海外赴任でストレスで挫折する人の特徴と7つの原因!駐在員の闇と現実とは?

The following two tabs change content below.
cw

cw

語学大学を卒業後、30代に入ってから再勉強を始めました。やり始めたりやり直したりするのに年齢は関係ありません。英語で叶えたいことがある人のために、英語に関する役立つ情報をお伝えします!

d海外赴任のイメージは、以前は手厚い待遇があって、日本にいる時よりも恵まれた環境がそなわっていると思っている人が多かったのが、最近では状況はかなり変化しています。

日本で大きくニュースに取り上げられていないけれど、最悪の場合自殺にまで追い込まれてしまうケースがあるほど、海外赴任でのストレスは大きくなっています。

海外赴任が決定してる人・又は目指している人が、海外赴任をすることに不安を感じることは当然です。そこで今回の記事では、海外赴任の中でどんな不安があるのか、実際に海外赴任を経験したことのある人の回答をもとに調べました。

海外赴任でストレスを感じやすい人はどんなタイプの人なのか?特徴や原因を知り、出発前から準備や心づもりをすることで挫折することなく海外赴任を終えることができるように、この記事ではお伝えしていくので、最後まで読んでみてください。

海外赴任でストレスを感じる人の割合とその原因とは?

実際に海外赴任中にストレスを感じる人はどれぐらいいるのでしょうか?以前、産業能率大学が海外赴任経験をした人を対象に実施した2011年の調査によると、62.2%の人が海外赴任中にストレスを感じたと答えています。

もう一つ、JOHAC(海外勤務健康管理センター・独立行政法人労働者健康機構)の2005年度のデータによると、海外赴任者の39%が神経症圏、20.9%が抑うつ状態圏と、こちらの調査でも約6割の人がストレスによる心身の不調状態にあります。

何が原因でストレスを感じているのでしょうか?そこには「職場環境のストレス」と「日常のストレス」があります。

2つに共通する原因
言葉の壁・コミュニケーションのとりにくさ
生活・文化環境の変化
文化・価値観・考え方の違い
初海外赴任前の不安
「職場環境のストレス」の原因  「日常のストレス」の原因
日本と海外現地での役職/任務/スキルのミスマッチ
本社と海外現地の間での板挟み
海外でのマネジメント経験不足
相談者不在の一人駐在
日本本社のサポート不足
海外現地でのコミュニケーションスキル不足
健康状態管理の不安
長期赴任によるマンネリ
帰任後のキャリア不安
コミュニティ不足
帯同者との不和
家族の海外現地での生活の不安

この様に、現在のストレスの原因は、ほとんどの場合1つの原因だけではなくいろいろな原因が重なっています。日本本社のサポート不足が原因にありますが、海外赴任経験者の内63.8%の人が満足なサポートを受けていないと回答している結果もでています。

海外赴任のストレスで挫折して帰国する人の割合と特徴

海外駐在員の1割程度が、赴任後1年以内に挫折・帰国しているデータがでています。途中で挫折し帰国している人には、どんな特徴があるのでしょうか?

  1. 言語や文化、環境などの違いに対応できない
  2. 会社以外で相談できる友達ができない
  3. ストレス発散法を見つけられない
  4. 毎日の口癖が日本に帰りたいという人
  5. 日本と現地国を比較しすぎる人
  6. 現地人とのやりとりにストレスを感じている
  7. 現地の食生活や生活環境が体に合わない

海外赴任を夢見て、海外赴任を希望して行った人でも、いろいろな変化に対応できないことがあります。

↓↓↓シンガポール駐在員の「これが生の声でしょう!」

私でもストレス抱えてしまいそうです。こうやって吐き出すことでストレス発散できそうですね。

家族は海外赴任に同行するべきか?

先ほどのストレスの原因の中で、帯同者との不和がありました。今は、共働き世帯は労働政策研究・研修機構によると2018年には1,219万世帯となっています。専業主婦世帯は600世帯なので倍以上です。

ひと昔前は、家族は海外赴任に同行するのは当然の時代でした。それが今は、自分のキャリアを諦めたくないと思う人が増え、日本に残る人も増えています。

・もしあなたが妻から同行はしないと言われたらどうしますか?

・もしあなたに学校に通う子供がいて、友達と離れたくないと言われたらどうしますか?

・もしあなたに婚約者がいて結婚しても海外赴任にはついていかないと言われたらどうしますか?

家族が同行した場合も、あなた自身が上手く海外に溶け込めたとしても、同行した家族が溶け込めなかった場合に、家族が不調をきたす時もあります。

そのため、家族が海外赴任に同行するべきかどうかは、まずはしっかりと家族の間で話し合ってから決めることがとても重要になります。

海外赴任ストレスで挫折しないために必要とされる能力は?

海外赴任には、ストレスとなる要因がたくさんあり、原因が複雑になっていることがわかりました。海外赴任でストレスを全く感じないことはきっとないでしょう。その中で、ストレスに打ち勝ち、海外赴任を挫折することなく乗り越える為に必要な力はいったい何なのでしょうか?

ダイヤモンド社と東京大学中原敦准教授が共同で行った調査研究の内容が私が一番納得いったので、紹介します。

↓ずばり、海外赴任者に求められる力は↓

異文化対応力。多様な人々のあいだで仕事をするために必要なコミュニケーション力
伝道力。仕事の経験や大切にしなければならない理念をわかりやすく説明する力
基本仕事力。自ら経験に学び、ストレス環境下で部下と共に仕事をやり抜く力

出典:https://diamond.jp/articles/-/118416

①異文化対応とは、仕事をするために必要なコミュニケーション力のことです。ただしゃべれるのではなくて、職場の人と積極的にコミュニケーションを取れる力。また日本の仕事の仕方や文化を相手に理解してもらうだけのコミュニケーション力のことです。

②伝道とは、相手にわかってもらえるように伝えられる力です。現地の人は、海外赴任してきたあなたを敵と見なすことが多く、実際その様に見られたという声はたくさんあがってます。

また、現地の人から見たら、日本人はものを教えてくれる人で、この日本人についていけば自分の能力が上がると思える人についてきてくれます。日本みたいに、上司がダメでも、立場上ついてくるのとは違うそうです。だから、自分が経験してきた事やノウハウを相手にわかりやすく伝えることが必要になるのです。

③基本仕事力とは、

「戦略構想力」戦略的視点から挑戦、目標を構想できる能力
「人材育成力」部下・後輩に対する指導・育成を行う力
「経験学習力」業務経験から学ぶ力
「ストレス対処力」ストレスに能動的に対処する力

出典:https://diamond.jp/articles/-/118416

これは、海外だから必要になることではなくて、日本で仕事をする上でも必要になることばかりです。はっきり言うと、日本で仕事ができなければ、海外に行っても活躍できないということです。

中原准教授は、土台となる「基本仕事力」があり、その次に「伝道力」があり、その上に「異文化対応力」があるという3層モデルで考えるのが一番しっくりくると言ってます。

そして、土台となる「基本仕事力」を高めるためには、毎日の職場での業務経験を通して学ぶしかないとも言ってます。

人が業務経験の中で能力を高めるためには、現在の能力でできる業務よりも、ほんのちょっと無理をして「背伸び仕事」に挑戦し、その業務の「経験」を積み、その経験を振り返る「内省」を行って、次に生かせるノウハウにまとめ「持論化」をする、という「経験学習」のサイクルを回していくことが有効

出典:https://diamond.jp/articles/-/118416

海外赴任ストレスで挫折しないために「語学力+コミュニケーション力」を最短で身につける方法とは?

言葉の壁やコミュニケーションのとりにくさがストレスの原因となっていました。、中原准教授も言っている様に相手としゃべれる語学力は最低限必要になります。

もしあなたが、挫折することなく海外赴任を成功させたいのであれば、絶対語学力はあった方がいいに決まっています。そこに先ほど言った様に相手に理解してもらえるコミュニケーション力があれば、挫折する確率を減らすことができます。

さらに、もしあなたに海外赴任に帯同する人がいるならば、海外赴任までに一緒に語学力を高めてほしいと思うのです。あなたは海外赴任したら、毎日仕事が待っています。でも家に残る人は、何もすることがないのです。

ストレス発散のために、外に出ればいいとか何かをやればいいと思うでしょう。でも昔の様な現地のコミュニティは不足しています。会社からのサポートも満足いくものは得られない現状があります。

そんな時、やはり必要になってくるのは語学力です。家族が少しでも楽しい生活を送れれば、「家族の海外での生活の不安」というストレス要因は少なくなります。

短期間で確実に語学力+コミュニケーション力をつけることができる方法で一番のおすすめに、コーチング英会話というものがあります。

英会話を最短で話せるようになるコーチング英会話とは?

従来の週一回の英会話教室の場合、コーチング英会話に比べると費用は抑える事ができる反面、週一回のレッスン以外は自分ひとりだけでしっかりと自習をする必要があります。

もし、週一回のレッスン以外は何もしないのであればあまり効果はえられないでしょう。また、成長を感じることができないと、挫折する可能性がアップします。

あなたが、週一回のレッスン以外でもちゃんと勉強を続けてレッスンを最大限に活かすことができるのであれば、良いと思います。しっかりとした目標を持って、絶対にやりとげることができる意思が強い人なら大丈夫です。

しかし人間、一人になると甘えてしまう人が多いのが現実です。また、どんなにがんばった週一回のレッスンも、コーチング英会話の効力には勝てることはできないです。コーチング英会話では、毎日あなたと一緒に伴走してくれる、コンサルタントやトレーナーといったコーチがついてくれます。

筋トレで例えると、パーソナルトレーナーが常についてくれているようなものです。筋トレの場合、一人でベンチプレスをやっているより、「後もう一回、いける!」とカツを入れられると、独りだとやめているところがもう一回上げることができたりします。

また、最初からこの日はコーチとやると決まっていると、さぼれないですよね。

これの英語版といえます。また、英語力診断テストを受けて、その結果を見てあなだけのための正しい英語勉強方法を教えてくれます。つまり、あなたにとって最も効果的な方法で英語を勉強することが出来るということです。

そして、モチベーションが落ちたときでも、叱咤激励をしてくれるので、怠けることができません。あなたの目標に合わせたカリキュラムを組んでくれるので、変な方向に行って遠回りをしたり、無駄な勉強をしたりすることもありません。

しかし、あなただけのために、一人のコーチがつくわけですのでそれなりの費用はかかります。それでも、実はコーチング英会話はコスパはいいです。2,3ヶ月、最長でもたったの1年という、短期間であなたの夢を実現させることが出来るわけです。

もし仮に、英語を身につけるのに1000時間必要だったとしましょう(本来は人によって違いますし、学習の質などによりますが、一旦時間のみに英語力の伸びが依存するとします)。その場合、一日3時間の勉強を毎日確保したとすると1年かかります。

でももし、1日20分程度の英語学習をすると、1000時間勉強するのにおよそ8年もかかるのです。

もしあなたが40歳だと仮定して、41歳からビジネス英語ができるようになって活躍できるのと、48歳から英語ができるようになるのと、どっちがいいのか明白ですよね。いわずもがな、人生は短いです。英語が話せる状態の人生が早く来ればくるほど良いに決まっています。

このサイトの右のサイドバー・記事の一番下におすすめの3つのコーチング英会話の公式ページへのリンクがあるのでぜひチェックしてみてください

生活習慣から改善して自習力を身につけるプログリット

もしあなたが、英語の独学をやっていけるように叩き直してほしいのであれば、プログリットがおすすめです。

プログリットでは、英語を教えるのではなく、正しい英語の勉強方法を教えて一人で自習していくことができる自習力を鍛えてくれるコーチング英会話です。

一緒に伴走してくれるのは、英語の先生ではなく、コンサルタントです。受講生の弱点・目標に合わせた正しい英語の勉強法を教えて、卒業後も一人で英語を勉強して効果がだせるようにするための、プロです。

脳の科学的な根拠に基づいた、納得感のある勉強法を伝えてくれるので、「これなら間違いない」とゴールが達成されることが理解できてやるので、迷いがありません。

また、無料カウンセリングでは、英語力診断テストを受けて、あなたの弱点を分析してくれます。その結果に基づき、科学的根拠に基づいたあなただけの正しい英語学習方法を提案してくれるので、目からウロコです。さらに、あなただけの学習スケジュールまで作ってくれます。

何をどの期間やるのか、そういったあなただけの学習スケジュールまで無料で作ってくれるんです。今までの英語の常識を覆す理論に、本当に目からウロコです。しかもこの無料カウンセリングはオンラインでもやってくれるので、あいていれば明日にでも家にいながら受けることができます。

それだけではなく、コースもオンラインだけで受けることができます。

オンラインでも受けれる簡単さなのに、得られる情報は非常に価値が高いので、無料カウンセリングだけでもうけてみることをおすすめします。↓↓↓

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】

1年で確実に話せるようになるトライズ

トライズは、1年で確実に英語が話せるようになります。トライズのCEOの三木社長は、実は日本一の成功者でありお金持ちといっても過言ではない孫正義氏の元秘書です。孫正義氏のソフトバンクスピード仕事術は次の3ステップになっています。

1 目標を明確化

2 数値化

3 無駄を徹底的に省き、最も効果的な方法に絞って実践する

この孫正義氏のスピード仕事術を英語に取り入れているのがトライズのシステムです。最初にあなただけの目標を明確化し、VERSANTというスピーキングとリスニング力を数値で図ることが出来るテストを毎月受けて成長を実感します。

そして、あなたの目標に本当に必要なものだけをひたすらやり続けます。これは、三木社長が実際に孫正義氏のもとで働いていたときに実践していた内容で成功した方法ですので、効果は保証済です。

また、「完璧な発音を目指さない」「スピーキングとリスニングを徹底してやる」など、徹底的に無駄時間を削ぎ落としていますので、最速最短を駆け抜けます

学習スケジュール管理・モチベーション管理はコンサルタントがサポート、英語はネイティブ講師に教えてもらうことができる、ダブルサポート体制も魅力の一つです。

トライズにももちろん無料カウンセリングがあり、受講もカウンセリングも両方オンラインで受けることができます。まずは無料カウンセリングで、孫正義流の仰天のカリキュラムのくわしい内容を聞いてみてください。

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が話せる

さらにトライズには、TOEICのスコアアップに徹底的にフォーカスしたTOEICコースもあります。このコースは、とにかくTOEICのスコアアップさせることにフォーカスしていますので、TOEICスコアアップをしたい方にとてもおすすめです。

しかもトライズの語学研究所の所長は、TOEIC満点保持者です。また、元NHK同時通訳の新崎隆子氏と関西学院大学の門田修平教授が顧問としてついています。実は、シャドーイングと名のつく英語勉強法はすべて門田教授の研究に基づいているところばかりなのです。

このような体制で、トライズの語学研究所では効果的な英語勉強法が常に研究されているんです。トライズのTOEICの無料カウンセリングでは、英語診断テストを受けてあなたに必要な英語勉強法を脳科学に基づいて教えてくれるので本当に目からウロコです。

TOEICの勉強中の方は絶対受けてみるべき無料カウンセリングです。↓↓↓

【トライズ TOEIC(R)対策プログラム】2ヶ月で最大200点アップ保障

ライザップの英語版のライザップイングリッシュ

ダイエットで大成功しているライザップの英語版がライザップイングリッシュです。知っているかたもいると思いますが、筋トレと英語や脳の鍛え方はとても似ています。

筋トレの成功の方程式は、そのまま英語の成功の方程式に応用することが可能です。

ライザップと言えば誰でも知っている、ダイエットプログラムです。そんなライザップイングリッシュに通っていると言えば、周りの人たちみんなが真剣に英語を勉強しているんだと理解してくれて応援してくれることでしょう。

ライザップはすでに結果が実証されている方法ですので、効果は保証付きです。また、ライザップイングリッシュは専属のトレーナーが、英語の講師・モチベーションを管理してくれるコンサルタントの役目を担ってくれます

つまり、毎日やり取りをするトレーナーに直接英語の質問をして英語を教えてもらうことができ、さらにモチベーションもしっかりと管理してくれるんです。ダイエット同様2ヶ月、3ヶ月といった短期間で大きく英語力をあげることができます。

ライザップイングリッシュの無料カウンセリングもオンラインで受けることができます。↓↓↓

【30日間無料返金保証】ライザップイングリッシュの無料カウンセリングはこちら

ここで紹介した3つは全て無料カウンセリングで、オンラインでカンタンに申し込みでき、無料カウンセリングもオンラインで受けることが出来るという手軽さです。

まず3つとも無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

受講生では、そうやって比較してから決断している人が多いです。

無料カウンセリングで比較しないと、もやもやしたまま申し込むことになるのでリスクが高いです。

あなたがここまで読んでいるのであれば気になっている証拠です。

時は金なり、気分が乗っているあいだに無料カウンセリングに申し込みましょう!

上記で紹介した3つのコーチング英会話の公式サイトのリンクは、記事下にもありますので、チェックしてみてください。

絶対に損することはない目からウロコの内容ですよ。

足踏みしてないで、あなたの目標に向かってドンドン行動していきましょう!