TOEIC850点超えの勉強法【体験談】890点取得のための必勝法9選とは?

「TOEICで高得点を取得したけれど、思うように点数が伸びない」という方いませんか?

TOEIC850点を超えるために、勉強法はどうしたらいいんだろう?と悩む方も多いかもしれません。今でこそ私も890点を取得しましたが、勉強法はどう工夫したらいいかと悩む時期もありました。

この記事ではTOEIC850点の壁を突破するための勉強法について、体験談を交えてご紹介します。

さらにPartごとに注意点、正答率をあげる方法、どの勉強法をしたら効果的かどうかなど、具体的に学べる勉強法を明記しました。

ではTOEIC850点突破を目指すために、具体的なおすすめの勉強法をご紹介していきます。

TOEIC850点超えに私がやった勉強法

【リスニング編】

Part1

問題数:6問

出題形式:写真描写問題

TOEIC850点をクリアするために、まずPart1は全問正解が必須です。

人物、物や風景写真の中にある情報をすぐに把握したり、問題文の正誤が確認できるように慣れるまで反復練習しましょう。

ここでの対策は、日常会話程度のリスニング力があれば問題ありません。

ただし日常会話英語に慣れるには、TOEIC問題の演習を行うだけでは身につかない部分があります。

そこで私はYoutubeチャンネル「Speak UP Radio by スピードラーニング」を活用することにしました。何を隠そうこのチャンネルは、英会話教材『スピードラーニング』の販売を行っている株式会社エスプリラインが提供しています。

寿司について面白おかしくトークしてくれています。↓↓↓

このチャンネルはテーマがかなり豊富で、自分の興味に沿って楽しく英語学習できるのでおすすめです。

私はこちらのチャンネルで好きなトピックの動画を何度もリスニング&シャドーイングし、会話力を鍛えました。

Part2

問題数:25問

出題形式:応答問題

こちらも1問も落とさずに正解できるようにしましょう。

Part2は問題文が一度だけしか流れず、また回答時間がかなり短い問題です。TOEIC850点以上を狙おうという人であれば、
ある程度のリスニング力は必要となります。

ポイントは①聞き漏らさないこと②英語を英語のまま理解することです。

英語を音楽のように聞き流すのではなく、普段から理解して聞く訓練が必要と言えるでしょう。

TOEIC公式問題のリスニング音源をシャドーイングすれば、安定して点数を取れる得点源になります。

Part3

問題数:39問

出題形式:複数人による会話の内容把握

こちらの会話の内容把握問題では、5つのW(What, When, Where, Who, Why)を意識してリスニングしましょう。

会話には必ずストーリーがあるので、登場人物・場所・何について話しているか等、ヒントはあちこちに転がっています。Part3後半では会話人数が2人から3人に増えたとしても、5つのWを抑えながらストーリーを把握することで回答しやすくなります。

Part2同様に、シャドーイングを繰り返し、頭の中で日本語に変換せず、英会話を理解するための訓練が必要です。

Part4

問題数:30問

出題形式:長文ナレーション把握

リスニングパート最後にして、最も集中力が試される問題です。

使用される単語や会話スピードはこれまでのPartと変わりませんが、ここでTOEIC特有の”回答が間に合わない現象“が起こってきます。

私の体験談ですが、他Partと比較するとリスニング量がとても多く、はじめての試験では聞きながら問題を解いていったので話についていけなくなりました。なのでこの体験談をふまえて、その後は演習でスピード感に慣れることを意識しました。

TOEIC本番で問題に追いつけないとパニックに陥りがちです。なので演習で十分慣れておくことと、本番では解けない部分を飛ばせるぐらいの余裕を持つようにしましょう。

TOEICのリスニングは、日ごろから英語の発音に慣れておくのもおすすめです。↓↓↓

【リーディング編】

Part5

問題数:30問

出題形式:文法・語彙穴埋め問題

このPartでは、特にスピードが求められます。

リーディング後半で時間を残すにはここで10分以内に回答しておくのがコツです。また一番に得点を稼げるところでもあるので、このPartで正答率を高く保っておくといいです。

ここでの攻略法はいたってシンプルで、文法・語彙問題を解き続けていけば間違いなく伸びるPartでもあります。

何種類もの問題集に手を付けるのではなく、厳選した1冊全てに答えられるまで練習しましょう。

それでも模擬演習や本番で回答できなかった問題に該当する文法項目は、必ず網羅できるまで勉強してください。

Part6

問題数:16問
出題形式;長文穴埋め問題

Part5のように文法や語彙等、知識ベースとなった問題が出題される一方で、一文を見て判断するのではなく文脈から読み取る問題も出題されます。

基本的な対策はPart5と同じですが、文法と語彙を習得する勉強法で問題ありません。

ですが、Part5のように一問一答のやり方で回答していくと、パッと見ただけではわかりにくく、どの選択肢も当てはまるようなひっかけ問題が出てきます。

そのような場合はまず前後の文脈を確認し、全体の内容を把握してから回答したほうがいいことを覚えておくといいでしょう。

Part7

問題数:54問
出題形式:長文読解問題

TOEIC850点超えができるかどうか、ここが一番肝心と言える大切なPartです。

ここでの攻略法は、”スキミング”(要点から全体の大意を把握する技術)と”スキャニング”(全体から必要な要点を把握する技術)です。

試験中は何度も読み返す時間はもちろんありません。そのため正確に問題を把握するには、日ごろから長文を精読する癖をつけておくといいです。

また試験本番では終了時間が近づくと疲れが出やすく、必ず焦りが生じます。私の体験談を見てもわかる通り、初めての場合は問題を解くのにかなり時間を取られてしまいます。

それを頭に入れた上で、練習のときから時間配分を意識した対策を行いましょう。

私がおすすめする勉強方法は、「同じ過去問を何度も解くこと」です。

過去問から問題の形式に慣れておいたり、文章内に必要な情報がどんな風に散りばめられているか、把握しながら解き方を身に付けてください。

【単語編】

TOEICで高い得点を取るためには、リスニング・リーディングどちらを取っても単語力が欠かせません。英検準1級や1級のような超難読単語は出題されませんが、学習単語量=点数といっても過言ではないでしょう。

知らない単語が聞き取れなかったり、ある程度の単語知識を習得していないと難解な単語も一瞬で推測できないことが多いにありえます。

こちらも厳選した単語帳一冊を暗記できるまで繰り返し覚える、演習で出題されたときにわからなかった単語は類語まで網羅できるようにしましょう。

おすすめの参考書

TOEIC L&R TEST 出る単特急  金のフレーズ

名前の通り、ひんぱんに出題される金の単語たちが集められています。私もこの単語帳で繰り返し覚えたことで、点数を伸ばすことができました。↓↓↓

TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

この本の著者は、何と990点を何度も叩き出しているというすご腕の方です。ただひたすらこの本を反復して読むのがコツです。この本の内容については、全て答えられれば文法・語彙問題で怖いものはありません↓↓↓

リスニング・リーディング共にこの本で何度も繰り返し、勉強法に役立てました。この問題集でTOEICならではのスピード感や解き方に慣れていきましょう。↓↓↓

私が初めてTOEIC試験を受けたときの点数は810点でした。結果はリーディングパートが380点、リスニングパ―トが430点だったので、自分の課題は一目で「リーディングパート」だなとわかりました。

受験後に感じた感想は、大きくわけて以下の通りです。

・リスニングパート
  • Part1で出題された表現がわからなかった。
  • Part3の会話スピードについていけなかった。
・リーディングパート
  • Part5の得点源問題で不正解が多かった。
  • Part7の問題全てを回答する時間がなかった。

各Part解説で学習方法をご紹介してきましたが、高得点を目指すのに忘れてはならないのが”苦手分野の克服”です。

自分の弱点はどこかがわかればポイントを絞った勉強法もできますし、TOEIC850点超えが難しいという人もさらに点数を上げやすくなるでしょう。

まずは模擬試験や試験本番で自分の弱点を把握したり、分析した上で対策を練ってみてください。

これからTOEIC850点超えを目指すあなたへ

TOEICは演習を繰り返し、しっかりとした対策を行えば必ず点数は上がります。各Partごとの特徴を抑えて、それぞれの対策をすることや苦手分野を克服していくことが、850点を超えるためのカギです。

ただし”独学あるある”にありがちな『一人で勉強していると行き詰まる』『モチベーションを保てずダラダラと勉強してしまう』と、思うように良い結果がでないかもしれません。TOEICだけでなく、どの勉強の体験談でも同じでしょう。

TOEIC850点超えを目指し、最大限の力を発揮させる勉強法は、あなたに適したメンターを持つことが850点攻略の近道です。正直なところ、私も体験談を振り返りながら「ほんと、いいメンターにもっと早く出逢えてたらよかったな」と実感しています。

コーチング英会話では、あなただけのパーソナルトレーニングを行ってくれます。

一人ではなかなか効率よく勉強が進まないという方や、どうしてもTOEIC850点が超えられない!という方には、おすすめです。ぜひTOEIC850点を超える勉強法として、コーチング英会話を考えていくのもいいですね。

ちなみにコーチング英会話を知らない方のために、次の記事ではコーチング英会話について丁寧に解説しています。

英語を本気で身につけたい人にとっては、目からウロコがポロポロおちるようなとても興味深い内容になっていますのでぜひご覧になってみてください。

また、おすすめの3つのコーチング英会話についても一緒にご紹介しています。↓↓↓

コーチング英会話とは?無料カウンセリングが目からウロコの最強3選

コーチング英会話の中でも一番人気でおすすめの3つのコーチング英会話の公式ページへのリンクは一番下に掲載しています。卒業生の声だけでいいので2〜3人読んでみるのがおすすめですよ。

料金が高いことについて正直に話している人や業界のCEOがいるなど、読んでいて面白い内容になっています。

卒業生はみんな顔出しですし、動画で出演している人もいます。

ぬるい環境じゃいつまでたっても英語力が向上しないからと、スパルタな環境に自ら身をおき、それを乗り越え成長した人達のリアルな体験談に心動かされると思います。

英語のサクセスストーリーを読んでみたいかたは次の公式ページをご覧になってみてください。↓↓

【30日間無料返金保証】55秒で予約完了!オンラインで家にいながら受けれるプログリットの無料カウンセリングはこちら

【1ヶ月無料返金保証】55秒で予約完了!オンラインで家にいながら受けれるトライズの無料カウンセリングはこちら

【30日間無料返金保証】30秒で入力完了!オンラインで家にいながら受けれるライザップイングリッシュの無料カウンセリングはこちら

本気の人に絶対おすすめ!満足度が高いコーチング英会話トップ3!

数あるコーチング英会話の中でも人気も満足度も高く、本気の人に絶対おすすめの厳選トップ3の紹介です!

本当に人生変えたい人が今やらないならいつやるの?迷いだすと精神力も時間もひたすら浪費するだけ。

優柔不断で完璧主義な人は、今すぐ一気に3つ無料カウンセリングを予約することが一番早いベストな決断につながります!

第1位:プログリット      

プログリットでは英語を教えてもらって受動的に英語を学ぶのではなく、自分に合った最も効果的な英語の勉強法で自発的に正しい英語学習が継続できるように指導してくれる。

卒業後、一人になっても英語の自習を継続できる一生モノのスキルが身につく。

2019年のビジネスパーソンが選ぶ英語コーチングサービスの中で総合満足度ランキングで1位を獲得している

特徴
  • ティーチングではなく、コンサルタントが脳科学に基づいた正しい英語学習と継続するノウハウを伝授する。
  • タイムマネジメントスキルの習得、生活習慣が改善され健康になれるなど、プログリット効果は英語学習に留まらず人生の質を底上げしてくれる。
  • 卒業後の1年間の勉強スケジュールを作ってくれるなど、アフターケアも充実。卒業後に露頭に迷うことはない。
  • 全てのコース、無料カウンセリングがオンラインで受講可能
  • 30日間の無料返金保証制度がある
こんな人におすすめ!
  • 英語を自習する力を身に着けたい人
  • 健康のために規則正しい生活習慣を身につけたい人
  • 卒業後に一人でやっていけるか不安な人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けて科学に基づきどこを直せばいいのか、どんな訓練をすればいいのかを教えてくれる。あなたに合わせた勉強スケジュールを作ってくれる。


第2位 ライザップイングリッシュ      

筋トレと英語脳の鍛え方はとても似ているので、ライザップメソッドが効果的なのは言わなくてもわかる。

「RIZAP ENGLISHに通っている」と一言いうだけで、真剣に英語を勉強していることが一発で離開してもらえるので、無意味な飲み会に誘われなくなるなど周りから応援してもらえるだろう。

ライザップメソッドで結果が保証されていてネームバリューがあるので安心だ。

特徴
  • 日本人のトレーナーが英語の講師とコンサルティングの両方を行いサポートしてくれる。
  • とても高級感があり、店舗ではいい匂いがするなどまるで高級サロンのよう。
  • 高級な日記帳を買うと日記を書きたくなるように、高級感はあなたをやる気にさせてくれる。
  • 30日間の無料返金保証制度がある
  • 全てのレッスン、無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • コンサルティングと英語を教えてくれる人が同じ人がいい
  • 日本人のトレーナーから直接英語を教わりたい
  • ダイエットや筋トレにも興味がある人
無料カウンセリングの内容
英語力診断テストを受けることができ、あなただけの目標に合わせた正しい英語の勉強法を教えてくれる。


第3位 トライズ      

孫正義のスピード仕事術を応用したメソッドで、1年で確実にビジネスレベルの英語が話せるようになるのがトライズ。孫正義の元秘書の三木社長が実際に結果を出しており、結果は保証されている。

1年で1000時間の英語学習を行うのは簡単ではないが、だからこそ効果があるのでありトライズなら継続率は91.7%である。

日本一のお金持ちである孫正義の目標達成メソッドを実践するのだから、結果は確実だ

特徴
  • コンサルタントとネイティブ講師のダブルサポート。
  • グループレッスンも受けることができ、そこで一緒になった受講者から刺激を受けてやる気が出る効果がある。
  • 同じ目標を目指す友人ができたり、ビジネスに発展する人脈が作れることもあるだろう。
  • 1ヶ月の無料返金保証制度がある全てのコースと無料カウンセリングがオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • ネイティブ講師から英語を学びたい人
  • グループレッスンも受けたい人
  • 自分が好きな映画のスクリプトを使って楽しみながら英語を勉強したい人
  • 1年間で確実に話せるようになりたい人
無料カウンセリングの内容
あなたの目標をヒアリングし、その目標に到達するには1年でどのようにして英語力をあげていくのか、モチベを継続させる方法などをデータを見ながら教えてもらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です