TOEICのオンライン受験って?対策や料金・マーク式との違いを徹底解説!

The following two tabs change content below.

Mika

英語の基礎文法すらわからない状態から、留学・TOEIC800点台を取得まで這い上がりました。この経験から、初心者でもわかりやすい記事のお届けします。

2020年から流行した新型コロナウイルスは、TOEICにも影響を及ぼしています。

以前のようにTOEIC会場で大人数の人々が一度に受験できなくなったため、抽選式で人数制限をしてテストが実施されていますよね。

そして実は、TOEICをオンラインでも受験できるようになったことはご存知ですか?

そこで今回は、従来型のテストとの具体的な違いはどのようなものなのか、詳しく解説していきます。

TOEIC IPテストにオンライン受験を導入

2020年から流行している新型コロナウイルス感染防止のため、2020年4月からTOEICがオンラインで受験できるようになっています。

今までのようにマークシートに解答するのではなく、あなたの好きな場所でパソコンから受験します。

ただしオンラインで受験できるようになった、と言ってもTOEIC IPテストのみです。

TOEIC公開テストは今まで通りマークシート方式のみです。

TOEIC IPテストとは?

TOEIC IPテストとは、学校や会社などの団体が主体となり、そこに所属する人たちに対して行うものです。

例えば大学や会社が学生や新入社員の英語力を測るために実施することがあります。

出題される問題はTOEIC 公開テストの過去問が使用されています。

そのため、TOEIC 公開テストとTOEIC IPテストは完全に別のテストの扱いです。

TOEIC IPテストを受験する際の注意点

TOEIC IPテストを受験する際には、1点注意する必要があります。

理由は、TOEIC IPテストをスコアとして有効とするかどうかは、スコア提出先によって異なるためです。

どういうことかと言うと、例えば多くの場合は、履歴書にTOEIC IPテストのスコアを記載することができます。

しかし通訳案内士の筆記試験を免除するためのTOEICスコアとして有効なのは、公開テストのみです。

また、一部の企業では公開テストのスコアのみが有効である場合もあります。

つまり、あなたがどこへスコアを提出するかによって、オンライン受験を考える必要があるということです。

テストの日程を管理するためには、スケジュール帳がおすすめ↓↓↓

ペーパー式とオンライン式のちがい

TOEIC IPテストのオンラインと従来型、公開テストは具体的にどのようにちがうのでしょうか?

ちがいを一覧にまとめました↓↓↓

種類TOEIC IP(オンライン)TOEIC IPTOEIC 公開テスト
試験内容リスニング
リーディング
リスニング
リーディング
リスニング
リーディング
問題数リスニング:45問
リーディング:45問
リスニング:100問
リーディング:100問
リスニング:100問
リーディング:100問
時間約1時間
(リスニング:約25分間
リーディング:37分間)
2時間
(リスニング:45分
リーディング:75分)
2時間
(リスニング:45分
リーディング:75分)
試験開始時間24時間受験可能13:00〜13:00〜
注意点・問題の先読みが
できない
・人によって問題が
変わる
・すべての機関が
要件として認めている訳ではない
ーー

今までのテストであれば、TOEICを受験するのにかなりの時間を取られていましたよね。

会場まで行って、テストを受験して、帰宅して…。

でも、TOEIC IPテスト(オンライン)であればあまり時間を取られませんよね。

会場までの行き来もなく、テスト時間も短くて済みます。

自宅ですき間時間にササッと受けたいあなたにピッタリです。

オンライン受験の特徴

オンラインで受験する際に出題される問題の特徴について、まとめたものがこちら↓↓↓

・問題の先読みができない
・人によって問題が変わる
それぞれ解説していきます。

問題の先読みができない

ペーパー式で受験をしていた時、問題の先読みをされていた方も多いのではないでしょうか?

特にリスニングのPart.3とPart.4。

Part.2の解答が少し早めに終わって先に質問を読んだり、Part.3とPart.4のダイレクションが流れている間に読んだりされる方も多いですよね。

しかしオンライン型では先読みできません

画面が切り替わる間や、リスニングが流れている間に問題を読む必要があります。

リスニングを聞きながら、問題を理解する力が求められるのです。

普段先読みに慣れている人にとって、会話を聞きながら問題を解くのは慣れないと難しいですよね。

テストを受けるまでに練習しておきましょう!

人によって問題が変わる

ペーパー式は、当たり前のように受験者全員が同じテスト内容でした。

英語の初心者でも上級者でも解く問題はすべて同じ。

しかしオンライン式では全くちがいます。

あなたの英語レベルに合わせて問題が変化します。

オンライン式は、リスニングもリーディングもUnit.1とUnit.2に分かれています。

Unit.1でのあなたの正答率に応じて、Unit.2の問題内容が変わります。

だから初心者には初心者向けの問題、上級者には上級者向けの問題が出題されます。

「ある一部の問題が難しい…」、「時間が取られる」なんてことはなくなりますよね。

自分のレベルに合った問題だけが出題されます。

受験する際には、この2つを頭において受験してください。

パソコンを何時間を見続ける時に、あなたの目を保護してくれるのがこちら↓↓↓

受験までの流れ

TOEIC IPのオンライン型は、どのような流れで当日受験するのでしょうか?

4ステップあります。

STEP.1サイトにログイン
STEP.2登録情報の確認/アンケート回答
STEP.3受験のしおりを確認
STEP.4テスト開始

それぞれのステップについて具体的に見ていきましょう。

STEP.1サイトにログイン

受験当日はパソコンでテストサイトにログインします。

受験団体から送られてくるAuthorization Codeとパスワードを入力します。

STEP.2登録情報の確認/アンケート回答

ログインすると、名前や生年月日などあなたの登録情報確認画面が出ます。

その後アンケートが表示されますので、回答します。

STEP.3受験のしおりを確認

次に受験のしおりというPDFの内容を確認します。

トラブルの時の中断や再開の方法、禁止行為などが記載されています。

要確認です。

STEP.4テスト開始

そしていよいよテスト開始です。

リスニングを集中して聞く時におすすめなのがこちら↓↓↓

気になる料金は?

さて、気になる受験料はどのくらいなのでしょうか?

マークシート式でもオンライン式でも受験料は変わりません。4,230円(税込)です。

TOEIC 公開テストは6,490円(税込)なので、少し安く受験できます。

1回当たりの受験料が抑えられるので、何度も受験しスコアを伸ばしていけそうですね!

お金の管理にはこちらがおすすめ↓↓↓

個人受験する場合

TOEIC IPのオンライン受験は場所や時間を選ばず受験でき、結果を早く知れるので魅力的ですよね。

でも、中には個人で受験したい方もいらっしゃると思います。

基本的には、TOEIC IPは会社や学校などの団体でしか受けられません。

しかし唯一個人で受験できる方法があります。

それはTOEIC IPをプログラムの一環として取り入れている英会話スクールに通うことです。

英語のレベルを測るため、導入しているスクールがあります。

一例をまとめたものがこちら↓↓↓

・English Company
・プログリット
・トライズ
・ステージライン

これらのスクールに通いつつ、テストを受けるのもいいかもしれません。

TOEIC対策におすすめがこちら↓↓↓

まとめ

この記事の内容をまとめたものがこちら↓↓↓

〜TOEICオンライン受験の特徴〜
・オンライン受験を導入しているのはTOEIC IPテストのみ
・自宅ですき間時間にササッと受験できるのがメリット
・以前のペーパーテストと違い、先読みができず、人によって問題が違う
・料金は通常料金と変わらず4,230円(税込)
・どうしても個人で受験したい場合は、英会話スクールで受験するという方法がある
ぜひ参考にしてみてください。
その他英語に関する記事はこちら↓↓↓
約10年と15万人の会員実績のRIZAPのメソッドを継承したのがRIZAP ENGLISH!【30日間全額返金保証】
1回50分の無料体験を受ける
\RIZAP ENGLISHは30日間全額返金保証/
1回50分の無料体験を受ける