも1つ1つの音を知らないのに正しく聞いたり、話したりできるのでしょうか。
よほど良い耳を持っていないと難しいと思います。

例えるなら、正しく音階を聞き取れないのに曲を聴いて耳コピしたり、チューニングできていない楽器で演奏したりするようなものです。
この記事では、なぜ発音を学ぶ必要があるのか、どう学べばいいのかを英語圏で使われるフォニックスというプログラムを通してお伝えしていきます。

フォニックスとは?なぜ英語を聞き取れないのか?

まずは英語を聞き取れない原因から考えていきましょう。
発音を知らなければ英語の音を、意味のある音として認識できません。

先ほど音楽で例えたように、
音階を知らなくても曲を聴くことはできますが、感覚的にしかわかりません。

言語についても同じです。
日本語で考えてみましょう。
なぜ日本語なら問題なく聞き取れているのでしょうか。

それは5歳前後のときに、50音を学ぶからですよね。
それまで見よう見まねで話していたところから、50音表を見てしっかり1つ1つの音を学びます。
音を聞いて話す、という練習を繰り返すことで無意識に50音が染みついていくのです。

これと同じことを英語圏の子供たちはフォニックスというプログラムを使って音を覚えます。
日本語と英語の大きな違いは、日本語の50音は文字と音が1対1なのに対して、英語はアルファベットの名称と発音が一致していないことです。

dogは「ドッグ」と読みますが、「ディー、オー、ジー」とは読みません。
フォニックスを通して単語として発音できるようになっていくのです。

↓↓↓フォニックスがよく分かる動画はこちら

日本の小学校ではローマ字を習う際にアルファベットを覚えますが、発音までは教えられません。
そのため、中学校などで本格的に英語の授業が始まった際にローマ字読みをしてしまう生徒が多くいます。

紙のテストならばそれでも何とかなりますが、実際に英語を使う段階になるとせっかくの努力が逆効果になってしまいます。
この悪影響は英語を話すときにも表れるのです。

なぜ英語を話せないのか?

発音を学んでいないことで、スピーキングの上達も妨げてしまいます。
聞き取れない音は、発音することもできません。
どんな音かわかっていなければ、自分で発音できているかチェックすることができないからです。

正しい発音ができていない状態は、チューニングできていない楽器で演奏するようなものだといいました。
英語の発音を学んでいない段階では、日本語の発音にチューニングされている状態です。
英語を読んでも自然とカタカナ読みになってしまいます。

学校では、英語の音声に続いて読む、シャドーイングが行われています。
でもこの方法って実はかなり難易度が高いです。

音を聞いて、内容を理解して、ある程度発音できるという人じゃなければ、なんとなく声を出すことしかできず、どんどんお手本の音声から離されていきます。

まずは思い通りに音を出せるようになるところから始めましょう!

フォニックスの発音の学習方法とは?

発音を学ぶメリットは音が聞き取れるようになる、発音がきれいになるなどたくさんありますが、その効果に対してコストが圧倒的に低いです。
単語の暗記のように何千個と覚える必要ないのでそれほど手間はかかりません。

では、発音はいくつ覚えればいいのでしょうか。
学術的に意見は分かれていますが、英語の発音はだいたい50種類ほどあると言われています。
この中で学ぶべき音は母音が17種類、子音が24種類の計41種類です。

今はフォニックスについて解説された動画がYouTubeにもあるので発音の本を読んでCDを聞くよりも理解しやすいと思います。
参考に動画を貼っておきます。

↓↓↓日本人に合ったフォニックスの学習についてざっくり理解できます

発音は母語によっても習得難易度が変わります。
日本語には日本語なりの難しい発音があるので、日本人の講師に習うのが最も効果的です。

1つ1つの音が理解できたら次の段階へ

発音記号は数時間程度で覚えられますが、これだけで発音の勉強が完了したわけではありません。
実際に文章として話されたときの発音について学ぶ必要があります。
それがリエゾン、リダクション、フラッピングの音声変化です。

日本語は50音をはっきり発音する言語なので音声変化はイメージしづらいかもしれません。
英語は音を繋げて発音するので声に出していると自然と音声変化が起きます。

よくネイティブの英語は速いと言われますが、その原因は音声変化にあります。
実際は速いのではなく、短いのです。

日本語のようにしっかり発音していたら舌がとても回りません。
口や舌の構造上、短く発音するための最適化が、音声変化という形で表れているのです。

まずは発音を覚えることが優先なのであくまで参考程度に説明しておきます。

リエゾン   :単語と単語の間の音が繋がる
リダクション :内容的に重要でない単語は弱く発音される
フラッピング :tの発音が弱くなりrやdに聞こえる

音声変化は一つ一つの発音をマスターしてから学べばいいのであくまで参考程度です。
音が学べたタイミングでしっかり調べてみてください。

有声音、無声音という分類やそれぞれの音の口や舌の位置が分かっていれば一気に理解できます。
パターンを暗記するのではなく、音声変化した方がスムーズに発音できると感覚的にわかるからです。

音声変化は英語学習者にとっては上級レベルですが、英語話者にとっては自然にやっていることです。
マスターできたらリスニングもスピーキングも今までとは段違いにレベルアップしますよ。

まとめ

今回は発音の重要性について書いてきました。

発音はリスニングとスピーキングの基礎になります。
数時間あればすべての音を学べるのに対し、効果は劇的です。

それぞれの音は日本語と同じようなものもあれば、致命的に違うものもあります。
私は独学で発音を学びました。本を読んだり、ネットで海外の大学の発音の授業を聞いたりしました。
その中で一番わかりやすかったのは日本人YouTuberです。

大人になると日本語のクセが付いているので、ネイティブのように聞いて覚えるのは難しくなっています。
逆にそれを利用して、違いだけを学んでいけば案外すぐに音を習得できます。
ぜひ日本人講師やYouTubeに習って、一気に発音を勉強してみてください!

リスニング、スピーキングができるようになれば英語のニュースを見たり、コミュニケーションを取れるようになります。
その基礎となる発音を学んで、英語でできることを増やしていきましょう!

英語の発音練習について詳しい練習方法はこちら↓↓↓

英語の発音記号一覧(読み方と音声)と覚え方!たった3時間で覚える方法とは?

英語の音声変化を徹底解説!効果絶大の3つの訓練方法とおすすめ教材!

オーバーラッピング法とは?おすすめ英語教材や効果とやり方を徹底解説

本気の人に絶対おすすめ!満足度が高いコーチング英会話トップ3!

数あるコーチング英会話の中でも人気も満足度も高く、本気の人に絶対おすすめの厳選トップ3の紹介です!

本当に人生変えたい人が今やらないならいつやるの?迷いだすと精神力も時間もひたすら浪費するだけ。

優柔不断で完璧主義な人は、今すぐ一気に3つ無料カウンセリングを予約することが一番早いベストな決断につながります!

第1位:プログリット      

プログリットでは英語を教えてもらって受動的に英語を学ぶのではなく、自分に合った最も効果的な英語の勉強法で自発的に正しい英語学習が継続できるように指導してくれる。

卒業後、一人になっても英語の自習を継続できる一生モノのスキルが身につく。

2019年のビジネスパーソンが選ぶ英語コーチングサービスの中で総合満足度ランキングで1位を獲得している

特徴
  • ティーチングではなく、コンサルタントが脳科学に基づいた正しい英語学習と継続するノウハウを伝授する。
  • タイムマネジメントスキルの習得、生活習慣が改善され健康になれるなど、プログリット効果は英語学習に留まらず人生の質を底上げしてくれる。
  • 卒業後の1年間の勉強スケジュールを作ってくれるなど、アフターケアも充実。卒業後に露頭に迷うことはない。
  • 全てのコース、無料カウンセリングがオンラインで受講可能
  • 30日間の無料返金保証制度がある
こんな人におすすめ!
  • 英語を自習する力を身に着けたい人
  • 健康のために規則正しい生活習慣を身につけたい人
  • 卒業後に一人でやっていけるか不安な人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けて科学に基づきどこを直せばいいのか、どんな訓練をすればいいのかを教えてくれる。あなたに合わせた勉強スケジュールを作ってくれる。


第2位 ライザップイングリッシュ      

筋トレと英語脳の鍛え方はとても似ているので、ライザップメソッドが効果的なのは言わなくてもわかる。

「RIZAP ENGLISHに通っている」と一言いうだけで、真剣に英語を勉強していることが一発で離開してもらえるので、無意味な飲み会に誘われなくなるなど周りから応援してもらえるだろう。

ライザップメソッドで結果が保証されていてネームバリューがあるので安心だ。

特徴
  • 日本人のトレーナーが英語の講師とコンサルティングの両方を行いサポートしてくれる。
  • とても高級感があり、店舗ではいい匂いがするなどまるで高級サロンのよう。
  • 高級な日記帳を買うと日記を書きたくなるように、高級感はあなたをやる気にさせてくれる。
  • 30日間の無料返金保証制度がある
  • 全てのレッスン、無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • コンサルティングと英語を教えてくれる人が同じ人がいい
  • 日本人のトレーナーから直接英語を教わりたい
  • ダイエットや筋トレにも興味がある人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けることができ、あなただけの目標に合わせた正しい英語の勉強法を教えてくれる。


第3位 トライズ      

孫正義のスピード仕事術を応用したメソッドで、1年で確実にビジネスレベルの英語が話せるようになるのがトライズ。孫正義の元秘書の三木社長が実際に結果を出しており、結果は保証されている。

1年で1000時間の英語学習を行うのは簡単ではないが、だからこそ効果があるのでありトライズなら継続率は91.7%である。

日本一のお金持ちである孫正義の目標達成メソッドを実践するのだから、結果は確実だ

特徴
  • コンサルタントとネイティブ講師のダブルサポート。
  • グループレッスンも受けることができ、そこで一緒になった受講者から刺激を受けてやる気が出る効果がある。
  • 同じ目標を目指す友人ができたり、ビジネスに発展する人脈が作れることもあるだろう。
  • 1ヶ月の無料返金保証制度がある全てのコースと無料カウンセリングがオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • ネイティブ講師から英語を学びたい人
  • グループレッスンも受けたい人
  • 自分が好きな映画のスクリプトを使って楽しみながら英語を勉強したい人
  • 1年間で確実に話せるようになりたい人
無料カウンセリングの内容
あなたの目標をヒアリングし、その目標に到達するには1年でどのようにして英語力をあげていくのか、モチベを継続させる方法などをデータを見ながら教えてもらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

nekoden
”使える英語”を習得するのに役立つ情報をお伝えします。英語を学んで、仕事や趣味の枠を広げていきましょう!