英検4級のレベルは中学生の何年生?小学生でもできる?合格率や合格点と対策勉強法も紹介!

The following two tabs change content below.
ショータロウ

ショータロウ

英語を使えるようになったら、何かが変わるかもしれないと強く思っているあなたに、英語に関する、痒いところに手が届く情報をお届けします!
ゆうき
英検4級と5級どちらを受験したらよい?
英検4級のレベルって、中学何年生レベルなの? 中学生じゃなくて、小学生でも受かるの?
えいごろう
英検4級の合格率とか合格点ってどれくらい?
英検4級の対策勉強法ってどんな感じ?

そんな質問をされて、答えに困った経験はありませんか?
また、実際英検4級のレベル感や位置づけが良く分からないと思ったことはありませんか?

英検4級のあれこれをまとめたこの記事を読んでいただければ、そんな疑問を持ったことがある方々が、スッキリと英検4級について理解していただくことができます。

英検4級のレベルは中学生の何年生なの?

[英検5級は中学1年生レベル。英検4級は中学2年生レベル。英検3級は中学3年レベル。]

その様に書かれている資料はたくさんあります。実際、公益財団法人日本英語検定協会でも、各級のレベルの目安を、下記の様に紹介しています。

推奨目安 出題目安
3級 中学卒業程度 二次試験でスピーキングテスト。英語で考えを伝える。
筆記試験の題材は、海外の文化など少し視野が広がる。
中学卒業段階の英語力の達成目標:3級(文部科学省)
4級 中学中級程度 出題形式や内容が、より実用的に。
身近なトピックを題材とした読解問題。
基礎力を伸ばす。
スピーキングテストも受験可能。
5級 中学初級程度 英語を習い始めた方の最初の目標。
家族のこと、趣味やスポーツなど身近な話題を出題。
英語の基礎固めに最適。
スピーキングテストも受験可能。

(参考:公益財団法人日本英語検定協会より各級の目安)
表からも分かる通り、英検5級のレベルが中学生の始まり (小学校卒業)程度のレベル。英検3級は、中学卒業程度のレベル、というのは想像しやすいと思います。

ただ、その間にある、英検4級はどうでしょうか?

ゆうき
>中1と中3の間だから、多分中2ぐらいのレベルでしょ?

そうした想像での答えしか得られない現状があります。

まずここでは、過去のデータや報告書から、そのレベルがどれくらいなのか、調査したいと思います。

英検の試験を行っている公益財団法人日本英語検定協会(以下英検)が運営・管理を行っている「英ナビ!」というサイトの連載記事で、千代田区立九段中等教育学校の本多敏幸教諭が、英検4級の必要な語彙力の目安は、約1,300語と紹介しています。

一方で、英検が紹介している[中学校検定教科書で学習される語彙、学習されない語彙]という報告書の中で、作成した日本工業高等学園の村岡亮子教諭(当時)が、[各出版社の各シリーズの語彙数(出版社のカウントによる)]を発表しています。

以下がその資料を基にまとめたものです。

No. 教科書シリーズ名 出版社 学年 語彙数 学習語彙延べ数
1年 ~2年 ~3年
1 COLUMBUS 光村図書 1 405 405 695 929
2 290
3 234
2 CROWN 三省堂 1 470 470 812 1096
2 342
3 284
3 HORIZON 東京書籍 1 430 430 748 941
2 318
3 193
4 ONE WORLD 教育出版 1 389 389 667 873
2 278
3 206
5 SUNSHINE 開隆堂 1 488 488 860 1126
2 372
3 266
6 TOTAL 学校図書 1 428 428 814 1066
2 386
3 252
6社平均 1 435 435 766 1,005
2 331
3 239

6社平均の必要語彙数を見ると、中学1年生は平均で435語。中学2年生は766語。中学卒業までの1,005語の必要語彙数があるということが分かります。

この報告書が発表された2006年当時、中学卒業までの必要語彙数の目安は、900~1,000語程度とされていました。
今年度の文部科学省の学習指導要領では、中学卒業までに、1,600~1,800語の語彙数必要とされているので、2006年当時から、約1.7倍の語彙数が必要となっています。

これを基に現在の必要語彙数から算出すると、中学1年生では約740語。中学2年生では1,302語。中学3年生は1,709語となります。

つまり、皆さんが想像されていた通り、英検4級は、中学2年生レベルというわけです。まとめます。

レベル 必要語彙数
英検4級 中学中級程度 約1,300語

英検4級の難易度は?小学生でも合格できる?

英検の[英検受験の状況]よると、大学入試での英語民間試験の活用などの理由で、英検を受験する志願者の数が年々増えています。

また、大学入試での英検2級合格や、高校入試での英検3級合格を条件にする学校もあり、なるべく早い段階で、受験の条件を満たすという観点からか、各級の受験志願者が、各級の目安レベルより低年齢化しているという現実があります。

小学生以下の受験者志願者数が、2018年は414,502人(含英検IBA、英検Jr.志願者)で、前年比103%と増加していることも、受験者低年齢化の一例といえます。

そういう意味では、自分の学年よりも、レベルが上位と思われる級を受験するケースが増えてきているので、ポイントを押さえた対策を行えば、小学生や中学1年生でも、英検4級に合格することは十分可能なことだと思います!

ポイントを押さえた合格への対策は後述しますが、まずは、英検4級がどのような試験か、詳細を確認してみましょう。

測定技能 形式・課題 形式・課題詳細 問題数 解答形式
リーディング
(35分)
短文穴うめ問題 文脈に合う適切な語句を補う。 15 4つから選択
会話文穴うめ問題 会話文の空所に適切な文や語句を補う。 5
短文の語句並べ替え問題 日本文を読み、その意味に合うように与えられた語句を並べ替える。 5
長文読解問題 パッセージの内容に関する質問に答える。 10
リスニング
(30分)
会話の応答文選択 会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。 10 3つから選択
会話の内容一致選択 会話の内容に関する質問に答える。 10 4つから選択
文の内容一致選択 短いパッセージの内容に関する質問に答える。 10

内容は、35分間の筆記試験(リーディング技能/35問)と、リスニング(30分/30問)の2つのパートに分かれています。1問1分で回答するペースです。

英検4級の合格率と合格点を公開

英検では、英検4級の合格基準スコア(英検CSEスコア)や満点のスコアを、[英検CSEスコアでの合否判定方法]で公表しています。

英検CSEスコアとは、英検が2016年より導入したもので、言語力をレベル別に評価する国際基準規格に対応した採点方法のことで、CSEは、Common Scale for Englishの略です。

その英検CSEスコアでの英検4級の合格基準点と満点をまとめた資料です。

測定技能 形式・課題 満点 合格基準点 合格率
リーディング 短文穴うめ問題 500 技能別の合格基準点は公表されていません 公表されていません。
会話文穴うめ問題
短文の語句並べ替え問題
長文読解問題
リスニング 会話の応答文選択 500 技能別の合格基準点は公表されていません 公表されていません。
会話の内容一致選択
文の内容一致選択
合計 1,000 622 62.2%

合格基準点は、全体の1,000点満点中、62.2%(合格率)の622点になります。各技能の合格基準点は公表されていませんが、合格には、各技能65%前後は正答が必須となるでしょう。

どちらかの技能だけを準備するということではなく、英検4級に合格するには、リーディング、リスニングの両技能の問題を、バランスよく正解していく必要がありますね。

英検4級の対策勉強法

それでは、英検4級合格に向けて、形式ごとに、その対策となる勉強法をご紹介します。

文法の確認

2019年度1回目から3回目の過去のテストを調べてみると、大問1の[短文穴うめ問題]、大問3の[短文の語句並べ替え問題]で、約3~5問出題されています。

多々ある文法に関する問題の中で、特に、出題頻度が高いのが、過去形、否定形、疑問文の作り方に関する問題でした。特に動詞の変化に関する問題の頻度が高いので、英文法に関する対策として、be動詞と一般動詞の変化を、徹底的に身に付ける必要があります。

動詞種類 主語 現在形 過去形
肯定分 否定文 疑問文 疑問文
(否定)
肯定分 否定文 疑問文 疑問文
(否定)
be動詞 I I am~ I am not~ Am I ~? Am not I~? I was~ I was not~ Was I~? Was not I ~?
You You are~ You are not~ Are you~? Are not you~? You were~ You were not~ Were you~? Were not you~?
He(She) He is~ He is not~ Is he~? Is not he~? He was~ He was not~ Was he~? Was not he~?
We We are~ We are not~ Are we~? Are not we~? We were~ We were not~ Were we~? Were not we~?
They They are~ They are not~ Are they~? Are not they~? They were~ They were not~ Were they? Were not they~?
一般動詞(例:play) I I play~ I do not play~ Do I play~? Do not I play~? I played~ I did not play~ Did I play~? Did not I play~?
You You play~ Yo do not play~ Do you play~? Do not you go~? You played~ You did not play~ Did you play~? Did not you play~?
He(She) He plays~ He does not play~ Does he play~? Does not he play~? He played~ He did not play~ Did he play~? Did not he play~?
We We play~ We do not play~ Do we play~? Do not we play~? We played~ We did not play~ Did we play~? Did not we play~?
They They play~ They do not play~ Do they play~? Do not they play~? They played~ They did not play~ Did they play~? Did not they play~?

動詞の過去形への変化が規則通りではない不規則動詞は、変化の仕方を覚える必要がありますが、基本的な変化方法は、上記になるので、この規則性を理解していれば、穴埋め問題も、語句の並べ替え問題も、冷静に対処することができます。

2019年1回目の問題を例題として見てみましょう。

大問1-(14)


解答:1

大問3-(23)

解答:1                                 (出典:2019年第1回英検4級問題冊子)

いかがでしたか?
英検4級の文法問題は、基本的な理解があるかを見られているので、特別難しい問題が出題されるわけではありません。まずは基本的な文法を押さえることが、合格への第1歩となります。

語彙力をアップさせる

英検4級は、約1,300の語彙を覚える必要があるとご紹介しました。

語彙力の有無が、英検4級の合否に、大きく影響すると言っても過言ではありません。ただ、単語帳でアルファベット順に暗記しても、なかなか定着しないのも事実です。

公立諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授が、「脳科学が教えてくれた 覚えられる 忘れない! 記憶術」でも紹介していますが、単語を覚えるには、単語だけを覚えるのではなく、その単語を含む、文章全体を覚えることが最良の策です。

ストーリーとして文章全体を覚えることで、脳に定着すると紹介しているので、ぜひその方法でチャレンジしてみてください。

また、過去問題等で出題されたり、出題される可能性が高い厳選30語をご紹介します。どれだけの単語を覚え、理解しているか、ぜひチェックしてみてください。

No. 語彙 意味
1 a couple of~ 2~3回の
2 a lot of たくさんの~
3 arrive at ~に到着する
4 at once すぐに
5 bought 買った(buyの過去形)
6 came 来た(comeの過去形)
7 different 違った
8 difficult 難しい
9 famous 有名な
10 favorite 最も好きな~
11 for example たとえば
12 get to ~に着く
13 give up ~をあきらめる
14 good at ~が上手な
15 have a cold 風邪をひく
16 have to ~しなければいけない
17 important 重要な
18 in the future 将来
19 late for ~に遅刻して
20 look at ~を見る
21 look for ~を探す
22 look like ~に似ている
23 must ~しなければいけない
24 often しばしば
25 once again もう一度
26 plan to ~する予定だ。
27 stay with ~のところに泊まる
28 take a bath お風呂に入る
29 take a picture 写真を撮る
30 turn off ~を消す

単語はもちろんですが、熟語、前置詞の種類等、決まり文句として覚えれば、語彙がどんどん増えます。文章として覚えれば脳に定着し、本番でもスムーズに答えを導き出せるので、ぜひその方法を挑戦してみてください。

英検4級の語彙に関する動画です。

長文の対策は?

英検4級では、英検5級の試験にはなかった、長文の読解の問題が出題されます。
掲示や案内、メール等に関する問題が2種類。それとは別に、約150~200語の長文読解問題が1問出題されます。

長文読解の対策として大切なことは、まず、長文に慣れることです。
英検を過去問含め、色々な種類の150~200語の文章を、可能な限り早く、正確に読む訓練をしましょう。

実際の試験では黙読しなればなりませんが、練習段階ではぜひ音読してみてください。目からの情報と、耳からの情報で、英語の長文に慣れやすくなります。
また、出題される可能性が高い、[人や場所の名前]、[日付や季節]、[方法(どうやって)や場所(どこへ)]といったことに注意しながら読むことができれば、回答する時間を短縮することができます。

リスニング

ゆうき
文法は何とかなるんだけど、リスニングは全然分からない!

そんな言葉を聞いたことはありませんか?実際、一般的に日本人は、リスニングに苦手意識を持っているようです。

それでは、そのリスニング対策をどの様に行ったらよいのでしょうか?

最も有効な対策は、英文をたくさん聞き、英語に慣れることです。英検の試験と同じスピードの英文を聞くのが良いとは思いますが、まずは、英語に慣れることが目的なので、どの様なスピードの英文でも構いません。

何度も繰り返し聞き、スピードに慣れ、英文が聞き取れるようになったら、今度は、その意味の理解に努めてみましょう。意味が分かるようになれば、語彙力が増えます。
最後にその英文を音読してみましょう。聴覚、視覚の両方から情報を取り入れることで、理解を深めることができます。

過去問にチャレンジ

今まで様々な観点から、対策を紹介してきました。

最後の対策は、ご紹介してきた対策の総仕上げともいうべき、「過去問を解く」ということです。過去問を解くと以下のようなメリットがあります。

  1. 実際の試験の流れが分かる。
  2. 回答の時間配分が分かる。
  3. 英検4級の難易度を肌で感じることができる。

英検では、2019年度の実際の試験を公開しています。
本番で緊張することなく受験できるように、ぜひ実際の試験と同じ環境で、チャレンジしてみてくださいね。

↓↓英検公式サイトの英検4級の過去問のリンク先です↓↓
2019年第1回:
2019年第1回問題冊子
2019年第1回リスニング音源(第1部)
2019年第1回リスニング音源(第2部)
2019年第1回リスニング音源(第3部)
2019年第1回解答

2019年第2回:
2019年第2回問題冊子
2019年第2回リスニング音源(第1部)
2019年第2回リスニング音源(第2部)
2019年第2回リスニング音源(第3部)
2019年第2回解答

2019年第3回:
2019年第3回問題冊子
2019年第3回リスニング音源(第1部)
2019年第3回リスニング音源(第2部)
2019年第3回リスニング音源(第3部)
2019年第3回解答

英検4級のレベルについてまとめ

  • 英検4級は、中学中級程度(中学2年終了程度)の難易度です。
  • 英検4級に合格するには、約1,300語の語彙が必要です。各級のレベルに対し、志願者の低年齢化が進んでいます。ポイントを押さえた学習をすれば、小学生でも合格することも十分可能です。
  • 英検4級の合格基準点は622点。1,000点満点中、62.2%正解する必要があります。
  • 英検4級の文法に関する対策勉強法は、be動詞と一般動詞の変化を身に付けることです。
  • 英検4級の語彙に関する対策勉強法として、厳選した30語をご紹介しました。
  • 英検4級の長文問題に関する対策勉強法は、150~200語の文章を、可能な限り早く、正確に読む訓練をすることです。
  • 英検4級のリスニングに関する対策勉強法は、英文をたくさん聞き、耳を慣らすことと、それを音読し、聴覚、視覚両方から理解することです。
  • 英検4級の過去問をたくさん解くことが重要です。

ポイントを押さえて学習すれば、小学生でも英検4級合格は夢ではありません。語彙を広げ、長文に慣れて、絶対合格を勝ち取ってくださいね!

↓英検に関する関連記事もぜひご覧ください。