海外赴任前の妻の英語の準備方法!たった2ヶ月で間に合わせる方法とは?

ある日突然、夫から海外赴任することになったと聞かされたらあなたはどうしますか?
海外赴任は、言葉も文化も異なる外国での生活をしなければなりません。

一緒に行くも準備することがたくさんあり、特に不安な事は言葉の壁なのではないでしょうか。
赴任先にもよりますが、世界共通語といえば英語です。

「英語を習得したい」だけど「渡航まで数ヶ月しかない」と不安と焦りが出てきますよね。
ここでは、赴任前のたった2ヶ月だけでも間に合わせる方法について紹介します。

海外赴任に妻を連れていくと赴任先での生活はこうなる

日本でバリバリ働いていた妻であっても、夫の海外赴任に一緒に行くことになれば
必然的に会社を辞めなければなりません。

そして、パスポートやビザの取得を完了すると、いよいよ海外へ出発する日がやってきます。
現地での生活が始まると、妻にとっては生活スタイルが反転します。

下記に赴任先での変化についてまとめました。

  • 仕事をしていた日常から主婦になる違和感。
  • 現地で生活に必要なものを買い揃える必要がある。
  • 日本と同じような食材の確保ができない。
  • 言葉が通じないので外へ買い物に行くことが億劫になる。
  • 家具家電が現地仕様で使いこなせるまで時間がかかる。
  • 子供の保育園や幼稚園、学校などの手続きが分からないことが多い。
  • 夫の生活スタイルも海外スタイルで早く帰宅するため家族の時間が増える。
  • 日本人の友達が現地にいないと相談できずストレスが溜る。
  • トラブルの対処ができない。

海外赴任と聞くと、一見羨ましく思ったり、仕事をせずに楽しい海外生活を満喫できるように思いますが、実際に海外赴任へ行ったもしくは行っている妻は、たくさんの壁にぶつかってしまいます。
そして上記に挙げている赴任先での変化のの多くは、言葉によるネガティブな感情であることがわかります。

海外赴任前に妻が英語を準備するべき理由

海外赴任する人全員が、英語を話すことができるわけではありません。
海外赴任が増えている中、英語が話せない赴任者も多く、特に一緒に行く妻は不安を抱えたまま出発をする人も少なくありません。
赴任前に、最低限の英語力を身に付けておくことで、上記の不安は解決できることばかりです。

・仕事をしていた日常から主婦になる違和感。
→ビザの種類にもよりますが、英語が話すことが出来れば、パートなどをすることができます。

・現地で生活に必要なものを買い揃える必要がある。
・日本と同じような食材の確保ができない。
・言葉が通じないので外へ買い物に行くことが億劫になる。

→英語が出来ればすんなり買い物に行けます。

・家具家電が現地仕様で使いこなせるまで時間がかかる。
・子供の保育園や幼稚園、学校などの手続きが分からないことが多い。

→英語が出来れば読むことが出来ます。

・トラブルの対処ができない。
→英語が話せるとトラブルも自分で解決できます。

・夫の生活スタイルも海外スタイルで早く帰宅するため家族の時間が増える。
→英語が話せれば外出も億劫でなくなり、一緒に外食やショッピングなどを楽しめます。

・日本人の友達が現地にいないと相談できずストレスが溜る。
→日本人の友達でなくても英語でコミュニケーションが取れれば現地の友達が出来ます。

海外赴任前に妻が英語を準備することは、初めに抱えていた多くの不安が上記のように解消できます。
そして英語でのコミュニケーションができることで、快適な生活が送れるようになります。

海外赴任前に英語の準備するにはどんな方法がある?

海外赴任前の英語の準備に割ける時間はごくわずかです。
海外赴任に向けて英語の準備をするには、効率よく英語を勉強することが必須になってきます。

しかし実際には、過去の学生時代の教科書を出してみたり、本屋さんへ行き英語の本をいくつか買って取り組んでみたりとするのではないでしょうか?
下記に、いくつかの英語の準備方法をまとめました。

  • 単語カードや付箋を利用して、ひたすら暗記する。
  • 日記やブログを英語で書いてみたり、英語を混ぜながら書いていく。
  • 映画や動画、音楽など耳で聞いて字幕なしなどで観て、表現などを覚える。
  • オンライン英会話を利用する

上から3つは、自分で工夫して英語の準備をし、英語をインプットしていく勉強法になり、
最後のオンライン英会話は、英語をアウトプットして勉強していく方法になります。

英語を勉強する際は、インプットとアウトプットがとても重要になってきます。
しかし、多くの人はインプットの勉強法しかしておらず、アウトプットできずにそのまませっかく覚えた英語も忘れてしまうことになってしまいます。

2ヶ月で英語の準備が間に合うコーチング英会話とは?

まず、コーチングとはWikipediaでは以下のように解説しています。

コーチング(英:coaching)は、人材開発の手法の一つ。潜在的な知識やスキル、潜在能力を解放させ、それを知恵にまで高め、結果に結びつけ、最大限に成果を挙げさせることを目指す。
コーチングの方法論は、目標へのモチベーション、幸福、希望や目標達成を高め、不安やストレスを軽減すると考えられている。

【出典・参照元】コーチング – Wikipedia

コーチング英会話とは、専属のコーチがついてマンツーマンで学習のサポートをしてくれます。
また、生徒一人一人に合わせて効率的に英語習得できるオリジナルのカリキュラムを作成し、レッスン日以外での英語学習の計画や学習時間の管理などをサポートをしています。

そのため、短期間で大幅な英語力の向上・スコアアップが可能です。
レッスンは、マンツーマンか少人数制になっており、テキストを織り交ぜながら、スピーキング、ライティング、リーディング、リスニングのスキルを総合的にアップさせていく形式が多くなっています。

おすすめコーチング英会話3選

先程もお伝えした通り、英語の勉強法にはインプットとアウトプットがとても重要です。
効率よく英語を習得するためにもインプットもアウトプットもどちらも勉強できるコーチング英会話を紹介します。

トライズ

トライズでは、学習効率を最大限上げるために、受講生が、本物の英語力を科学的に最速で身に付けられるように日々学習プログラムを改善しています。そしてトライズの最大の特徴は、1年間で1000時間の学習を行う英語習得プログラムがあります。

英語習得には、900~1000時間の学習を必要とすることが、科学的に実証されており、トライズからの実績でも実証されています。

トライズの無料カウンセリングはコチラ↓↓↓

プログリット

プログリットでは、短期間で圧倒的英語力を身に付けることが出来ます。
プログリットの特徴は、英会話レッスンを行わず、英語学習を全面的にサポートします。

そのため、目標に最短距離で到達するためのノウハウと成果が出るまで継続するためのノウハウを全て教えてくれます。
また、月に90時間の圧倒的な集中学習を行うことで短期で英語力を向上させていくことが可能です。

プログリットの無料カウンセリングはこちら↓↓↓

ライザップイングリッシュ

ライザップと聞くと、ダイエットで有名ですよね。そのライザップでは英語塾もしています。
もちろんお決まりのフレーズですが、2ヶ月で結果にコミットです。

ライザップイングリッシュには3つの特徴があります。
結果コミット型プログラム、RIZAP流PDCA*サイクル、結果にコミットするトレーナー。
PDCA=*Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

ライザップイングリッシュでは自分に合ったカリキュラムで、質の高い専任トレーナとマンツーマンでレッスンをすることが可能です。
短期間で集中して学習することで確実な英語スキルの向上を実感できます。

ライザップイングリッシュの無料カウンセリングはこちら↓↓↓

まとめ

今回紹介したのは、海外赴任前の妻にスポットを当てた、たった2ヶ月でも間に合う英語の準備方法でした。

  • 赴任先での生活はどうなるのか
  • 海外赴任前に妻が英語を準備すべき理由
  • 海外赴任前に英語の準備をするにはどんな方法があるのか
  • 2ヶ月で英語が間に合うコーチング英会話とは?
  • おすすめのコーチング英会話は、トライズ・プログリット・ライザップ

海外赴任が決まってからの短い時間の中でも英語を準備することが出来ます。
英語を準備して行くことは、赴任先での不安が解消します。

少しでも快適な生活を送り、楽しい海外赴任にしてくださいね。