3か月でTOEIC800点超えの勉強法【体験談】確実な最短ルート⁈

The following two tabs change content below.
咲良

咲良

英語で夢をかなえる方のため、英語の楽しさ・英語の勉強方法・英語に関するあらゆる役立つ情報を発信します!

「就職・転職で有利な点数を取って成功したい」

「海外赴任をしてみたい」

上記のような夢をお持ちの方にとってTOEIC800点は一つの目標かと思います。

今回は私が三か月で825点を取るまでに実際に行った勉強法体験談を交えて紹介していきたいと思います。

私はもともと英語が得意な方ではありません。実際、大学入学直後のTOEICの点数は500点でした…。

しかし大学院に入学するにあたり、どうしてもTOEICの点数が必要になことをスコア提出日の3か月前に知り慌てて準備を始めました。他の専門科目の対策も必要だったため、英語の勉強に割ける時間も多くありませんでした。

これから紹介する勉強法はこんな状況でとにかく、効率的にスコアをとれる方法を模索し、成功した方法です。

結果を早く出したい!

確実に800点を超えたい!

こんな方には絶対おすすめの勉強法ですので是非試してみてください!

TOEIC800点超えのために私がやった勉強法

リスニング

TOEICのリスニングは一回で細かいところまで聞かなくてはいけないので、かなりの集中力を必要とします。まず、集中力を高めることと時間感覚になれるため、リスニングの一回の勉強時間は45分と決めていました。

リスニングは、ひねくれた問題が比較的少ないのでしっかり聞き取ることができれば得点になります。

リスニングの勉強は主に二種類の方法で行っていました。どちらも、公式問題集を利用して勉強しています。

① シャドーイング

方法音声に倣って音読する方法です。最初はスクリプトを見て、慣れてきたら音声だけで追っていきます。

目的① : 英語特有の発音になれ、聞き取りができるようになること英語初心者は、日本語の発音のまま英語を聞き取ろうとするため音が入ってきません。英語独特の発音(後述:リエゾン)などになれることで聞き取ることができるようになっていきます。

目的② : 問題の場面設定、会話になれることTOEICの問題の場面設定はかなり限られています。このため、似た場面設定、会話が出てきます。ある程度の設定や会話になれることで次のセリフの予想、問題のタイプ予想、その場面設定での単語などがわかり、余裕をもって問題に挑むことができるのです。

注意:一言一句落とさないよう気を付けながら音読していきます。この際、リエゾン(with+a=ウィザ、can I=キャナイ など)を聞き取り発音できるように、音読します。
↓↓リエゾンを中心とした英語の音声変化について詳しくお伝えしている記事がありますのでそちらもご参照ください。
(参考:英語の音声変化を徹底解説!効果絶大の3つの訓練方法とおすすめ教材!)

② 倍速リスニング

方法音声を二倍速に変換し、リスニングを行います。難しい場合は1.5倍速等に減速します。

目的早い音声になれることで、標準スピードが遅く感じるようになりますまた集中しないと聞き取ることができないため、しっかりと集中するトレーニングにもなります。

また、日常会話で話すスピードの速い話者ともコミュニケーションが取れるようになります。

例:こちらの動画では、倍速リスニングにより、標準スピードがゆっくりに聞こえるようになる練習ができます。↓


標準スピードがゆっくりに聞こえる体験、していただけましたか?これを繰り返すことで、TOEICのスピーカーがゆっくりはっきり話してくれているように聞こえるようになります。二倍速は何も聞こえない、と思われるかもしれませんが慣れてくるとしっかり聞こえるようになります。

リーディング

リーディングは時間との闘いです。とにかく時間内に正確に解ききるためにトレーニングを行います。また、ここ数年は少しひねった問題も出るようになってきているのでより素早く精読を行い、問題について考える時間を確保する必要が高まってきています。

①多読

方法すぐに読める本を大量に読み込みます。(目安は1日に2~3冊)

わからない単語が出てきてもTOEIC本番だと思い、チェックだけして読み進めます。時間を計測し〇字/分を計算し、記録します。またチェックしておいた単語についても確認を行います。

目的長文を早く読むためのトレーニングです。

おすすめの本:多読に利用できるおすすめのシリーズを紹介します。どのシリーズも難易度別に分かれていますので、ご自分のレベルに合わせて一日2~3冊読破できそうなシリーズをご利用ください。

・Penguin Readers

・Oxford Bookworms

・ラダーシリーズ

②文法特訓

パート5の決め手となる文法は、ある程度出題が決まっていますので、数をこなし、知らない文法を無くすこと、一瞬で判断できるようになることでほぼ満点を取ることができるようになります。

方法文法問題出る1000問を早いスピードで何周も行います。

間違えた問題にはチェックを付け、復習を徹底的に行います。この本を行えばほとんど知らない文法に当たることはありません。文法も多読同様〇問/分で計測、記録を行います。可能な限り早く行い、本番では長文読解に時間を残せるようにトレーニングを行います。

単語

英単語は、一冊を完璧にすることで800点は超えることができます

金のフレーズという英単語帳を利用し毎日200~300語と触れるようにしていました。

TOEICでは書く必要はなく、知っていることが重要であるため、なるべく早いスピードで日本語から英語、英語から日本語への変換ができるように毎日単語帳を開いていました。

単語も、多読同様〇語/分で計測を行い、記録します。日本語を読むときに、一語の意味をいちいち考えないのと同じように、単語を見たらすぐに意味が分かるという状態が理想的です

TOEIC800超えの勉強におすすめの参考書

公式問題集:質・量ともに十分です。シャドーイングや倍速リスニングにも利用しました。

金のフレーズ:単語帳で悩んでいるならこれがおすすめです。

 

文法問題出る1000問:文法はこの一冊やるだけで安心感が違います。

TOEIC800超えはやればできる!成長実感もある!

TOEICの勉強は、ぐんぐんと力がついてくるのを自分自身で感じることができます。

はっきり聞こえなかったリスニングが、意味のある英文として耳に入ってくる感覚、リーディングで知らない単語が減っていく感覚を、問題を解くにつれて感じるようになりました。努力は報われるという言葉を実感できました。

TOEIC800点は高い目標に見えるかもしれませんが、こつこつと勉強を重ねることで、無理なくとれる点数でもあります。あなたの夢を実現させるためにぜひ今日から、英語学習をスタートしましょう!

TOEIC800点超えの勉強法まとめ

TOEICで800点を取るために…

・シャドーイングでしっかり聞き取る

・2倍速リスニングでスピードになれる

・多読で素早い精読を身につける

・文法特訓で確実にスコアを獲得する

・単語帳一冊分しっかり身につける

これが私の実施した勉強方法です。英語は勉強すればするほど伸びます。800点を超えると、キャリアの幅が広がるといわれています。ぜひ、英語とともに実りある人生を。

TOEIC900点以上取得の鉄板勉強法!【315点→920点】私の戦略とやったこと!

TOEIC800点の単語の勉強法!単語の数や単語帳やおすすめ参考書は?