TOEIC試験再開!日程や受験地は?サーバーダウン⁉申し込みは抽選に!!

The following two tabs change content below.
blue

blue

英語の勉強は自信につながるし脳トレにもなって一生学び続ける事ができる素晴らしいスキルだと思います。 たくさんの人の英語の勉強に役立ついろんな記事を書いていきます!

コロナが発生してから多くの資格試験が中止されてきました。

TOEICも4月から試験が中止され、6月から少しずつ再開しましたね。そして、今月のインターネット申し込みから10月の試験申し込みができるようになりました。

しかし、久しぶりにTOEICの申し込みが再開されたということで、回線は大混雑。サーバーダウンをしてしまいました!

今回は、TOEICの試験再開にあたっての今年の日程や受験地、サーバーダウンによって変更された抽選申し込みについて紹介していきたいと思います。

最後まで読めばTOEIC申込について知ることができますので、ぜひ読んでくださいね!

TOEIC試験再開!気になる試験の日程は?

公式ホームページにて、今後のTOEIC試験の日程や試験会場が発表されました。

まずは日程と申し込み期間から見ていきましょう。

日付 申し込み締め切り
第252回 9/13(日) 終了
第253回 10/04(日) 終了
第254回 10/25(日)・午前 終了
第255回 10/25(日)・午後 終了
第256回 11/15(日)・午前 9/24(木)12:00~9/28(月)15:00
第257回 11/15(日)・午後 10/01(木)12:00~10/05(月)15:00
第258回 12/06(日)・午前 10/15(木)12:00~10/19(月)15:00
第259回 12/06(日)・午後 10/22(木)12:00~10/26(月)15:00

今年開催されるのは、あと8回。その中でこれから申し込みができるのは、4回ですね!

近いのは9月24日から申し込みが始まる第256回の11月15日の午前に行われる試験です。

申し込み時間に近くなると、回線が混んでしまうため注意が必要かもしれません。

TOEIC試験のサーバーダウン⁉一時インターネット申し込みがストップ

第253回TOEIC試験の受験申し込みが8月5日に、インターネットで始まりました。先着順ということもあり、当日はアクセスが集中。すぐにサーバーがパンクし、一時申し込みができない状態になりました。

TOEICは今後も試験再開にあたりこのような事態が続くと考え、一時的に受験者の選考方法を変更し、先着順から抽選方式へと変えました。

これにより第253回の受験申込者数は約9万9000人、当選者は約2万3000人となりました。申込者数の約23%の人しか当選しなかったようです。

第254回・第255回も抽選方式と発表されているため、今後も受験倍率は高くなることが予想されます。

TOEIC試験の抽選申込方法とは?

抽選申込方法は、以下の手順で申し込むことができます。

抽選申込方法

1.TOEIC公式ホームページにて申し込みたい日程の【テスト申し込み】をクリック
2.TOEIC SQUAREのログインID・パスワードを入力、申し込み。
※TOEIC SQUAREに登録していない方は登録が必要。
3.抽選期間中に申込と受験料の支払いが完了した方から抽選。
4.TOEIC SQUAREに登録されたメールアドレス宛に抽選結果を連絡。
※メールが届かなかった方は、TOEIC SQUAREでも確認可能。

TOEIC公式ホームページ

TOEIQ SQUARE

このようにしてTOEIC試験に申し込みます。

なお申し込みだけでなく、受験料の支払いまで完了していないと抽選には参加できないので注意しましょう。

そしてもう一つ注意しなければならないことがあります。

それは試験を受ける時間です!

第254回の10月25日から試験が午前と午後の2回行われるようになりました。

午前が外れた場合を考えて午後も申し込みしておこうと考えてしまいそうになります。しかし、それはNGです!

公式ホームページでも『午前と午後の両方(1日2回)に申し込みいただくことはできません。』とはっきり明言されているので注意しましょう。

TOEIC試験は受験地変更できない?

TOEICの受験地はTOEIC SQUQREに登録されている住所をもとに、TOEICが近くの受験会場を決定します。

そのため、家から車を使って30分かかる場所などといった少々遠い場所になることもしばしば……。

もっと近くで受験したい!と思ったとき利用できるのが、受験地の変更サービスです。

試験日の18日前(水曜日)から4日前(水曜日)までに電話で相談し、席数に余裕があれば変更してもらうことが可能なんです!

受験地変更の問い合わせ

03-5521-6033
※土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00

しかし、この受験地変更にも注意点はあります。

まず一つは試験会場までは指定できない事。これは席数に空きがある会場に変更されるためです。

そしてもう一つ、定員制によって行われる試験回については受験地変更ができないんです!

試験会場(会場名・所在地)は「受験票」で各受験者に直接ご連絡します。

試験会場の指定はできません。
試験会場は申込締切後に申込者数を確定し「選択いただいた受験地」と「お申込者のご住所の郵便番号」をもとに決定しておりますが、借用状況によっては至近の会場とならない場合もありますのでご了承ください。

出典:TOEIC公式ホームページ

つまり、抽選申込で行われる第254回・第255回は受験地変更ができません。

当選したら受験地を確認し、交通手段についてしっかりチェックしておきましょう!

TOEIC試験が実施される受験地はどこ?

第252回9月13日から第260回1月10日までの受験地はこちらに掲載されています。

日程によっては実施されない都道府県もあります。

どうしても大学受験や就職活動でどうしてもこの日までに必要……という方は、隣の県など遠くで受けることも視野にいれないといけないかもしれないですね。

まとめ

それでは、これまでご紹介してきたことを簡単にまとめていきます。

・選考方法は抽選
・受験日程は午前・午後どちらかを選択
・抽選方式で実施される回は受験地変更不可
・受験地は日程によって実施されない都道府県がある

受験や就職、仕事でなどさまざまな場面で必要となってくるTOEIC。コロナの影響でまだまだ以前の様に受験することは難しいです。

しかし、それに負けることなくTOEIC合格に向けて頑張っていきましょう!

このサイトにはTOEICの勉強法の記事などもあるのでよかったら見てみてくださいね!↓↓↓